情報収集を効率よく行うためにおさえておきたいポイントを紹介!

情報収集を効率よく行うためにおさえておきたいポイントを紹介!

ビジネスマンにとって、情報収集をする能力はとても重要なものになります。常に最新の情報をインプットし、仕事に活かしていくことが求められます。今回は効率よく最新の情報を取り入れていくためのコツを紹介します。

情報収集がうまくいかない人の特徴とは?

情報収集がうまくいかない人の特徴とは?
まず、情報収集が苦手な人の特徴を考えてみましょう。最新の情報を集めることが難しいと感じる人には共通する項目があります。情報収集に対する考え方や方法に、根本的な間違いがあるケースが多いのです。これから紹介する項目を見てみたうえで、自分自身に当てはまるものがないか、じっくり考えてみてください。

1.情報に優先順位をつけない

情報に優先順位をつけない
特にビジネスにおいては、情報に優先順位をつけることは、行動を決定するために必要です。会社にとって重要な情報かどうかという判断基準を持たずに、全ての情報を均等に保存しようとしている人も多く見受けられます。しかし、それは上手な情報収集方法とは言えません。必要な情報だけを確実に収集することが必要です。

2.メモするだけで満足してしまっている

メモするだけで満足してしまっている
今必要では無い情報も、メモしたりして大事に保存する。メモをすること自体にも時間がかかっていることを考えずに、ひたすらに情報集めに注力することは無駄な行為です。会社にとって利益を生む行動は、情報を集めることではなく、情報を活かしてクライアントへ企画提案するなどの、現実に作用する行動です。情報を集めるだけでは、売上や利益はアップしないのです。

3.集めた情報の整理が出来ていない

集めた情報の整理が出来ていない
聞いた話や情報を、頭の中だけに留めている人も多いようです。集めた情報で頭がいっぱいになり、結果、冷静な判断ができなくなります。覚えておこうとするばかりに、今やらなくてはいけないことに集中できない状態も頻繁に発生します。人の記憶は曖昧なものです。留めておいた情報の精度も、時間が経つにつれ落ちていくでしょう。メモをとることや、写真に記録として残すことは非常に重要なことなのです。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

そもそも情報収集の手段って何があるの?

そもそも情報収集の手段って何があるの?
近年、テクノロジーの進化により「最新」と言われる機器・常識・テクノロジーは目まぐるしい勢いで変化するようになりました。仕事がデキる人は最新の情報をいち早く取り入れ、自らの仕事の効率化に活かしていきます。一方で情報収集能力のない人は、変化についていけず差をつけられる一方となってしまうのです。

情報収集には、たくさんの手段があります。

少し前で言えば

・テレビ

・新聞

・ラジオ

・雑誌

などがメインの情報収集源だったかと思います。しかし、現代のメインの情報収集源はWebです。オンライン上にこそ大量の情報があり、そこから自分が求める情報をうまく抽出する能力が必要になります。GoogleやYahooでのWeb記事検索だけでなく、ニュースアプリや個人のブログ、YouTubeにもたくさんの情報が溢れています。

Webで情報収集する際のポイントとは

Webで情報収集する際のポイントとは
例えば「転職する際に情報収集する場合」を例に考えてみましょう。転職する際は、転職サイトに登録し、エージェントからの情報を待つという方が多いでしょう。その際、転職サイトで思いつくものは何がありますか?

例えば、マイナビ・リクナビ・エン転職などがCMやWeb広告を配信しており、有名どころかと思います。そしてWebでの情報収集のポイントが、「他にも転職サイトはないだろうか?」と疑ってみることが重要なのです。

例えば「都内 ベンチャー 転職 サイト」などで調べてみましょう。すると、おすすめ転職サイトのまとめ記事などが出てきます。ここで初めて、各サイトを見比べてみて、自分の求めるものにあったサイトを探していくのです。

また、新しい会社の入社試験に突破できるように、入社したい会社が求める人物像なども調べていく必要があります。その際は、入社希望企業の採用サイトを見たり、社長のインタビュー記事を読んだりします。Webでの情報収集は、情報が溢れているからこそ、自分で仮説をたてたうえで、検索キーワードを絞り込んでいく作業が重要なのです。

情報収集をする際に大事な考え方とは?

情報収集をする際に大事な考え方とは?
Webに限った話ではないのですが、情報収集する際には大事にしておきたい考え方やコツがいくつかあります。日頃から情報収集をうまくやっており最新のものに詳しい人は、情報収集のコツをしっかり認識できていることが多いです。身に付けるまでに少し時間がかかる可能性はありますが、毎日意識することで身に付けていきましょう。

1.情報の全体像から捉える習慣をつける

情報の全体像から捉える習慣をつける
情報収集をする場合には、細かい部分から詰め込むのではなく、全体像をとらえる意識を持ちましょう。例えば、本であればまず目次や見出しを見て、見ている本が何を伝えたいのかを捉えてから読むと、読むスピードも上がり、逆に細かな説明も理解しやすくなります。

 

2.情報収集に完璧を求めない

情報収集に完璧を求めない
情報を集める目的は、自らが行動を起こす判断材料にすることです。今の時代、集めようと思えば際限なく情報を集めることができてしまいます。覚えておきたいのが、情報収集が会社の売上を作るわけではありません。あくまでも成果を得るための武器の一つと考え、必要な情報を、どの程度まで集めるのかの基準を設定するとよいでしょう。

3.目的別に情報収集元を決める

目的別に情報収集元を決める
情報を効率よく入手することを求めるのであれば、情報入手先を自分なりに決めておきましょう。やみくもにネットで関連する先を閲覧するより、金融情報はヤフーファイナンス、地元のニュースは地方紙、新しいビジネスサービスの情報は日経新聞のウェブサイトと決めておけば、情報を探す手間と時間が省略できます。

情報の入手先を決めておくと、余計な情報に惑わされずに素早い行動に繋がり、時短にもなるのでメリットと言えます。世の中の多くが知りえる情報とは別に、業種によって必要な専門情報は異なります。投資家の方であれば、市場参加者の動きや株式市場の動向、現在の株の価格は必ず知っておくべきですよね。自分の脳に記憶できる量には限りがあることを意識して、仕事に必要な情報を逃さず入手できるようにしてください。

情報収集力を高め優秀なビジネスマンになろう

現代では情報が溢れているからこそ、情報の選択、および正しい情報の収集が難しい時代になったと言えます。求めている情報の入手方法、そこから自分の理解へ落とし込んでいく方法を確立していく必要があります。情報収集力を高めれば、目まぐるしく変化する情報社会の中で生き残れる、優秀なビジネスマンになれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事