ブランドコンテンツ広告とは?出稿のメリットから、設定までをわかりやすく解説

ブランドコンテンツ広告とは?出稿のメリットから、設定までをわかりやすく解説

デジタル社会の中、大きな影響のあるインフルエンサーの投稿。投稿を見て行動した人もいるのではないでしょうか。この記事では、インフルエンサーが企業とタイアップし、投稿するアドマーケットについて解説します。

ブランドコンテンツ広告とは?

ブランドコンテンツ広告とは?

画像引用:https://business.instagram.com/a/branded-content-ads?locale=ja_JP#products

※下部テキストは筆者が追記

ブランドコンテンツ広告とは、Instagram広告のサービスとして2019年の6月に開始されました。世界中で活用され、広告効果が高い配信として注目されています。配信方法は、クリエイター(インスタグラマーや有名人)などのInstagram投稿に企業が自社広告として配信することができます。企業はクリエイターの投稿を自社の広告として配信することができ、インスタグラマーは自身が投稿したものを企業広告としていろいろな人に配信してもらえるため、お互いにメリットがあります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

ブランドコンテンツ広告を出稿するメリット

ブランドコンテンツ広告を出稿するメリット

広告主側がクリエイター(インフルエンサーや有名人)、メディア企業や団体(パブリッシャー)などとタイアップし、実際の投稿を利用してブランドコンテンツ広告の配信を行うことで次のようなメリットがあります。

影響力のあるインフルエンサーを利用してターゲットへと情報発信ができる

企業が配信する広告では伝わりにくいことでも、クリエイターの情報発信を利用して広告を配信することで、クリエイターをフォローしているユーザーや新規ユーザーにリーチしやすくなります。インフルエンサーが発信する情報は絶大な信頼があり、ターゲットに効率よくアプローチ(リーチ)できるのがメリットです。

事前にブランドコンテンツ広告の設定をしておけば、確認や手間など不要

投稿前にブランドコンテンツ広告の設定をすれば、自動的にクリエイターと企業との関係性がはっきりされるため、「タイアップ投稿タグになっているか」「ステルスマーケティングになっていないか」といった確認がいらなくなります。また、クリエイター側への啓発を行う手間もいらなくなりました。

Instagram公式分析ツールで投稿の効果を測定

Instagramの公式分析ツール「インサイト」で、リーチ数やアカウントフォロワーの年齢層、男女比率、地域などの分析データや、クリエイターの投稿に対し、どのような時間帯に行動しているのかを分析できます。

分析ツールは、アカウント登録している本人しか見ることができませんが、ブランドコンテンツ広告でタグ付けされた広告主なら閲覧することができます。投稿の効果の測定のしにくさは、インフルエンサーマーケティングでは常に課題になります。分析ツール「インサイト」によってある程度解消されることでしょう。

ブランドコンテンツ広告を利用するために必要な設定方法

ブランドコンテンツ広告を利用するために必要な設定方法

ここでは、ブランドコンテンツ広告を利用するために必要な設定の手順の事例など画像を使って解説します。

クリエイター(インフルエンサーや有名人)やメディア企業や団体(パブリッシャー)が行う設定

クリエイター(インフルエンサーや有名人)やメディア企業や団体(パブリッシャー)が行う設定(1)

Instagramアカウントのサブメニューから「設定」を選択。

次に、設定画面から「ビジネス」を選択し、ビジネス画面から「ブランドコンテンツ」を選択します。

クリエイター(インフルエンサーや有名人)やメディア企業や団体(パブリッシャー)が行う設定(2)

ブランドコンテンツの承認画面から「ビジネスパートナーのタグ付け」の項目で「承認が必要」の箇所がONになっていることを確認し、「承認済アカウント」を選択。該当する企業のInstagramアカウントを選択したら、承認を送ります。

広告主側が行う設定

広告主側が行う設定(1)

まず、Facebook広告のアカウントと紐づいているInstagramアカウントのサブメニューから「設定」を選択。次に、設定画面から「ビジネス」を選択し、ビジネス画面から「ブランドコンテンツ」を選択します。ブランドコンテンツの承認画面から「ビジネスパートナーのタグ付け」の項目で「承認が必要」の箇所がONになっていることを確認します。

広告主側が行う設定(2)

広告主側のFacebook広告マネージャから既存の投稿を使用のタブから「投稿を選択」を選択し、クリエイターが投稿した投稿一覧が表示されます。使用したい投稿を選択し、「次へ」をクリックすればクリエイターの投稿にInstagram広告として利用することができます。設定自体は簡単ですが、設定はWebサイトでは設定ができないため、スマートフォンアプリで設定を行います。

ブランドコンテンツ広告の表示され方

ブランドコンテンツ広告の表示され方

画像引用:https://about.fb.com/ja/news/2019/06/branded_content_ads/

※赤枠は筆者が追記

実際のブランドコンテンツ広告の表示のされ方は、投稿画面のInstagramアカウント下部に「Sponsored(広告)」、「いいね」の下部に「Paid partnership with XXX(XXX(広告主名)パートナーシップ投稿)」と表示されます。ストーリーズ広告の場合はInstagramアカウント名のすぐ下に「Paid partnership with XXX」と表示されます。

現在、フィード、ストーリーズ、発見タブのどれかに投稿されているオーガニック投稿を広告として配信することができます。

社会的に問題となったステルスマーケティングの解決になるか

社会的に問題となったステルスマーケティングの解決になるか

企業の商品やサービスをInstagramで宣伝することを広告行為といい、ユーザーに対して「広告ですよ」と伝える必要があります。しかし、自分は自然と商品やサービスを利用しているように宣伝するケースを「ステルスマーケティング」といい、社会的に問題になっています。

ブランドコンテンツ広告は、クリエイター(インフルエンサーや有名人)と企業との関係性をはっきりさせ、ステルスマーケティング(ステマ)防止のために活躍し、媒体としての透明性が高まると考えられます。

今後のブランドコンテンツ広告の発展性

今後のブランドコンテンツ広告の発展性

最近では、広告を使ってキャンペーンやブランディングを行っても、一般ユーザーに反応されづらく感じていることも少なくありません。Instagramの投稿を通じて商品購入をするといった行動も増えています。これからは、ブランドコンテンツ広告などのインフルエンサーを通して商品の魅力を紹介していくような事が多くなるのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事