売れるLPのポイントとは!?

売れるLPのポイントとは!?

ランディングページは作成方法で売上が大きく左右されます。CVRの低いLPでは広告を運用しても成果が上がりにくいです。本記事では、売れるLPの作成ポイントをご紹介いたします。

ランディングページの目的


ランディングページの目的はユーザーの獲得や売上がほとんどです。例えばECサイトだと、商品に関係するキーワードで広告をだし、ランディングページに流れさせて、特別価格や割引価格などで購入させます。会員サービス登録制の場合だと、サービスに関連するキーワードで流れさせて、登録するボタンまで導きます。ランディングページは、上記にように流入してきたユーザーを購入ボタンへ到達させる役割があります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

売れるランディングページの6つの考え方


売れるランディングページには5つの考え方があるのですが、どうすれば、売れるランディングページにできるのか?について説明します。

ターゲットを明らかにする

売れるLPの考え方一つ目は「ターゲットを明らかにする」ということです。ターゲットが明確じゃないと、LP全体の内容が薄くまた曖昧になってしまいます。

1番に伝えたいメッセージに集中する

サービスを誰に提供するかターゲットを決定したら、しっかりキャッチコピーの内容を表現することが大事です。キャッチコピーで使用する言葉が一般的や曖昧な言葉になると、訪れたユーザーの注目を十分に引けずに、離脱されてしまいます。

ベネフィットを強調する

商品やサービスのメリットや特徴が記述されているだけのキャッチコピーにユーザーは魅力は感じることができません。理由は、訪れたユーザーはベネフィットを求め、商品やサービスを購入したりするからです。その商品を購入することにより、ユーザーの悩みの解決を達成させることが大事です。

数字を使って具体的にさせる

キャッチコピーに数字を使用することで、具体性を持たせれます。具体性を持たせることによって、「信頼感」を高められ売れることができるキャッチコピーに近づけられます。

購買欲を高めさせる

普通のキャッチコピーだと、商品やサービスのメリットなどを伝えることにより、クリック数と購入に誘導させます。しかし、逆のパターンを施策することによってニーズを高めることもできます。

「このような商品・サービスを購入することによってこうなれます!」よりも「今の状態を放置しておくと、大変な状態になりますよ!大丈夫?」の方が強い訴求力があるということです。

キャッチコピーを意識する

ファーストビューでもっとも目をひくキャッチコピーには、閲覧者が入ってきた検索キーワードやネット広告から考えられるニーズにヒットするワードを配置することをオススメします。キャッチコピーで迷いましたら「キャッチコピーの考え方とは?一言で心をつかむ作り方」も参考にしてみてください!

ヒートマップで分析してみよう!


ランディングページのデータを分析するには、いろいろな方法がありますが、今回はヒートマップを見ていきましょう。ヒートマップとは、サイトやLPの「どこがどこまで読まれてるか」、「どこが・なにがクリックされてるか」を視覚に訴えられるツールです。数字のデータとしてのアナリティクスとは違って、結果を色で把握できるので使ったことがない人にも使用しやすいです。

また、アナリティクスではクリックなどのユーザーの行動があり、データを得ることができますが、ヒートマップではクリックといった行動をしなくてもユーザーの動きを可視化出来る部分もポイントになります。

ヒートマップのツール

有料のツールと無料のツールが多数あります。サイトやLPに合っているヒートマップを活用することにより、ユーザーの体験価値を上昇させ、情報を提供していきまましょう。

User Heat(ユーザーヒート)


月間30万PVまで無料で使用でき、サイトを閲覧したユーザーがどんな行動したのかをマウスの動きなどから調査し、サイト上に見る人にとって分かりやすく表示させたものがヒートマップになります。
ユーザー登録の後、タグをサイトやLPに埋め込むことにより使用することができます。機能としては、「熟読エリア分析」や「クリックエリア分析」、「マウスムーブ」、「終了エリア分析」、「離脱エリア」機能があります。

SiTest(サイテスト)


6種類のヒートマップを月間30万PVまで無料で使用できます。魅力的な点は業界初の広告連携機能があるところです。オーガニック検索と広告の経由、直帰してしまったユーザーとしなかったユーザー、キーワードを作成できてヒートマップの解析を比べられるため、データ深度が深いです。

MIERUKA


日本だけでなく海外からも利用可能なツールになっています。3つの機能の「スクロール解析機能」や「アテンションヒートマップ機能」、「クリックヒートマップ機能」が利用できます。

ランディングページの成功する・しないを決める要素


先述した構成に従って制作しても、LPの要素が説得力に欠けていると成約を獲得できません。LPの説得力を高めるにはどんなことに注意することが必要でしょうか。

ベネフィットを明確にする

しっかりとペルソナを分析し、ベネフィットを明確にすることが必要です。ベネフィットとは「ユーザーが商品を購入するにあたりユーザーどんなメリット・効果があったり、どんな悩みが改善できるのか」ということです。ベネフィットが明確になっているLPほど、成約率が高い傾向になってます。その結果、ターゲットに響くLPを作れます。

ライティングにこだわる

成功させるLPを作成するにはライティング力も必要です。とくに、ユーザーが一番最初に目に付くファーストビューの部分は、LPにとってとても必要でファーストビューに何が書いてあるかにより大きく成約率が変わります。

例えば、りんごを販売するLPの場合、「みずみずしくておいしいりんご」、「1分に1つ売れてるりんご」、「りんごを数個購入すると無料で一つプレゼント!」などの記述方法によってユーザーが抱く印象違うものになると思います。LP制作の際には、キャッチコピーによって結果が変わることを覚えておいてください。キャッチコピー、ライティングは重要です。

売れるLPにするにはユーザーのことをしっかり考えることが必要


いかがでしたでしょうか?売れるLPにするには、ユーザーのことをしっかり考え、「誰に何を伝えるか?」が必要になってきます。会社の売り上げを拡大させ、もっと成長させていきたいという方は、ぜひランディングページを利用してみてください。

LINEで送る
Pocket