採用サイトのコンテンツに入れ込む内容とは?

採用サイトのコンテンツに入れ込む内容とは

就職活動において、ネットで求人を探すユーザーは多くなって来ました。企業の中には、求人をメインにした採用サイトを制作する事が増えてきました。採用サイトのメリット、必要なコンテンツは何かをご紹介したいと思います。

採用サイトの強み

採用サイトの強み

企業サイトのような、顧客に向けた事業内容や、サービス、会社の考え等の情報発信とは違い、採用サイトは求職者に向け、会社に興味を持ってもらう事が目的です。採用サイトを閲覧した求職者が、会社について深く理解してもらう事や、入社したけど思っていたのと違う、というミスマッチを防ぐ事もできます。

せっかく採用したのに、すぐに辞めてしまったら、人材育成のコストがムダにかかってしまいますよね。また、採用サイトとしてひとつのサイトを作成するので、十分に会社の良さや、雰囲気を求職者に伝える事ができます。

採用サイトに必要なコンテンツとは

採用サイトに必要なコンテンツとは

では、新卒予定の学生や転職希望者に、どうやって自社の魅力を伝えればよいのでしょうか?コンテンツは、たくさんありますが、絶対に必要な掲載コンテンツは絞られてきます。

会社について

求職者にとって、どんな会社なのかは絶対に必要な情報です。会社の雰囲気、業務内容、社風は知っておきたいものです。オフィスや先輩たちの仕事風景などの画像を入れておくと、雰囲気が伝わりやすくなります。

また、求職者にも分かりやすい業務説明が必要です。専門的な用語が沢山あると、サイト離脱の元になってしまう可能性があります。

福利厚生や会社制度

会社で働くために社員育成は必要です。働く会社の研修制度や教育制度はどうなっているのかは知っておきたい情報です。また、どこまでの手当が出るのか、保険はどこまで適用されるのかも知りたいところですね。

会社の取り組みから、その会社が特に重視して取り組んでいる内容や個所を求職者が読み取る事ができます。

採用情報・募集要項

企業がどんな人物を必要としているのか、仕事内容はなにか、求職者にとっても採用する側にとっても伝えておきたい内容になると思います。採用サイトであれば、会社の事をじっくり理解してもらえるので、会社への理解や共感が深い人材の応募が可能です。

また、募集するチームや部署が多い場合は、それぞれ必要な人材も変わってくると思うので、詳細ページを分ける必要があります。

年代別で違う仕事に求めるポイント

年代別で違う仕事に求めるポイント

求職者が就職先で選ぶポイントは、年代によって変わってきます。
20代の選ぶポイントは「仕事内容」「勤務地」「事業内容」を重視しますが、30代になると「知名度」や「業界」など企業の大きさについても重視しているようです。

参考:20代の転職・仕事観 意識調査2019転職先を選ぶ際に重視するポイントTOP3は「仕事内容」「勤務地」「事業内容」。

働き方にも年代で違いがある

<20代>

1位 プライベート

2位 評価

3位 両立

4位 充実

上記を見ると、20代は個人の時間を大切にしているようです。

<30代>

1位 仕事

2位 プライベート

3位 評価

4位 時間

30代は20代のように個人の時間も大切にしますが、仕事では効率を重視しているように見えます。

参考:人事必見!若手社会人の転職・仕事観!「転職者心理」

魅力的な採用サイトにするには

魅力的な採用サイトにするには

採用サイトは企業ごとにさまざまで、多くの採用サイトの中から差別化を図るのはとても難しいです。福利厚生で個性を出したり、社員たちの声を掲載したりと、伝えたい事は沢山ありますよね。

しかし、せっかくたくさんの魅力を求職者に伝えたとしても、すべて理解してくれるわけではありません。だからこそ、情報の整理が必要です。

ターゲットを絞る

上記でも紹介したように、年代別で働き方も変わってきます。まずは、求める人材を意識し、情報を精査していきましょう。

例えば、新卒採用を重点的に募集するのか、または経験のある転職者を主に採用したいのかなどの考えは大きな分岐点です。募集する職種に適した人物の性格や能力、経験などを考えてターゲットを絞っていくと良いでしょう。

情報はわかりやすく簡潔に

採用サイトでは、会社の魅力、事業内容などさまざまな情報を伝える事ができます。会社の良さを伝えたい!という気持ちはわかります。

しかし、あまりに多すぎる内容だと、どこの層に向けているのか?結局この企業はどういった会社なのだろう?というように利用者に伝わらない事があります。伝えたい情報はわかりやすく、少し足りないかも?と言うくらいがいいかもしれません。

写真やデザインでひきつける

「会社について」でも紹介しましたが、会社の雰囲気が分かる写真は必要です。魅力的な写真を掲載する事で、ここで働きたい!という意欲がわきます。最近はスマホの精度が上がり、誰でもそれなりの写真が撮れるようになりました。

しかし、採用サイトで使用する写真は、コストはかかりますが、プロのカメラマンに撮ってもらう事をお勧めします。プロの撮影写真をサイトに使用するだけでも、サイトの良さがグッと上がります。また、サイトデザインもこだわりを持つ事で、他の企業のサイトとの違いが出てきます。

オススメ参考サイト3選

静岡銀行

とてもカラフルで楽しいサイトです。見出しにアニメーションを付けているのでポップな印象を受けます。また、イラストを所々に使用して見やすくなっています。取り組みや女性活躍推進などをアピールするために表を使用し分かりやすいです。

三井不動産ホテルマネジメント

ホテル業界のイメージに合う、プロフェッショナルなイメージが伝わるデザインです。
メインの画像がとても魅力的で洗練されているように感じます。社員のインタビュー動画を掲載する事で、より会社のイメージが伝わってきます。

DHF

メイン画像がマンガイラストになっており、とても面白いサイトです。男性向けの色味を使いターゲットを絞っています。ストーリーをマンガにして、楽しく、分かりやすく会社の魅力を伝えています。

採用サイトのコンテンツは情報を分かりやすく!

さまざまな企業の採用サイトのコンテンツを見ると、企業の取り組みやデザインなどで、ターゲットを絞り、入社した時のイメージがしやすいなどの印象を受けました。採用サイトは、会社の魅力を最大限に求職者に伝えるツールだと思います。

この記事が、採用サイト作りに困っている方の一助になればと思います。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事