CSVファイルが文字化けしてExcelで見られない理由と対処法

CSVファイルが文字化けしてExcelで見られない理由と対処法

CSVファイルは、通常はExcelと関連付けられているため、通常のExcelデータと変わらない形で見ることができます、しかし、特定のCSVファイルにおいては、文字化けしてしまうことがあります。

この記事では、対処法についてご説明していきます。

CSVファイルとは?

CSVファイルとは?

CSVは『comma separated values』の略です。CSVはいくつかの項目をカンマ(,)で区切ったテキストデータ、テキストファイルのことを言います。1行の文字列を半角カンマで複数のデータに分割します。CSVファイルの特徴として、『余計な情報が入っていないため、データの容量が軽いこと。CSVファイルはテキストデータのため、様々なソフトで開くことができること。』です。データのやり取りを行う際にはとても便利なファイルとなります。

また、カンマ区切りで作られるCSV以外にも、タブで区切られた『TSV(tab separated values)』や、半角スペースで区切られた『SSV(space separated values)』があります。

CSV以外にもTSVやSSVがあるため、データやり取りの際は相手に誤解を与えないように、『カンマ区切りのCSV』と伝えた方が無難でしょう。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

CSVファイルとExcelファイルの違いとは?

CSVファイルとExcelファイルの違いとは?

ExcelファイルとCSVファイルの違いは何でしょうか?

上記画像のアイコン、一見同じアイコンに見えますが、アイコンの中の表示に違いがあります。

  • CSVファイル・・・アイコンの中に『a,』が表示されている
  • Excelファイル・・・アイコンの中に図のような表示があります。

また、アイコン意外にも違いがあるので、下記にまとめてみました。

  • 拡張子が『.xlsx』と『.csv』の違いがある
  • CSVファイルは他のアプリケーションでも開けるが、ExcelデータがExcelでしか開けない
  • Excelファイルはセルに色をつけたり、グラフを作成したり、関数計算ができ、CSVに比べ、高い機能性を備えている

上記をまとめると、CVSファイルは区切ったテキストデータなので、様々なツールやソフトで使うことができ容量も軽く、Excelファイルは表計算やグラフ作成、色付けなどの機能が優れています。

CSVファイルを作成できるツール

CSVファイルを作成できるツール

CSVファイルを作成できるツールは、無料・有料とも様々なものがありますが、主に使用できるものをまとめました。

  • エクセル
  • メモ帳
  • Googleスプレッドシート
  • Kuto Csv Editor(windowsのみ対応可能です)
  • Libre Office(Windows・Mac対応)

万人が使用しているファイルとしては、Excelが多いかとおもいますが、CSVファイルは順応性が高く、専用のツール以外にも、Googleスプレッドシートやエディタのメモ帳でも作成することができます。

実際にCSVファイルを作成してみよう

実際にCSVファイルを作成してみよう

ExcelでCSVファイルを作成したことがある人は多いのではないでしょうか?今回は、意外に知られていない『Googleスプレッドシート』での作成方法を解説していきたいと思います。

①データを入力

データを入力

②CSVファイルに変換する

『ファイル』

   ↓ 

『ダウンロード』 

   ↓

『カンマ区切りの値(.csv 現在のシート)』

を選択します。

CSVファイルに変換する

③CSVファイルの完成

CSVファイルの作成手順は以上となります。とても簡単なことが分かりましたよね。しかし、下記のExcelファイルを見ていただくと、文字化けしてしまっています。

CSVファイル化をするとよく起こりうるのが文字化け問題です。文字化けの解決方法についても解説していきます。

CSVファイルの完成

文字化けとは?

文字化けとは?

文字化けとは、

『初めまして。何卒よろしくお願いいたします。』

という文字が下記のように表示されてしまうことを言います。

『蛻昴a縺セ縺励※縲ゆス募穀繧医m縺励¥縺企。倥>縺・◆縺励∪縺吶€』

全く何が書いてあるか分からなく、パソコンが壊れてしまったのかな、と不安になってしまいますよね。しかしパソコンの不具合ではないので安心してください。

CSVファイルをExcelで開いたときに文字化けする理由

CSVファイルをExcelで開いたときに文字化けする理由

CSVファイルをExcelで開いたときに文字化けする原因は『文字コード』にあります。

『文字コード』とは、文字を数字で管理している仕組みのことを言います。

例えば・・・

あ=1 い=2 う=3

A=1 B=2 C=3

といった文字と数字で管理されています。つまり、文字と数字を紐づけて管理することを、『文字コード』と呼びます。もちろん、『あ=1』のような単純なルールでは構成されていなく、とても複雑に管理されています。

上記で文字コードについてお話ししましたが、文字化けするのは文字コードに問題があります。欧米、日本での文字表現の違いがあります。欧米では、文字は英数字なので英語か数字しか使わないため、『1バイト文字』を使っています。国際ルールとして『アスキー(ASCII)コード』という規格で決められています。

一方、日本・韓国・中国は英数字以外に漢字なども使用するため、『2バイト文字』を使用する必要があります。

windows・Mac・UNIXはすべて『OS』と呼ばれるソフトウェアです。OSとは、パソコンを動かすためのソフトウェアのことで、OSごとに違う、文字コードの違いが『文字化け』と原因と言えます。

CSVファイルの文字化けを直す方法

CSVファイルの文字化けを直す方法

CSVフィルは、Excelと関連されており、通常のファイルと変わらない形でExcelで見ることができます。しかし、特定のCSVファイルにおいては、文字化けしてしまう場合があります。Excelで文字化けした場合の対処法を解説していきます。

①CSVをExcel変換し文字化けしていることを確認

下記画像のように文字化けしていることを確認します。

①CSVをExcel変換し文字化けしていることを確認

②Excelを新規で立ち上げる

『データ』→『テキストまたはCSV』をクリックする

Excelを新規で立ち上げる

③文字化けを直したいCSVデータをインポートする

『文字化けを直したいCSVデータを選択』→『インポート』をクリックする

文字化けを直したいCSVデータをインポートする

下の様な画面が表示されます。

『元のファイル』をクリック→『65001:Unicode(UTF-8)』を選択します。

65001:Unicode(UTF-8)

文字化けが直っていることを確認し、『読み込み』をクリックします。

読み込み

③文字化け修正完了

読み込みボタンをクリックすると、下記画像のように文字化けが修正されていることを確認し保存します。

文字化け修正完了

CSVの文字化けの理由と対策を習得しましょう

CSVの文字化けの理由と対策を習得しましょう

CVSファイルは1990年度から多くの人に使われている形式ファイルの一つで、データを扱うほとんどの人が使用したことがあるくらい身近な存在だからこそ、文字化けの意味、解決方を覚えていると便利です。CSVファイルの取り扱いに困っている方は是非参考にしてみてください。周りの方にも教えてあげてくださいね。

 

お悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナー総合
バナーlefty
バナー総合
バナー総合
バナー総合
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事