海外向けGoogle広告を運用するには?ポイントや成功事例を紹介

海外向けGoogle広告を運用するには?ポイントや成功事例を紹介

海外で広告を出すなら世界中で圧倒的なシェアを占めるGoogle広告がおすすめです。

 

本記事では、海外でGoogle広告を運用する際のポイントや注意点について解説します。

 

Google広告とは

Google広告とは

Google広告は、Googleが提供する広告のことです。

 

Googleを利用する人がいる国・エリアならば、Google広告を配信して一定の成果を期待できます。Google広告にはさまざまな種類があり、その特性に合わせた運用をすることが重要です。

 

Googleディスプレイネットワーク(GDN)により、200万以上のWebサイトや動画、アプリに連携し、Google広告を掲載できます。

海外向けGoogle広告の種類5つ

海外向けのGoogle広告には、次の5種類があります。

 

  1. リスティング広告
  2. ディスプレイ広告
  3. 動画広告
  4. アプリ広告
  5. ショッピング広告

 

リスティング広告

Google広告と言えば、基本的にはリスティング広告のことを指します。海外向けのGoogle広告を考えたとき、まずこちらを検討するといいでしょう。

 

リスティング広告とは、キーワードを検索したときに検索画面上に表示されるテキスト形式の広告のことです。ユーザーが能動的に検索したキーワードと連動するため、すでに商材に興味を持っている顕在層へアプローチしやすいメリットがあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Googleが提携する膨大な数のWebサイトやアプリ上の広告枠に表示することができるテキスト形式やバナー形式の広告です。

 

商材に対してある程度興味はあるものの、自分自身が気付いていない「潜在ニーズ」を抱える幅広い層に認知拡大を狙えるのが特徴です。また、リスティング広告のようにテキストだけでなく、画像や動画を使った訴求ができます。

 

リマーケティング機能を活用することで、一度サイトを訪問したユーザーに再度広告を表示し、購入やコンバージョンの促進がしやすくなります。

動画広告(YouTube広告)

Google動画広告では、ユーザーのシェア率が高いYouTube上に動画広告を出稿できます。

 

動画広告もディスプレイ広告と同じく、潜在層に向けてアプローチすることが可能です。ディスプレイ広告よりも動画広告の場合は、伝えられる情報量が多く記憶に残りやすい特徴があります。

アプリ広告

アプリ広告とは、Google Playのアプリページにユーザーを誘導する広告のことです。広告の配信先は、検索画面やGoogleディスプレイネットワーク、YouTubeなどです。

ショッピング広告

ショッピング広告とは、検索をしたとき画面上にショッピング枠が表示されますが、その中に製品写真や価格などを表示する広告のことです。

 

ユーザーは製品写真と価格を理解したうえでクリックするため、購買意欲が非常に高く、購入に直結しやすいという特徴があります。

 

関連記事:Google広告の使い方!作成から活用法までご紹介

Google広告のシェア・利用者割合

Google広告の世界シェア

引用:StartCounter

Googleは2024年2月時点で91.61%と世界最大のシェアを持っています。日本でも多くの人が利用しますが、Google本社があるアメリカやヨーロッパ、アジア圏、アフリカなど世界中のさまざまな国・エリアで利用されている世界最大級の検索エンジンです。

 

圧倒的なシェアを持つGoogleですが、逆に言えば競合が多いというデメリットもあります。ただ、世界中のほとんどの地域に対応していることから、海外展開を検討する場合に最適な広告媒体の一つと言えます。

Google広告を利用する国・エリアを確認

Googleの世界でのシェア率はアジアでは91.66%、ヨーロッパでは91.04%、北アメリカ88.34%、アフリカ大陸では、97.45%といずれの地域でも非常に高くなっています。

参考:StatCounter

 

一方で、Google広告が向かない国・エリアというのもあります。中国の場合は、Googleの利用が制限されているため、中国市場を検討する場合は、Google以外の広告を検討した方がいいでしょう。

 

中国では、検索エンジンの割合、1位が百度(Baidu)で39.64%、2位がYandex(21.81%)、3位がBing(18.59%)となっています。中国は政府によるインターネット検閲があり、Google利用を制限されているため、中国発の百度(Baidu)が普及しています。

 

また、ロシアや韓国では独自の検索エンジンが発達していますが、Googleのシェアもそれなりに多くなっています。

 

ロシアでは、最も多く利用されているのはYandexで(58.38%)、2位がGoogle(40.18%)、3位がBingで(0.77%)となっています。Yandexはロシアのサービスで、ロシアだけでなくロシア語圏の国でも一定の検索市場を占めているため、ロシア語圏をターゲット国とする場合、Yandexの検討も必要です。

 

韓国は1位がGoogleで(60.79%)、2位がNaver(33.94%)、3位がBingで(2.41%)となっています。Naverは韓国最大のインターネットポータルサイトですが、日本ではお馴染みのLINEの親会社としても知られており、韓国市場ではNaverも検討の一つです。

 

ただ、アジア全体をみれば、Googleは90%以上のシェアを占めているため、Googleを使わない手はありません。ターゲット国の情勢をみながら、Google広告の利用を検討しましょう。

Google広告のメリット

Google広告のメリット

Google広告のメリットは次の4点が挙げられます。

 

  1. 世界トップシェアのユーザーにアプローチできる
  2. 機械学習の精度が高いためターゲットへ効果的なアプローチができる
  3. 高度な測定分析が可能なため改善がしやすい
  4. 新規顧客の開拓や自社の価値を見出しやすい

 

世界中のユーザーに広くアプローチできる

先述したように、Googleは世界中の多くのエリアで90%程度のシェア率を誇ることから、世界中のユーザーに広くアプローチできるのが最大の利点です。

 

利用者が多い分、データを多く集めることができ、データに基づいたターゲティングがしやすくなります。

高度な測定分析が可能なため改善がしやすい

また、広告配信のデータを活用し、改善につなげやすいのも重要なポイントです。

 

その中でも、オークション分析という機能は、競合との比較分析において特に役立ちます。

 

オークション分析では、以下の指標を確認できます。

 

  • インプレッションシェア: 競合との比較における自社の広告表示回数
  • 広告の重複率: 同じユーザーに自社の広告が複数回表示された割合
  • 優位表示シェア: 検索結果画面の上部に自社の広告が表示された割合
  • 上位掲載率: 検索結果画面の上位に自社の広告が表示された割合
  • ページ上部表示率: 検索結果画面の1ページ目に自社の広告が表示された割合
  • ページ最上部表示率: 検索結果画面の1ページ目の最上部に自社の広告が表示された割合

 

これらの指標を分析することで、自社の広告が競合に対してどのように評価されているのかを把握できます。

 

新規顧客の開拓や自社の価値を見出しやすい

また、日本にいながらにして世界中で圧倒的なシェアを持つGoogle広告を、海外ユーザーに効果的に配信すれば、新規顧客の開拓にもつながります。

 

海外での広告配信は、日本とは言語・文化が異なるため国内では想定もしなかった方法や角度から自社をアピールすることになるでしょう。そのことで自社の新たな価値を見い出したり、ブランディングにつながったりすることもあるのではないでしょうか。

海外向けGoogle広告運用のポイント

海外向けGoogle広告運用のポイント

海外向けGoogle広告運用のポイントは次のようになっています。

 

  • ターゲットエリアを絞る
  • 徹底したユーザーリサーチと競合分析
  • ユーザーの好みに合わせたクリエイティブを制作する
  • ターゲット国に最適化する
  • スモールスタートで徐々に拡大する
  • 継続的な効果測定と改善

 

ターゲットエリアを絞る

まず、ターゲットにする国やエリアによってGoogleのシェア率や利用状況が変わるため、どこをターゲットにするかによって、施策が大きく変わってきます。前提として、国によってGoogleの利用が制限されている場合もあるため、広告配信先をGoogleで問題ないかどうかの確認も必要です。

 

あとは、国やエリアによって言語・検索習慣が異なるため、Googleの検索キーワードの選定が大きく変わり、地域に合わせたキーワードの選定が非常に重要です。

 

たとえば、日本や韓国では「東京 グルメ」のような単一の言語の組み合わせで検索するのに対し、欧米では「What to eat in Tokyo」などのようにフレーズで検索することが多くなっています。

 

こうした検索習慣の理解は、海外向けのリスティング広告を配信する上で、とても重要になってきます。ターゲットの国でどのようなキーワードがどのように検索されているのかを踏まえて配信すれば、より効果的です。

 

徹底したユーザーリサーチと競合分析

海外展開で成功するためには、徹底したユーザーリサーチと競合分析が不可欠です。

 

ユーザーニーズは、住んでいる地域や生活習慣によって大きく異なるため、現地ユーザーからの情報収集が重要です。

 

また、競合他社を調査することで、ユーザーがどのような広告を好むのか、自社がどのように差別化できるのかを把握できます。Google広告の「プレビューと診断ツール」を使えば、特定の国でどのような広告が表示されるのかを事前に確認できます。

 

自社の強みを明確化し、競合との差別化ポイントを社内で共有しましょう。

ユーザーの好みに合わせたクリエイティブを制作する

ターゲット国で成功するためには、ニーズ調査と競合分析に基づいたクリエイティブ制作が不可欠です。先に調査したユーザーのニーズや競合分析から、ターゲットユーザーが好むデザインや色、言葉をクリエイティブに生かすようにしましょう。

 

クリエイティブの質は、広告のクリック数やサイト誘導率に直接影響します。Google広告には、競合他社の広告配信情報を確認できる機能があり、活用することで効果を高めていくことができます。

 

クリエイティブは複数パターン制作し、効果検証を行うことが重要です。ユーザーの反応を見ながら、クリエイティブを改善していきましょう。

 

参考:海外広告成功の秘訣は徹底したユーザーリサーチ

ターゲット国に最適化する

また、デザインや表現だけでなく、配信時期やトレンドなども考慮したローカライズが必要です。現地で今流行っていることや適した時期を踏まえることで、より効果的な配信につながります。

 

また、現地の言葉の使い方、文化や検索習慣を踏まえた検索キーワードの選定が非常に重要です。言語をそのまま翻訳するのではなく、必ずネイティブ言語に精通した翻訳家の協力を得るといいでしょう。

スモールスタートで徐々に拡大する

海外向けのリスティング広告は、低予算からのスモールスタートがおすすめです。

 

 

リスティング広告は、個々のキーワードに対して入札できるという利点があります。そのため、最初は確実性が高いキーワードにしぼって運用するといいでしょう。

 

確実性が高いキーワードは次の3点です。

 

  • 自社の商品やサービスに関連性の高いキーワード
  • 検索ボリュームが高いキーワード
  • 競争率が低いキーワード

 

 

確実性の高いキーワードを選定することで、広告がターゲットユーザーに表示される可能性が高くなり、費用対効果の高い広告運用ができます。確実性の高いキーワードで効果を検証したら、徐々に他のキーワードにも範囲を広げていきましょう。

継続的な効果測定と改善

継続的な効果測定とデータに基づいた改善を行っていくことで、広告の効果はより大きくなります。

 

Google広告は、リアルタイムで表示回数やクリック数などのデータを把握できます。これらのデータを毎日確認することで、広告の配信状況を把握し、問題があればすぐに改善することが可能です。

 

また、クリック率、コンバージョン率、費用対効果などの指標を分析することで、広告の改善点を見つけることができます。

 

改善施策としては、広告の配信方法や設定を変更することで、広告効果を改善することができます。出稿費用やキーワードなど、さまざまな設定を配信中でも柔軟に変更でき、費用対効果を高めていきましょう。

 

こうした効果検証と改善施策を繰り返すことで、質の高い広告配信を目指すことができます。

 

参考:Google 広告の効果測定の基本

海外出稿のGoogle広告の成功事例

海外出稿のGoogle広告の成功事例

弊社では、Web広告を国内外で300社以上の企業様と運用してきました。海外のGoogle広告においても配信実績があり、成功事例を3つ紹介します。

 

  • 海外発注の売上昨年比185%を達成した中古パーツ輸出業
  • 外国人観光客からの問い合わせを獲得した地方自治体
  • 運用3ヶ月で海外からの案件受注に成功した金属加工業

海外発注の売上昨年比185%を達成した中古パーツ輸出業

中古パーツを輸出する企業様では、運用初月で150件のお問い合わせを獲得しました。さらに、海外発注の売上は昨年比185%、問合せ1件あたりの獲得単価2,800円を達成し、大きな効果を得ることができました。

 

ターゲット選定としては、企業様がまだ取引のなかった国・地域に向けてWeb広告を配信し、新規顧客の獲得を狙いました。英語での専用サイト制作をおこなったあと、Google検索連動広告・ディスプレイ広告・Facebook広告の3つを組み合わせることにより、 初月から法人・個人からのお問合せを数多く獲得することができたのです。

 

外国人観光客からの問い合わせを獲得した地方自治体

外国人観光客の誘致を狙っていた地方自治体様は、国内観光地についてのGoogleディスプレイ広告をアジア諸国へ配信しました。月額予算は約30万円です。

 

その結果、問い合わせの獲得だけでなく、1クリック9円という低単価で、大量のターゲットユーザーのアクサスを集めることができました。

運用3ヶ月で海外からの案件受注に成功した金属加工業

金属加工業の企業様では、Google広告を月額予算約50万円で実施。国内だけでなく、海外からの案件受注を狙い、SNS広告を展開しました。

 

すると、運用開始から3か月でWebから問い合わせがあったお客様から大型受注につながり、その後の継続した売上に発展することができました。

海外Google広告のパートナーにはBigmac(ビッグマック)にご依頼ください

本記事では、Google広告のシェア率やメリット、海外向けGoogle広告の運用のポイント、成功事例などについて紹介してきました。

 

海外向けGoogle広告運用のポイントは次の通りです。

 

  • ターゲットエリアを絞る
  • 徹底したユーザーリサーチと競合分析
  • ユーザーの好みに合わせたクリエイティブを制作する
  • 丁寧なローカライズ
  • 低予算からのスタートで徐々に拡大する
  • 継続的な効果測定と改善

 

ターゲット国のユーザーに合わせた広告配信が非常に重要であり、事前のユーザー調査や競合調査は欠かせません。最初は低予算からスタートし、確実性の高い成果を積み上げ、改善を重ねていくことで広告の効果を高めていくことが期待できます。

 

Bigmacでは幅広い業種のWeb広告で得たノウハウを、貴社のPRに活用いたします。

海外マーケティングについて、ぜひお気軽にご相談ください

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
  • この記事を書いた人
  • 最新記事