閲覧履歴が残らないシークレットモード!メリットとデメリットを紹介

閲覧履歴が残らないシークレットモード!メリットとデメリットを紹介

自分以外の人とパソコンを共有する時、閲覧履歴やGoogleChromeに残したログインID・パスワードを見られてしまう確率が高まります。思わぬトラブルを防止する「シークレットモード」についてご紹介します。

シークレットモードとは?

シークレットモードとは?

シークレットモードとは、閲覧履歴やオンラインフォームに入力したログイン時のデータが自動的に削除されるGoogle Chromeの機能です。パソコンのWebブラウザだけではなく、AndroidやiPhoneなどの携帯端末でもGoogleアプリをインストールすることによって使用できます。

Google Chromeだけではなく、FirefoxやSafariにもシークレットモードがあります。Safariでは「プライベートモード」、Firefoxでは「プライベートブラウジング」と呼びます。

App Store:インストール

Google Play:インストール

パソコンでのシークレットモード利用方法

パソコンでのシークレットモード利用方法

パソコンでGoogle Chromeのシークレットモードを開くには、ブラウザの右上にある設定メニューから開きます。右上の3つの点が並んでいるところをクリックすると設定メニューが開くので、さらにそこに表示される「シークレットウィンドウを開く」の部分をクリックしましょう。または、Windowsならキーボードの「Ctrl +Shift+N」、Macなら「command+Shift+N」のショートカットキーでもシークレットモードを開けます。

シークレットモードを解除する場合は、ブラウザの右上にある閉じるボタン「×」をクリックすればOKです。

スマホでのシークレットモード利用方法

シークレットモードはパソコンだけでなく、AndroidやiPhoneなどのスマホ、iPadといったタブレットでも利用できます。ここではiPhoneでシークレットモードを使う場合の各ブラウザでの使い方を説明します。Androidスマホの場合でも、ほぼ同じ手順です。

Chromeでのシークレットモード利用方法

Chromeアプリを起動してから3つの点が並んでいるアイコンをタップします。表示された「新しいシークレットタブ」をタップするとシークレットモードが開けます。

 

Firefoxでのシークレットモード(プライベートブラウジング)利用方法

Firefoxアプリを起動してから右下のタブアイコンをタップします。左下のマスクボタンをタップするとプライベートブラウジングを開くことができます。

Safariでのシークレットモード(プライベートブラウズモード)利用方法

Safariアプリを起動してから右下のタブボタンをタップします。左下の「プライベート」をタップすると、プライベートブラウズモードを開くことができます。

iPhoneにはSafariが標準で搭載されています。アプリダウンロードの手間がないため、初心者の方はまずSafariでシークレットモードを開いてみてはいかがでしょうか。

シークレットモードのメリット

シークレットモードのメリット

シークレットモードを使用する上でのメリットは、主に「情報がパソコンに残らない」ということです。ログイン情報や検索したワード、閲覧したページの履歴などが残らないため同じ端末を使う別の人にどんなページを見ているかなどが分かりません。

検索履歴の自動削除

シークレットモードでブラウザを閉じると、閲覧していたページ履歴が自動的にブラウザから削除されます。そのため、他人に見られたくないページを閲覧する際に役立ちます。また、日本でポピュラーな検索エンジンであるGoogleとYahooの違いについてはこちらに記述しましたので、是非ご覧ください。

GoogleとYahoo!の検索エンジンの違いを徹底解説!シェア率が高いのはどっち?

Cookieの無効化

Cookieとは、ユーザーが訪れたサイト数や関連する情報を、ウェブブラウザに自動で蓄積していく来歴情報のことです。本来はユーザーの意思に関係なく蓄積されますが、シークレットモードによって無効化できます。しかし、あくまで自身のパソコンに保存されないだけで、アクセス先のサイト・プロパイダに情報が保存されない訳ではありません。

ログイン情報の削除

通常、Googleでウェブサイトにログインすると「このサイトに入力した情報を保存しますか?」と表示が出現します。「はい」を選択すると、パスワードがGoogle Chrome上に保存され、次回ログインする際に前回ログインしたIDとパスワードがフォームに入力された状態で表示されます。しかし、自分以外の第三者がパソコンを触る場合、自分のログイン情報を簡単に入手できてしまう危険性があります。

パソコンを他人と共有する可能性がある場合、シークレットモードならばログイン情報は保存されません。また、普段使うブラウザに保存しているログイン情報も第三者に漏洩することはありません。

SEO対策にも有効

Google検索は、ユーザー別に、

  • ソーシャルでの繋がり
  • ユーザーが検索を行った所在地
  • 過去の検索キーワード
  • 過去にクリックしたリンクや訪れたサイト

を元にそれぞれ検索結果を最適化しています。これを、パーソナライズド検索といい、ユーザー個々の興味や関心に合わせた表示を行います。デメリットとして、自分のサイトの検索結果順位に影響が出るため、本来の順位が分からなくなってしまします。本来の検索結果順位を確認したい場合は、シークレットモードを利用するか、もしくは、検索順位計測ツールを利用するのも手段の1つです。

同じサイトに別々のアカウントから同時にログインできる

例えばGmailで1人が複数のアカウントを利用する場合、通常だとその都度Googleアカウントの切り替えが必要です。

しかし、Googleアカウント切り替えの手間を省きたい場合、シークレットウィンドウを2つ開くことで解決できます。同時に異なるアカウントでのログインが可能となります。これらはサイト編集の際にも役立ちます。異なるウィンドウを開き、1つのウィンドウで編集を行いつつ、もうひとつのウィンドウで編集結果を同時に確認したりすることができます。

シークレットモードを使用する上でのメリットは、主に「情報がパソコンに残らない」ことです。検索した用語や閲覧したサイトの履歴、ログイン情報などが残らないため、同じパソコンを使う別の人にどんなページを見ているかなどがわかりません。

シークレットモードのデメリット

シークレットモードのデメリット

利点の多いシークレットモードですが、デメリットもあります。ログイン情報の保存ができないため、毎回ログイン情報の入力が必要です。機密性の面ではメリットですが、手間が増えることを考えるとデメリットにもなります。

また、一度シークレットタブを消してしまうと、復元ができません。通常ですと、ショートカットキー「Ctrl+Shift+T」を押すことで復元ができます。しかし、シークレットモードでは履歴が残らないため、先程まで閲覧していたサイトが分からなくなってしまいます。うっかり間違えてタブを消してしまうことが無いよう注意が必要です。

シークレットモードの注意点

シークレットモードの注意点

シークレットモードは、匿名でインターネットを利用できるということではありません。あくまでブラウザに履歴が残らないというだけで、インターネットプロパイダや、アクセスしたサイトには履歴が残ります。それを元に、使用者の情報や身元を解析することも不可能ではありません。ネットの掲示板に不適切な投稿を行い、警察による履歴調査で身元が特定され逮捕につながったというケースも多くあります。

また、シークレットモード利用時にダウンロードしたファイルは、ブラウザには残りませんが、パソコン上のフォルダには残ります。第三者がパソコンを共有する場合、ファイルを開いたり確認したりすることができます。ブックマークについても、通常のブラウザ、シークレットブラウザ共に共通です。シークレットモード時に行ったブックマークは通常のブラウザでもブックマークされています。

シークレットモードでもアクセス履歴が残る点に注意が必要

シークレットモードでもアクセス履歴が残る点に注意が必要

シークレットモードは、第三者とパソコンを共有する場合機密性やプライバシーを守るためには効果的です。ログイン情報や閲覧の履歴、Cookieが保存されないため第三者からは自分がどのサイトを閲覧していたか分かりません。ただし、「絶対にばれることはない」、「匿名での利用ができる」というわけではない点に注意しましょう。

LINEで送る
Pocket