フロントエンドとは?バックエンドとの違いって何だろう

フロントエンドとは?バックエンドとの違いって何だろう

Webサイトに携わる仕事をしている方、またはエンジニアを目指そうと考えている方ならフロントエンド、バックエンドといった言葉を耳にしたことがあるかと思います。Webサイトの開発に対して重要な役割を担う、フロントエンドとバックエンドの違いや仕事概要、将来性などについて紹介していきます。

フロントエンドエンジニアとは


フロントエンドとは、Webサイトなどの開発で利用するユーザーが実際操作できる部分の機能の事です。では、フロントエンドエンジニアとはどういったエンジニアなのでしょうか?HTMLやCSS、Javascriptの様なプログラミング言語を使用しWebサイトの構築などを行うエンジニアのことをフロントエンドエンジニアといいます。他にもレスポンシブWebデザインというスマホでも見やすくする構築を行ったりします。

また、API(Application Programming Interface)という「1つの機能に絞り込んだプログラムで共有可能なもの」でAPIを利用したWebサービスの構築、CMSでのサイト制作なども行います。

フロントエンドエンジニアの仕事概要は?

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、バックエンドエンジニアが用意したサーバー上で動くWebサイトを構築することです。バックエンドエンジニアについては後述します。

Webページを構築する際、HTML、CSS、Javascriptなどのコーティング知識が必要不可欠なため、先ほど挙げたスキルが重宝されています。また、デザインのことについても精通していた方がいいので、デザインについての記事なども日頃から読んでいるといいでしょう。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

バックエンドとは


バックエンドとは、フロントエンドとは違いユーザーが直接目にすることのないシステムの部分で、例えば新幹線の乗車予約をした際のクレジットカードの引き落とし処理などを指します。では、バックエンドエンジニアとは、どういったエンジニアなのでしょうか?

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアと違ってサーバーやデータベースといったユーザーには見えない中身のシステム構築や設計、開発を行います。主なプログラミング言語はPHPやPython、Ruby、SQLなどを使用します。

バックエンドエンジニアの仕事概要は?

バックエンドエンジニアは、前述しましたユーザーには見えない中身のシステム構築を行う職種です。バックエンドエンジニアは「サーバーサイドエンジニア」と呼ばれたりして、JavaやPython、C・C++などといったプログラミング言語を用いてコーディング業務を行います。Webサイト構築にはJavascriptなどを用いるフロントエンドと、Webサーバー側で動作するバックエンドの2つの技術が用いられます。

バックエンドエンジニアの主な役割

バックエンドエンジニアは、サーバーやデータベースなどのサービス環境やシステム領域の役割を担当します。主な役割を解説していこうと思います。

サーバーの構築

バックエンドエンジニアはWebサイトなどの構築に必要不可欠なインフラであるサーバーの構築も担当します。具体的に言うとWebサービス側のプログラムの設計や開発をします。

データベースの構築

Webサーバー上にいろいろな情報を保存して、いつでも抽出できるようなデータベースの構築を担当します。情報の検索や保存、変更などをスムーズに効率的に素早く行えるアクセシビリティの高いデータベースの構築は特に求められています。

システムの開発と運用

例としてECサイトをあげますと会員登録や退会機能、商品検索の処理の実装などを担当します。

フロントエンドエンジニアとデザインの関係


フロントエンドは、ユーザーが直接見れる部分なためデザインと関わっていきます。Photoshopなどで作成したデザインを元にして、Webサイトを精密に構築しユーザビリティを高めていきます。

UI/UX

UIは「ユーザー・インターフェース」の略で、テキストや画像、ボタンなどのユーザーが目にする外観のことです。「接点、接触面」と言う意味があります。UXは「ユーザー・エクスペリエンス」の略で、Webサイトやサービスを通して得られる体験のことです。「体験・経験」という意味があります。デザイナーだけでなく、フロントエンジニアの人たちもUI/UXが必要不可欠になっていきます。

マルチデバイス

サイトはスマホからも閲覧でき、現在はスマホでの閲覧が大半を占めています。ですので、フロントエンドエンジニアにはどの端末から閲覧してもPCから閲覧するときと同じ情報量で、綺麗なレイアウトで表示させるという技術が求められます。

フォント

端末やブラウザによりフォントの見え方が異なってくるため、綺麗な文字をWeb上で表示させるにはフォントの知識が必要です。また、コーディングの際にエスケープ処理は気をつけなければいけなく、例えば「&」を「&」と記述したり、「”」を「”」と記述しないといけないことです。バックエンドはフロントエンドとは違い、デザイン力は求められないですが、フロントエンドエンジニアが組みやすいように構築する技術は必要です。

エンジニアはコミュニケーション能力も必要?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コミュニケーション能力は、ディレクターや営業などに技術のことを説明しないといけない場面や提案をしたい場面で必要になっていきます。しかし、プレゼンテーションが苦手な方は多いため日頃からlt(ライトニングトーク)を活用して慣れていきましょう。ライトニングトークについて詳しく知りたい方は「sixapartブログ」をご覧ください。

フロントエンドの将来性は?

Webサイトの数が増加し続けている以上、フロントエンドは専門のスキルを保有するエンジニアとして今後もさらに需要が高まると考えられます。また、Javascriptの他に、htmlやCSSなど表現の手段が増えたことから、フロントエンドエンジニアの持つ知識や技術が活躍するWebサイトの構築などの仕事が増え、今後も活躍の場が広がります。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルと適性

フロントエンドエンジニアにとってよりよいサービスを提供する為には、htmlやCSS、JavaScriptはもちろん他にもいくつかの種類のプログラミングの知識が求められます。コーディング作業に対しては、高い集中力を必要とする仕事の為、それを苦に感じず、楽しいと感じる事のできる人はフロントエンドエンジニアに適性があると言えます。

気になる年収に関しては、求人に記載のある年収通りの額が給料に反映される、という訳ではなく、各々のスキルや経験により一概には言えませんが、高いスキルがあればかなりの高収入が得られる可能性もあります。必要なスキルがあれば転職する際にも有利になるでしょう。

フロントエンドとバックエンドの違い


フロントエンドとバックエンドの違いとしては、一言で言えば利用するユーザーが触れるか触れないかの違いではないでしょうか。また、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアはどちらも一長一短ありますが、両方とも将来性はあり、またフリーランスとして働くことも可能です。

「そのデザイン、マークアップ意識してる?文書構造を理解せずしてWebデザインを作るな!」にもフロントエンドやバックエンドのことについての記事がありますので、ご覧ください。
皆さんもフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

制作でお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナー制作
バナーlefty
バナー制作
バナー総合
バナー制作
バナー総合
LINEで送る
Pocket