キャッチフレーズを作る狙いと大切なこととは?

キャッチフレーズを作る狙いと大切なこととは?

キャッチフレーズとは、宣伝や広告などで人の興味を惹くような短い謳い文句です。キャッチフレーズの使える場面は意外に多く、商品の宣伝はもちろん、就職活動時の自己アピールなどにも活用できます。

本記事ではキャッチフレーズを作る際に必要な狙いと大切なことについて紹介します。

キャッチフレーズの用途や使う場面とは

キャッチフレーズの用途や使う場面とは

キャッチフレーズとは、宣伝や広告で用いられる短い謳い文句です。キャッチフレーズは、人の心を惹きつけることが目的で広い用途があります。消費者に訴えかける宣伝目的のキャッチコピーとは違います。

キャッチフレーズを使う場面はさまざまで、企業やメーカーが自社商品の宣伝をしたり、イベント会社が集客するために使ったり、ブロガーがブログ記事を目立たせるためにタイトルに使ったりなどしています。身近な例だと、就活の面接時の自己PRや、自分のお勧め商品をPRするときなどがあります。

有名なプロのコピーライターが作っているといった難しい印象を持っている人も多いかもしれませんが、キャッチフレーズを作ること自体は難しいことではありません。キャッチフレーズの作り方さえわかれば、個人でも自分の表現したいものをアピールできます。キャッチフレーズを用いて自分のWebサイトを宣伝したり、就職活動の際に自分のアピールポイントを伝えたりすることもできます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

キャッチフレーズの狙いとは

キャッチフレーズの狙いとは

キャッチフレーズの作るときには、目的を明確にすることが大切です。作りたい言葉は何なのか。

同じ文章でも、狙いが異なると完成するキャッチフレーズが異なり、伝えたい内容と狙いが別のものになってしまいます。

同じ商品でも狙いが違えばキャッチフレーズは変わる

同じ商品のキャッチフレーズを考えるとしても、広告やメディアの狙いが違えば、キャッチフレーズも変化します。

例えば、商品にキャッチフレーズをつける場合、その商品の誕生経緯を伝えたいか、商品のウリを伝えたいか、商品を一度試して欲しいのか、狙いはさまざまです。キャッチフレーズを作る際には、狙いや目的を明確にしてから考える必要があります。

キャッチフレーズを伝えたいターゲットを絞る

狙いや目的を決めずにキャッチフレーズを作ると、狙いが定まらず伝えたいメッセージが曖昧になってしまいます。一方、狙う範囲が狭いほど、キャッチフレーズは、あなたが心を動かしたいターゲットの心へ突き刺さります。力を一点に集中するとかかる力はより強くなるように、ターゲットを絞ったキャッチフレーズはターゲットの心に深く刺さり、印象に残りやすいです。

狙いを絞ったキャッチフレーズを作るポイント

狙いを絞ったキャッチフレーズを作るポイント

狙いを絞ったキャッチフレーズを作れば良いことがわかっても、いざ作ろうとすると難しいと思います。狙いを絞ったキャッチフレーズを作るには、一人の人物像を設定するようにしましょう。その人の年齢や性格、特徴を設定することで具体的なターゲットが見えてきます。

あなたは、自分だけに宛てて届いた手紙を簡単に捨てられるでしょうか?きっと難しいと思います。大勢に送られるような宣伝メールではどうでしょうか?あなた宛に届いたとしても読まないことが多いでしょう。

あなたが作るキャッチフレーズは、あなたがターゲットへ向けて書く手紙といってもいいでしょう。つまり、狙うべきターゲットを一人に絞ることが、伝えたいメッセージを伝えたい人に伝えるコツです。たった一人のターゲットに響くキャッチフレーズだからこそ、その一人の向こう側にいる多くのターゲットの心にメッセージが届くのです。

キャッチフレーズに大切なこととは

 

キャッチフレーズに大切なこととは

キャッチフレーズを届かせるためには「何をいうか」が大切です。キャッチフレーズを考えていると、上手い言い回しやおしゃれな文章、名作コピーの類語など、「どのようにいうか」を考えてしまいがちです。

目的を見失うとメッセージは届きにくくなります。そのため、キャッチフレーズでターゲットに「何」を伝えたいのかを忘れてはいけません。

ターゲットが求めるものの考え方

「何を伝えるか」を考えるとき、ターゲットが「何」を求めているか考えることも大切です。例えば、有名な珈琲店があったとします。その店で珈琲を飲む人は、味を求めて飲みに来る人もいれば、珈琲を飲んでいる時間を求めている人もいます。もしくは有名店の珈琲を飲んでいる自分を求めているかもしれません。

つまり、有名な珈琲店のおいしい珈琲が好きなのではなく、「有名店の珈琲を飲んでいる自分が好き」とも言えます。このように、ターゲットが「何」を求めているかを考えると、キャッチフレーズで何を伝えるべきかが見えてきます。

ターゲットに伝わるキャッチフレーズを作る方法

商品の魅力を伝えるキャッチフレーズを作るにはコツが必要です。商品のセールスポイントとして、わかりやすいものは性能や機能でしょう。セールスポイントによって、その商品がどのような利益を生むのか、その商品がもたらす価値とはなにかを考えます。そして、利益や価値は商品がもたらす満足感に繋がります。 

最初からターゲットに満足感を与えるキャッチフレーズを考えるのではなく、セールスポイント、利益、価値を段階的に考えていくようにしましょう。

記憶に残るキャッチフレーズの特徴

記憶に残るキャッチフレーズの特徴

キャッチフレーズの作り方はわかりましたか?今までのことを踏まえたうえで、以下の5つのポイントを意識すると、ターゲットの記憶により残るキャッチフレーズが作れます。

1.問題提起で共感を得る。

1.問題提起で共感を得る。

人は「自分に関係のあることかどうか」を意識しています。ターゲットへ直接的に訴えるために、「自分も同じ問題抱えている」と思ってもらうことが重要です。例えば、「広告運用のノウハウ」を売りたい場合は、下記のようなキャッチフレーズをターゲットへ投げかけることで、似た悩みを持っているユーザーから「共感」を得られます。

「いつまでたっても検索結果の上位に表示されない」

「広告からのアクセスが購入につながらない」

2.whyを引き出す言い回し。

2.whyを引き出す言い回し。

ターゲットの印象に残るためには、一見すると矛盾しているようなフレーズや、ぱっと見ただけでは理解できないフレーズも有用です。例えば、「食べたら痩せる○○」というフレーズをユーザーが見た場合、食べているのに痩せるという矛盾について、「why」が生まれます。

一度疑問を抱くと、答えを知りたくなる人の心理を利用することで、そのキャッチフレーズは記憶に残りやすくなります。

3.カタカナや英語のイメージ戦略。

3.カタカナや英語のイメージ戦略。

「キンキンに冷えたビール」「ガンガン進む」

上記のように、擬音語や擬態語をカタカナにすると、ユーザーにそのイメージを与えられます。カタカナをあえて利用することで、漢字やひらがなに埋没せず目に留まりやすいフレーズが作れます。

カタカナの他には英語なども効果的です。

「NOMORE、映画泥棒」

今や名作映画からB級映画まで、全ての映画作品の上映前に見られるであろう名作コピー。英語と日本語を組み合わせることで、より視聴者の記憶に残るフレーズになっています。

4.「安定感」と「意外性」それぞれの強み。

4.「安定感」と「意外性」それぞれの強み。

「10年連続売上No1」「今年最も売れた本」

上記のキャッチフレーズは、ユーザーに安心感を与えます。ランキングを提示することで、「一番だから良いものに違いない」というイメージを与えることができます。また、意外性のあるキャッチフレーズも記憶に残りやすいです。

「もしも~だったら」「実は○○だった!」

上記のようなフレーズ、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?意外性のあるフレーズを使うことで、ユーザーの好奇心を煽り、興味を持たせます。「これは面白い」と興味を持ってもらえれば、こっちのものです。一度興味を持ったことは、人はなかなか忘れません。

5.表現はわかりやすく。

5.表現はわかりやすく。

キャッチフレーズを作るうえで、わかりやすさは大切です。

例えば野菜ジュースのキャッチフレーズを考えたとき、栄養素を並べるより「一日分の野菜がこれ一本」とした方が、ユーザーにイメージさせやすいです。

表現がわかりにくく、狙いを付けたターゲットに理解してもらえないのでは意味がありません。万人にわかりやすい表現でユーザーの記憶に残るようなフレーズを作れるよう心がけましょう。

キャッチフレーズの狙いと大切なことを押えよう

キャッチフレーズは、ただ作ればいいわけではありません。キャッチフレーズを作る狙いを明確にする必要があります。キャッチフレーズを伝えたいターゲットを絞り、そのターゲットの心に刺さることを目標にしましょう。

まずはターゲットが「何を求めているのか」、「何を伝えたいのか」を明確にすることが大切です。これらのポイントを押えて、魅力的なキャッチフレーズを作りましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事