ショッピングカートを比較「どうやって選ぼう?」を解決します!

ショッピングカートを比較「どうやって選ぼう?」を解決します!

ネットの普及により、実店舗を構えることなく、商品の売買が可能になりました。ECサイトを一から作るのは難しそうで、尻込みしている人もいるのではないでしょうか。そんな人に、とっても便利なサービス「ショッピングカートASP」をご紹介します。

ショッピングカートASPとは?

ショッピングカートASPとは?
ショッピングカートASPとは、ECサイトを構築する手段のひとつです。つまり、商品を展示し、ユーザーに見てもらい、購入してもらう。ショッピングの一連の流れを、インターネット上で簡単に運用できるようにサポートしてくれるサービスです。専門知識が分からなくても、ECサイトを開設することができます。

「ASPカート」「ASP」「ショッピングカート」「ECシステム」などと呼ばれていることもあります。
ちなみにASPとは、「Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」の略で、インターネットを通じてアプリやソフトウェアなどを提供する事業者のことを指します。

ECサイトってなに?

そもそも「ECサイトとは?」と疑問を抱いた人もいるのではないでしょうか。ECとは、「Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)」の略で、日本語で「電子商取引」という意味を持ちます。ECサイトは、パソコンやスマホ、タブレットからインターネットを通じて、商品やサービスの売買をするウェブサイトのことです。簡単にいうとお店(ネットショップ)ですね。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

ショッピングASPの選び方

ショッピングASPの選び方
ショッピングカートASPを提供している会社は、たくさんあります。選び方を間違えると、損をしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。各サービスの特徴やメリット・デメリットを理解し、最適なショッピングカートASPを選びましょう。

費用で選ぶ

ショッピングカートASPの利用の際、初期費用・月額利用料のほか、売上振込手数料や、オプション料が発生します。初期費用・月額費用0円のサービスも数多く存在しますが、一部の機能のみの利用であったり、会員数や登録商品数に制限があることがほとんどです。低価格のショッピングカートASPは、ごく一時的な販売、個人でハンドメイド商品を売ってみたい、という人やECサイト初心者におすすめです。
月額料金は、0円から2万円を超えるものまで。どこまでなら毎月払うことができるか、お金を払ってまで必要な機能かどうか、など吟味する必要があります。

機能で選ぶ

ショッピングカートによって、搭載されている機能は大きく異なります。「決済の選択肢の充実」「独自ドメイン取得」「管理画面の見やすさ」「デザインのカスタマイズ性」「スマホで表示できるか」「SNS連携など集客機能」「クーポン機能」「ポイント機能」「配送方法はなにがあるか」など。

ユーザーの視点から見ると、「決済の選択肢の充実さ」は重視してほしいポイントです。決済方法には、「クレジットカード払い」「代金引換」「コンビニ払い」「後払い(振込用紙)」「キャリア決済」「銀行振込」などがあります。

総務省によると、インターネットで購入する際の決済方法は、「クレジットカード払い」が全体の70%以上を締めています。次いで、「コンビニ払い」が40%以上利用されています。(平成28年 複数回答での結果)
インターネットの利用状況(総務省)

最適の支払い方法がない、という理由で購入を諦めた経験がある人も多いのではないでしょうか。「クレジットカード払い」と「コンビニ払い」が必須な決済方法であることは間違いないでしょう。
支払い方法

商品のタイプで選ぶ

特定の商品に特化した機能性を持つショッピングASPがあります。例えば、futureshopは、アパレル・ファッションに強いと謳っています。1アイテム最大40画像を表示でき、商品のバリエーションや詳細をユーザーに伝えることが可能です。裾直しや名入れなどの設定も標準ツールで設定できます。

洋服や靴などを売り出す人には、メリットの多いショッピングASPです。

人気ショッピングカートASPを比較しよう

人気ショッピングカートASPを比較しよう
数あるショッピングカートASPの中から、人気のある5社「カラーミーショップ」「リピスト」「たまごリピート」「クラフトカート」「BASE」の特徴をご紹介します。

カラーミーショップ

カラーミーショップ
カラーミーショップは、44,000以上の会員をサポートしている、国内最大級のショッピングカートASPです。
チャンピオンカレーさんや、お笑い芸人のロバート秋山さんなど、有名な企業や著名人も利用しています。
チャンピオンカレー オンラインショップ │ 元祖金沢カレーの通販
ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル オフィシャルストア

初期費用、月額手数料が低く、使い勝手の良さやカスタマイズ性も高い評価を得ています。
「エコノミー」「レギュラー」「ラージ」の3つのプランがあり、初期費用はどのプランも3,000円の用意が必要です。
「エコノミー」プランには集客・追客機能が少ないので、売上アップを真剣に考えているのなら、レギュラー以上のプランをおすすめします。

リピスト

リピスト
リピストの特徴は、受発注機能が充実しており「LP一体型購入フォーム」で商品を売り出せることです。
「LP一体型購入フォーム」とは、商品の紹介をしているページに購入フォームが設置できるシステムを指します。決済完了までのステップが少ないので、購入手続きをする前にユーザーがサイトを離脱してしまうことを最小限に抑えるメリットがあります。

「ライトプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「エキスパートプラン」の4つのプランがあります。店舗の9割がライトプランを導入しており、一番低価格のプランでも、十分な機能を利用でるのもリピストの特徴です。

たまごリピート

たまごリピート
たまごリピート(旧:たまごカート)は、法人のみが利用可能な、特徴的なショッピングカートASPです。定期購入に特化して開発されたショッピングカートASPで、健康食品や化粧品を取り扱っている多くの企業が利用しています。

「ASP」「GOLD」の2つのプランがあります。「ASPプラン」でも初期費用が69,800円、月額49,800円と高めです。「通常注文」「定期注文」「トライアル注文」「無料サンプル」の販売方法ができたり、コールセンターを利用して電話での注文やお問い合わせの対応ができるなど、法人向けの便利なサービスが豊富にあります。

購入履歴からメールの送付対象を設定、自動送信することができます。「○○の資料請求をした顧客にはこのメールを送る」「○○を購入した会員には○○日後にこのメールを送る」など、パターンを無制限に作成することが可能です。定期購入には必須のステップメール機能ももちろんあります。

クラフトカート

クラフトカート
他にはあまりない、非従量課金制のクラフトカートは、「ライトプラン」「スタンダードプラン」「アドバンドプラン」の3つのプランがあります。

初期費用59,800円、スタンダードプランでは月額46,800円と比較的割高ですが、すべての機能が制限なく利用できます。新しくリリースされる機能も、追加料金を支払うことなく利用できるショッピングカートASPです。

デザインのカスタマイズ性の高さもポイントのひとつです。購入画面を含めた全ページでデザイン編集が可能で、ブランドイメージを最後まで壊すことなく、ユーザーに購入してもらうことができます。

BASE

ベイス
初期費用や月額費用が0円のベイスは、初心者にぴったりです。開設が簡単で、「メールアドレスの入力」「パスワードの入力」「ショップURLの入力」「テンプレートからサイトデザインを選択」「商品の情報を入力」で完了します。

ハンドメイド作家やオリジナルグッズを販売している個人事業主に支持を得ています。
デメリットとして、無料のままでは集客力が弱い点があり、思うように運用できずに挫折する人も多いです。電話での問い合わせ方法がなく、サポート面も少しネックな点があります。

あくまで軽い気持ちでネットショップを出店したい、無料で契約したいという人に最適です。有料プランはまだ不安があるから無料のベイスを利用してみて考える、という手もありますね。

売りたい状況に合ったショッピングカート選びを!

売りたい状況に合ったショッピングカート選びを!
ご紹介したショッピングカートASPの他にも、多種多様なサービスが存在します。自社商品の種類や費用など、条件に合ったショッピングカートを活用して、マッチしたショップサイトの運用をしましょう!

制作でお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナー制作
バナーlefty
バナー制作
バナー総合
バナー制作
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事