iOS14アップデートによるWeb広告への影響を徹底解説

iOS14アップデート

Apple社がリリースした「iOS14」は、iPhoneの利便性の向上のためのアップデートとなりましたが、それに伴い広告では、計測やターゲティングに必要なデータを取得することが難しくなりました。

今記事では、iOS14の概要からアップデートによる広告への影響などを解説します。

iOS14リリースによる3つの影響

iOS14リリースによる3つの影響

iOS14リリースによる3つの影響を説明します。

IDFAの利用がデフォルト不可に変更

IDFAとは、Apple社が、ランダムにユーザーの端末に割り当てるデバイスIDのことを指します。アップデート前は、IDFAを用いて、ユーザー行動のトラッキングやコンバージョンの計測などが行われていて、アプリやサイト間でも同じユーザーを識別することができていました。

 

しかし、今回のiOS14のアップデートにより、IDFAの取得については利用者の同意が必要になり、さらに初期設定ではアプリごとにIDFA利用不許可の状態になっています。

 

ITPにリダイレクトトラッキング対策が搭載

ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは、Appleのユーザーのプライバシー保護機能のことで、ユーザーの行動の追跡や分析を行うトラッキングを行う機能です。この機能にさらにリダイレクトトラッキング(バウンストラッキング)という機能が追加されます。

 

リダイレクトトラッキングはアプリ間や、サイトから別サイトへ遷移する際に、移動の追跡ができるようにする仕組みです。iOS14からは、このリダイレクトトラッキングが無効化されます。

 

Safari以外のブラウザもITPが有効に

今まで、ITPの対象となるのはSafariのみでしたが、iOS14下で動作するブラウザ(iOS版のGoogle Chrome、Yahoo!JAPANなど)はすべてITPの対象になりました。また、ブラウザだけでなく、アプリ内ブラウザにも適応されるようになりました。

 

アプリ内ブラウザとは、FacebookやTwitter、LINEなど、アプリ内のリンクをタップしてもSafariのようなブラウザに切り替わることなく、アプリ画面上にWEBページが表示される状態のことです。

 

iOS14アップデートが広告に及ぼす影響

iOS14アップデートが広告に及ぼす影響

リターゲティング広告の配信量が減少

IDFAの取得がデフォルトで不可となることで、広告のトラッキングを許可しないユーザーが増加すると、広告のターゲティングの対象となる設定しているオーディエンス(カスタムオーディエンス)のサイズが小さくなることがあります。

 

これらの仕様変更によって、リターゲティング広告のインプレッション数が減少し、リターゲティングを主として出稿していた広告主、または、媒体の成果が悪化する可能性があります。

 

ターゲティング広告の精度が低下 

クッキーの有効期限の短縮やIDFAの取得率の低下によって、リターゲティング広告のみならず、興味関心や類似ターゲティングのターゲティング精度が低下します。その理由として、クッキー、IDFA経由でユーザーの年齢や性別、興味・関心などの属性情報や行動履歴を収集することができなくなり、ターゲティング配信の精度が下がるためです。 

 

また、オーディエンスリストの保持期間が最大24時間に短縮されることにより、ターゲットリストが小さくなることで同じユーザーに広告を何度も配信し、フリークエンシーが高まる可能性があります。 

 

計測可能なコンバージョンの減少

ITPの影響により、従来のCookieを活用したCV測定がiOS上で困難になります。また、広告クリック後に日にちを置いてから再度アクセスしたユーザーのCVが記録されないというケースが発生し、広告の管理画面上では、コンバージョン数が減ってしまうことや、コンバージョン数が悪くなるなどの状況が起こる可能性があります。

 

クッキーレス化に伴い、24時間を過ぎてCookie情報がなくなってしまった後に目標に至ったとしても、コンバージョンとして計測されないというケースが発生します。

 

今後の対策

今後の対策

Facebook社から案内されている対策を2つ説明します。

ビジネスマネージャのドメイン認証

ビジネスマネージャのドメイン認証は、ページのドメインが自分のものであると明確にし、コンテンツの安全性を確保するための機能です。ドメイン認証をすることで、リンクとコンテンツの編集権限を管理して、ドメインの不正利用や偽情報の拡散を防ぐことができます。

 

iOS14へのアップデート後はドメイン認証を実施していないと、合算イベント測定の設定ができないため、広告を配信してもイベント/カスタムコンバージョンの計測ができなくなります。

 

上限8種類までイベント数を選ぶ(合算イベント測定)

ビジネスマネージャのドメイン認証が完了した後に、合算イベント測定の設定を実施できます。Facebookピクセルのドメインごとに、コンバージョンの最適化に優先的に使用できるコンバージョンイベントが8件に限定されるアップデートとなります。

 

ピクセル単位ではなく、ドメインごとに、上限8種類のイベントに制限されてしまうことに注意が必要です。

 

まとめ

iOS14のアップデートによってWeb広告の配信に与える影響は大きく、2021年以降もITPの影響は広がっていく可能性が高いと見られています。ユーザー情報に依存しての広告配信が難しくなってきているため、リターゲティングなどユーザー情報を用いた広告配信に頼らない方法を模索していくことが重要になって​きます。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事