女性マーケティングをビジネスで活用して成功させるコツをご紹介します!

今、女性マーケティングが重要視されています!なぜなら全ての商品に対する消費者の割合は80%が女性なのです。今回の記事ではどうやって女性マーケティングをビジネスに活用していくのか、成功させるコツを紹介していきます!

女性マーケティングとは

女性マーケティングとは、女性向けにどういったサービスをすると商品購入に繋がるか、集客できるかなどの戦略を考え行動を促すこと、つまり女性的な視点のマーケティングです。

女性のライフスタイルの変化や時代の変化を常に察知して、その都度ターゲットに合わせた不満や悩みをどうしたら改善できるのか、どんなことを叶えたいのかを把握して戦略をたてていくことが必要です。

tree参考記事:心理学をマーケティングに活かそう!あなたも既に操られている!?

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

なぜ女性マーケティングが重要なのか

世界の人口の男女比率は、ほぼ男女半分ずつですがなぜ女性視点のマーケティングが重要なのか?その理由は、先程も説明しましたが約80パーセントの消費者は女性がコントロールしているからです。では本当に女性がコントロールしているのでしょうか?実際に商品購入するシーンで考えてみましょう。

例えば、家や車などの購入決定権は女性が多い、家族や子供へのプレゼントは女性が選ぶことが多いなどと様々な購入シーンで女性が購入をしたり選ぶことが多くありませんか?

消費者の80%が女性ということは、何かを売りたい、集客したいとなれば女性視点のマーケティング手法が重要になってくるということです!では一体どうすれば女性視点のマーケティングが成功するのでしょうか?

女性は〇〇を求めている?!

女性視点のマーケティングを理解するには、女性の心理についてまずは知ることが大切です!では、女性は何かを購入するときどんなことを求めているのでしょうか?

共感

女性に対して共感することはとても重要ということをよく耳にすることは多いかと思います。女性同士の会話の中でも共感は大切ですが、商品を購入するときにいかに消費者=女性にとって共感を得られるかがポイントになってきます。

例えば、肌荒れがひどい人は肌がきれいになりたい!と思いますよね?肌がきれいになりたい人に「これを使えば肌がきれいになります!」とうたっていてる商品と「毎日鏡をみるのも嫌になっているあなたへ。・・・」だとどちらが心に響きますか?

後者ですよね。肌荒れしている方からすると「そうなの、そうなのよ・・・」と共感してくれているように感じてただ「肌がきれいになる商品」より共感メッセージのある方が購入率はあがります!共感力が高いと感じるお店だと好印象となりSNSフォローしたり、会員登録をしたりと集客にもつながります!

安心感

誰しも何かを購入して失敗したくないですよね?ましてや高額商品ならなおさら!事前に口コミ情報や知人に確認して購入することも多いのではないでしょうか?

特に女性は子供を出産して育てるという役目があるため、「守る」ということが無意識に備わっています。「守る」ということが無意識に備わっているため、様々なリスクに対してとても敏感な生き物です。

リスクに敏感だからこそ、常に安心感を得られることを求めています。安心感を得られる販売方法として「使用後でも〇〇日まで返品OK」などはとても効果的です!返品OKというだけで失敗したと思ったら返品できるから!という気持ちになり購入意欲は倍増しますよね。

またランキングも女性に安心感を与えます。みんなが選んでいるから間違いない、人気ならわたしも購入してみようという気持ちになります!

ライフスタイルの変化

今、女性のライフスタイルが変化しつつあります。企業で働く女性、起業をする女性、また晩婚化、晩産化など昔は女性はこうあるべき、こうしないといけない!といったことが変わりつつあります。

自立した女性が増える一方で世の中の流れが変化しています。物質的なものが豊かな時代になり、ある程度は安価で手に入る時代になりました。物質的なものを求める時代から精神的なものを求める時代へと変化しています。
精神的なものとは、「体験」です。体験することでわくわくやたのしいことを得ることを求めています。また商品を購入することでどのような気分(わくわく)、感動を味わえるのかが大切になってきています。

例えば、スポーツ観戦・セミナーへの参加・習い事・DIYなどです。ライフスタイルの変化とともに企業もあわせて変化させることが必要になってきています。

女性マーケティングを活用しよう!

女性向けのサービスや商品を販売する企業やメディア・販促担当者の方のビジネス現場では男性に偏っていませんか?男女の考えの違い、感じ方の違いからうまれるギャップは販売を伸ばせるチャンスを失う要因になってしまいます。

まずは女性の心理や求めているものが何なのか、求めているものが理解できたら、どうしたら共感・安心感を伝えることができるのかをビジネスの現場で意見交換して活用してください。

こちらでは男女脳の違いについて詳しく解説しています。興味のある方は参考までにどうぞ。

tree参考記事:男女脳の違いを仕事に活かそう

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事