マッチタイプを完全解説!リスティングにおけるキーワードの重要性

マッチタイプを完全解説!リスティングにおけるキーワードの重要性

リスティング広告において、最も大事な要素の一つであるのがキーワードです。キーワードにマッチタイプの設定をして、はじめて「キーワードの設定ができた」と言えます。本記事では、一見複雑そうに見えるマッチタイプの使用方法を解説していきます。

 

マッチタイプとは?

マッチタイプとは?

マッチタイプとは、GoogleやYahoo等の媒体で、指定したキーワードで検索した時にどのような検索語句で広告が配信されるかを決める設定です。マッチタイプには、「部分一致」「完全一致」「フレーズ一致」「絞り込み部分一致」の4つ種類があります。

マッチタイプを上手に使用することで、見込みのあるユーザーに配信ができます。よって、広告におけるコンバージョン(会員登録、資料請求、サービスの認知など)に繋げやすくなります。

検索語句は、検索クエリとも呼ばれ、ユーザーが実際に検索し、広告をクリックした時のワードのことを指します。当記事では、検索語句と統一します。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

マッチタイプの基本項目について解説

マッチタイプの基本項目について解説

マッチタイプの4つ種類のうち、「部分一致」「完全一致」はマッチタイプの基本となる設定なので特に覚えておくべき箇所です。部分一致はキーワードと検索語句の一部分が一致した時に広告が配信され、完全一致は設定したキーワードと検索語句が完全に一致したときのみ、広告が配信される設定です。それぞれ詳しく解説をしていきます。

部分一致とは?

部分一致は、設定したキーワードと検索語句が部分的に一致した時、またはキーワードと検索語句の関連性が高いと判断された場合に広告が配信される設定です。

例を示します。

「自動車 購入」というキーワードがあった場合

・「自動車」→表示される

・「購入 自動車」→表示される

・「自動車 中古 購入」→表示される

・「車 購入」→表示される可能性がある

 

自動車と車のように、類似している検索語句で配信される時もあります。

完全一致とは?

完全一致は、その名の通り設定したキーワードと検索語句が完全に一致したときのみ、広告が配信される設定です。

例を示します。

「自動車 購入」というキーワードがあった場合

・「自動車 購入」→表示される

・「購入 自動車」→表示されない

・「自動車」→表示されない

 

上記の例のように、語順が違っても配信されないため注意が必要です。その場合は、「購入 自動車」で完全一致のキーワードの設定をしておくと良いでしょう。

マッチタイプの応用項目について解説

マッチタイプの応用項目について解説

次は、応用のマッチタイプ「フレーズ一致」「絞り込み部分一致」を解説していきます。フレーズ一致はキーワードと検索語句が同じ語順だった場合配信され、絞り込み部分一致は設定したキーワードが検索語句に含まれていないと配信されません。部分一致や完全一致と違って少し複雑ですが、非常に使い勝手の良い設定ですので、是非覚えてほしい箇所でもあります。

フレーズ一致とは?

フレーズ一致はキーワードと同じ語順だった場合、広告が配信され、語順が違う場合は配信されません。完全一致と似ていますが、最も大きな違いは、キーワードの前後に別の検索語句が入っていたとしても広告が配信されるという点です。

例を示します。

「自動車 購入」というキーワードがあった場合

・「自動車 購入」→表示される

・「自動車 購入 中古」→表示される

・「購入 自動車」→表示されない

・「自動車 中古 購入」→表示されない

絞り込み部分一致とは?

絞り込み部分一致は、類似した検索語句にも配信してしまいますが、絞り込み部分一致は設定されているキーワードが検索語句に含まれていないと広告が配信されません。絞り込み部分一致は語順は関係しません。

例を示します。

「自動車 購入」というキーワードがあった場合

・「自動車 購入」→表示される

・「自動車 購入 中古」→表示される

・「中古 自動車 購入」→表示される

マッチタイプの表示形式

マッチタイプの表示形式

マッチタイプにはそれぞれ表示形式というものが決まっており、管理画面上では表示形式に沿って表示されることがあります。表示形式も覚えておくことで、管理画面で迷うこともなくなるでしょう。ではそれぞれの表示形式について解説をしていきます。

「自動車 購入」というキーワードの場合、

・部分一致は 自動車 購入

・完全一致は [自動車 購入]

・フレーズ一致は “自動車 購入”

・絞り込み部分一致は +自動車 +購入

になります。

 

特に絞り込み部分一致の表示形式が少し複雑で、上記の +自動車 +購入の場合、+をつけている自動車、購入というどちらのワードにも絞り込み部分一致が適用されます。+自動車 購入 であったり、自動車 +購入 の場合は、+がついているワードのみ絞り込み部分一致が適用され、+がついていないワードは通常の部分一致が適用されます。

マッチタイプの使い分け方

マッチタイプの使い分け方

マッチタイプの基本を解説してきましたが、実際に使ってみようとすると何のキーワードをどう設定すればいいのか迷ってしまうと思います。そこでマッチタイプのより詳しい使い分け方について解説をしていきます。それぞれのマッチタイプの役割と使い方さえしっかりと覚えることができれば、効果的な配信ができるようになるでしょう。

部分一致の使い方

部分一致のメリットは、1つのキーワードで幅広く広告を表示させることができることです。広告配信を開始してすぐは、部分一致のキーワードで、ユーザーがどんな検索語句をかけてきているのか情報収集することをおすすめします。デメリットとしては、幅広く配信されるため、全く関係のないキーワードに広告を配信してしまう場合があるということです。

部分一致でユーザーの検索語句を把握するといった意味では効果的ですが、部分一致でずっと配信するといったことはあまりおすすめできません。ある程度データが溜まったら切り替える、または除外設定をしていきましょう。

完全一致の使い方

完全一致は、設定したキーワードと全く同じで検索されないと広告が配信されません。よって、無駄な検索語句での流入を防ぐことができますが、配信できる範囲が狭いので成果が出やすい語句での設定をおすすめします。

フレーズ一致の使い方

フレーズ一致は、語順が設定でき、関係のない検索語句での配信が行われないためターゲットユーザーに的確に配信ができます。ただ、ユーザーが必ずしもその語順で検索するかといわれるとそうではありません。そのため機会損失に繋がる可能性も出てきます。フレーズ一致を使う際は、他のキーワードと組み合わせて使うと良いでしょう。

絞り込み部分一致の使い方

絞り込み部分一致は、部分一致ほど広く配信されず、フレーズ一致ほど狭く配信されない、バランスのとれたマッチタイプです。キーワードから大きく外れることはなく、想定できるユーザーを最大限に拡張してくれます。

マッチタイプを正しく理解し使い分けよう

会社の決められた予算で成果を出すにはマッチタイプを覚えることが必須になります。マッチタイプは一見難しそうに見えますが、一度覚えられれば効果的な広告の運用ができるようになります。リスティング広告においてキーワードは非常に大事な要素です。上手に活用し、高い成果を出せるようにしていきましょう。

LINEで送る
Pocket