プロダクトアウトとマーケットインの違いとは

プロダクトアウトとマーケットインの違いとは

WEBでのマーケティングには欠かせない概念である、プロダクトアウトとマーケットインの違いをご存知でしょうか。今回は、プロダクトアウトとマーケットインの違いと、メリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

プロダクトアウトとは

プロダクトアウトとは

プロダクトアウト(Product out)とは、企業主体で商品の企画から開発、製造、最後に提供までを実行する考え方であり、実際に行動することです。「買い手(顧客)のニーズよりも、作り手の計画やロジックを優先させる」という考え方です。「良い製品であれば顧客に売れる」という発想で、自分の会社の強みや独自の技術を生かした商品開発を行うことを指します。

つまりは、製造側第一の考え方です。例を上げるとするならば、高度経済成長期の終盤での日本における、大量生産・大量消費が、この戦略的な考え方に該当するでしょう。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

マーケットインとは

 マーケットインとは

プロダクトアウトに対して、マーケットイン(Market in)という考え方があります。マーケットインとは、顧客主体で商品の企画から開発、製造、最後に提供まで実行する考え方であり、現在の市場が望んでいるモノを開発・提供していくことを指します。顧客のニーズを理解し、売れるものだけ優先して商品開発していく方法です。

つまり「顧客が欲しているモノだけを売っていく」的な思考方法であり、1990年代後半~2000年代初期の日本で急速に拡大していきました。先述のプロダクトアウトが、「顧客の潜在的な需要」に対応するならば、マーケットインは「顧客の顕在化している需要」に対するアプローチになります。

 

プロダクトアウトとマーケットインのそれぞれのデメリット

プロダクトアウトとマーケットインのそれぞれのデメリット

プロダクトアウトとマーケットインの、それぞれのメリット・デメリットについて分かりやすくまとめて紹介します。

プロダクトアウトとマーケットイン、2つの良し悪しを理解するだけで、自分のマーケティングスキルの向上にも繋がります。自社の製品やサービスが、プロダクトアウトが良いのか、マーケットインが良いのか、しっかりと理解していきましょう。

 

プロダクトアウトのメリット

プロダクトアウトのメリットを紹介していきます。

メリットは、以下の3点になります。

1.企業のもつ独自の技術力や強みを発揮できる

2、他社にはない商品を作れば大ヒットの可能性

3、余計な費用がかからない

以上を説明していきます。

 

1、企業のもつ独自の技術力や強みを発揮できる

プロダクトアウトは、製造側が良いと思うプロダクトや、製造したいものを製造して売るという思考方法がベースとなります。「つくりたいもの」とは、独自のアイデアをベースに考えたものや、製造側の得意とする独自技術や強みによって製造する製品のことです。

 

2、他社にはない商品を作れば大ヒットの可能性

戦略でプロダクトアウトをもって商品を開発した場合、今まで市場になかった商品を製造できることも考えられます。全く新しい商品を販売するとなると、作った商品が売れるどうかは予測が不可能ではありますが、その一方で大ヒットする確率も充分にあるといえます。

 

3、余計な費用がかからない

製造側の強みや独自技術を使って製造するので、ニーズ調査や社内で部門を新しく作るなどの工数やコストが省けます。

 

プロダクトアウトのデメリット

プロダクトアウトのデメリットは、以下の2点になります。

1、市場の需要に合わないものは売れない可能性がある

2、商品が売れない場合は分析が必要

以上を説明していきます。

 

1、市場の需要に合わないものは売れない可能性がある

プロダクトアウトでは、市場のニーズに対応したものを提供できない場合もあります。顧客のニーズに合わないものを提供した場合、予想通り売り上げがあがらない可能性も十分出てきます。何か新しい商品を企画から製造、販売するには費用が大きくかかりますので、もし市場で受け入れられなかった場合は、多くの損失が出てしまう可能性があります。

 

2、商品が売れない場合は分析が必要

もし、商品が市場で売れない場合、詳しく分析し原因がどこにあるのかを考えましょう。商品そのものが市場のニーズに合っていないのか、それとも広告の方法やPR方法に問題があるのかなど、広い視点で客観的に分析することが大切です。しかし、多くのお金と工数が必要になってきます。

 

マーケットインのメリット

マーケットインのメリットを説明していきます。

メリットは以下の2点になります。

1、顧客のニーズに合ったものを提供できる

2、売上の予想がしやすい

以上を説明していきます。

 

1、顧客のニーズに合ったものを提供できる

マーケットインの場合、事前にターゲットとなる顧客のニーズを把握しているため、顧客のニーズにあったものを供することが可能です。それにより、また製品を購入したいと思っていただける、リピーターとなる顧客が増え会社への信頼度のアップや期待値の上昇も十分考えられます。

 

2、売上の予想がしやすい

顧客の求めていることを調査できていることから、売上の予想を立てやすいのがメリットの一つです。予想をある程度立てられるということは、会社の経営方針などを計画する上でも助かるケースが多いです。

市場調査によっては顧客層や顧客数なども予想できるので、的確なマーケティングを行うことができます。

 

マーケットインのデメリット

マーケットインのデメリットは、以下の2点になります。

1、必ずヒット商品になるわけではない

2、ブランディングが不安定になる場合がある

以上を説明していきます。

 

1、必ずヒット商品になるわけではない

マーケットインの一番重要なポイントは、市場のニーズにあったものを開発することです。開発した商品がある程度のブームは見込めても、新しさや特徴的なものとして世の中に大ヒットを巻き起こすほどの爆発的な売上は望めないかもしれません。

 

2、ブランディングが不安定になる場合がある

マーケットインでは、時と場合によっては今まで築いてきた企業のブランディングや、商品の方向性とは若干ズレが生じてしまう可能性があります。会社の独自の個性やストロングポイントなどを抑え、顧客の求めている事を第一に考えた結果なのでやむを得ないことではありますが、もし新規の顧客心理をつかむことができたとしても、リピーターを逃す可能性もあります。

 

プロダクトアウトとマーケットインをビジネスで意識していこう!

いかがでしたでしょうか?

今回は、マーケティングには欠かせないプロダクトアウト、マーケットインの違いや、メリット・デメリットについてまとめてみました。様々な選択肢の中で、ベストな方法をとることがビジネスを成功させるカギといえそうです。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーマーケ・制作
バナーlefty
バナーマーケ
バナー総合
バナーマーケ
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事