ポートフォリオのプロフィールについて基本とポイントをご紹介!

ポートフォリオのプロフィールについて基本とポイントをご紹介!

Webデザイナーを目指している方が就職活動時に必要になるポートフォリオとは、プロフィールと自分自身のデザインを伝える資料(作品集)のことです。しっかりとプロフィールをアピールできるポートフォリオにはなにが必要か解説します。

そもそもポートフォリオとは

そもそもポートフォリオとは

上記で述べたようにポートフォリオとは作品集のことです。英語で「書類を運ぶための入れ物」という意味があります。作品を入れ物に入れて持ち運ぶことから、作品集自体をポートフォリオと呼ばれるようになりました。

また、クリエイティブ業界だけでなく、教育業界や金融業界でもポートフォリオと呼ばれる、異なる意味を持った言葉があります。今回の記事では、デザイン会社やゲーム会社などのクリエイティブ系のポートフォリオのことを解説します。

作品集と聞くと採用に関係あるの?と思われるかもしれませんが、就活の場合、ポートフォリオは今まで自分が制作したWebサイトを載せることで説明せずとも経験者かどうか、そしてどの程度Webデザインの経験があるかなどの自己紹介を作品を通して伝えることができるため、会社が採用する際の目安にもなります。就職・転職活動においてポートフォリオは企業側が評価する際に必要になります。なので、採用企業側に自己PRできるポートフォリオ(=作品集)を用意する必要があります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

ポートフォリオにプロフィールは必要?

ポートフォリオにプロフィールは必要?

履歴書に記載があるプロフィールですが、ポートフォリオにも必要です。むしろポートフォリオの序盤に記載するプロフィールは重要度が高く、しっかり作り込みたい部分でもあります。

デザイン会社で仕事をしたことがない人や学生だと、ポートフォリオに載せる作品が少ないことがあります。プロフィール部分の意欲やスキルの項目で「伸び代がある」と期待を持ってもらえるように自己PRをしましょう。

いつからポートフォリオを作ったらいいの?

いつからポートフォリオを作ったらいいの?

もちろん採用面接に合わせて作っても問題ありませんが、企業によっては事前に提出を求められることもあるので、いつでも提出できるように準備しておくことが大切です。また、事前に用意することで、周りに確認してもらったり採用面接の練習をしたりすることができます。

しかし、ポートフォリオといっても全部使い回しというのは好ましくありません。企業や求人によって、「ここの会社はグラフィック寄りだ」と思った場合、グラフィック系の作品を多めにいれたり、Webデザインなら実際に作ったWebサイト系のものを多めに入れたりと、Webデザイナーとして制作にも工夫することが採用時のポイントにもなります。

プロフィールに書くべき基本項目

プロフィールに書くべき基本項目

ポートフォリオは作品を見てもらうことはもちろん、自分自身についても知ってもらう必要があります。いくらクオリティの高いデザインをする人でも、人間性に問題があれば採用されることはありません。

「私は安全な人間です」とアピールするためにも、作品を紹介する前に、自己紹介のスペースを作成しましょう。

  • 基本情報

氏名・顔写真・生年月日(年齢)など基本情報を記載します。
履歴書と重複する基本情報ですが、わかりやすくグラフにするなどしてデザイン力をアピールする場所でもあります。

顔写真を載せることで、ポートフォリオに信ぴょう性を持たせられます。

  • 学歴・職歴および職種

学歴は基本的に記載しますが、履歴書のように細かく記載する必要はありません。流し見されてしまう可能性があるためです。
また、過去に勤務していた会社であっても守秘義務を設けている場合があるので、社名を記載する場合はよく調べてからにしましょう。

  • 連絡先

現住所、電話番号、メールアドレスなど、連絡先を明記します。
連絡先の取り扱いに関しても、個人情報になるので、Webのポートフォリオの場合は注意が必要です。

  • スキル

使用可能なOSやツール、アプリケーションなどを細かく記載します。
Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなど、ツール別に使用歴・使用程度を明記することで、即戦力アピールが可能です。
他にも持っている資格やビジネス面でのスキルなどを記載して、自分を売り出しましょう。

  • 自己PR

ポートフォリオは具体的かつ簡潔であると、読み手も抵抗なく読み進められます。
文章で200〜300文字程度の自己PRをして、企業側の印象に残しましょう。
「デザイン講座の講師をしていた」など具体的である・没個性的になりすぎない・伝えたいことが明確でなければ、流し見されてしまう可能性があります。
なにを考えて制作しているか、信念があるかを説得的にしっかり伝えましょう。

ポートフォリオの重要ポイントを押さえよう

ポートフォリオの重要ポイントを抑えよう

ポートフォリオで大切なことは、相手に見せるということです。もちろん自分の作品のアピールをすることは大切です。しかし、相手はデザイナー。一番何が大切になるのか、よく考えてから作成することが必要となります。

企業によっては、1日に何十冊もポートフォリオが届くこともあります。ありきたりなものだと、面接担当者や、デザイナーの方の目にはとまりません。しっかりと相手に合わせたポートフォリオを作成しましょう。

作り方のポイントを押さえていきます。

他人にポートフォリオを見てもらおう

美しく作りつつも、自分のオリジナリティを出しつつ、人に見せるためのポートフォリオを作ることが重要です。少し難しいですが、何度も作り周りの人に見てもらうことにより、良いものが出来上がっていくはずです。
まわりにポートフォリオを作成している人がいる場合、参考に見せてもらって刺激を得るのもいいですが、影響を受けて自分らしさを見失わないように注意しましょう。

では、就職活動の際、自分の価値や実績を採用担当者にアピールするためには、どのようなポートフォリオを作成すればいいのでしょうか。今回はWebデザインを前提にしたアピール力のあるポートフォリオを作る方法を確認しておきましょう。

分かりやすいサイト作成を心掛ける

クオリティの高いWebデザインとは、ページ内がスッキリ見やすく相手の望む情報が探しやすいサイトのことです。Webデザインの技術力が高くても、相手にとって情報が分かりにくいサイトだと採用担当者の評価は下がってしまいます。

また、つい自分の好きなように作成しがちですが、作成したサイトを閲覧するのは、前情報をなにも持たない赤の他人ということを忘れてはいけません。作品の文章や内容で説明不足にならないよう、相手に充分な情報が伝わるように心がけましょう。

あなたの顔写真も強みになる

あなたの顔写真も強みになる

プロフィールに自分の顔写真を入れていると信頼性が上がります。また、同時にインパクトも大きくなります。人の目を引くポートフォリオサイトの多くは、作成者自身の顔写真を、デザインの一要素として取り入れていたり、プロフィールページに記載したりしているのがわかります。

自分の長所をアピールする

学校や会社などでの受賞歴や実績、これだけは周りに負けないと思っている自分だけの長所や強みを、しっかり相手にアピールすることも重要です。しかし、情報をただ全て記入するのではなく、相手に合わせて必要な情報を取捨選択しながら作成しましょう。取捨選択する中でも、自分がWebデザイナーとして一番自信のある部分をはっきり伝えられるポートフォリオを作りましょう。

遊び心を入れてデザインを楽しむ

ポートフォリオサイト自体の完成度はもちろんですが、フォントや構成・色や画像など様々なもので遊ぶ余裕があるだけでも、相手の印象は大きく違います。しっかりとサイトを作った上で、自分の個性や強みをデザインでアピールしても良いでしょう。周りと差をつけるためにも、自分らしい唯一無二のデザインを作ってみてはいかがでしょうか?

ポートフォリオは紙媒体も用意する

WebデザイナーやWebクリエイターであっても、実際に作成したポートフォリオを印刷して、冊子状にまとめるなどしたポートフォリオを準備しましょう。PCなどの電子機器がなくても、面接の場で内容を把握できるので相手から見ても好印象です。

ポートフォリオはプロフィールのひとつ

ポートフォリオは自分自身を正しく評価してもらうためのプロフィールのひとつです。履歴書で今までの経歴や趣味などをアピールするように、ポートフォリオでは自分のデザイン力や技術力をアピールすることができます。本記事で紹介したポイントを押さえたポートフォリオを作成し、正しい評価を得られるようにしましょう。

制作でお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナー制作
バナーlefty
バナー制作
バナー総合
バナー制作
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事