マルウェアとは?感染時の症状や感染予防法について解説

マルウェアとは?感染時の症状や感染予防法について解説

マルウェアとは、悪意のあるプログラムやソフトウェアの総称を指します。ネットワークなどを介してパソコンやスマホなどのデバイスに侵入し、デバイス上で不正かつ有害な動作を行うために作成されます。マルウェアに感染してしまうと、個人情報や企業の機密情報が抜き取られるなどの危険性があります。

現代では、パソコンやスマホが広く普及し、それらのデバイスを使ってインターネットを利用しています。情報を容易に得られたり、連絡がスムーズになったりして大きなメリットがある一方で、マルウェアに感染するリスクが広がっています。

この記事では、マルウェアについての概要、感染が疑われる症状や感染しないための予防法について解説します。

マルウェアとは?

マルウェアとは?

マルウェアとは、malicious(「悪意のある」という意味の英単語)とsoftware(ソフトウェア)を組み合わせたIT用語です。冒頭でもお伝えした通り、ネットワークなどを介してデバイスに侵入し、デバイス上で不正かつ有害な動作を行うために作成された悪意のあるプログラムやソフトウェアのことを指します。

マルウェアにはウイルスやトロイの木馬などさまざまな種類があるので、種類ごとにどのような特徴があるのか解説します。

マルウェア一覧

マルウェアの種類と特徴を下記の表にまとめました。

マルウェアの種類 特徴
ウイルス 拡張子が「.exe」「.com」のファイルに潜んでいることが多く、そのファイルを開くことで感染する。
ランサムウェア ランサムは英語で「身代金」という意味がある。

ランサムウェアに感染すると、デバイスが操作できなくなったり、データを盗まれたりし、正常化させることと引き換えに金銭を要求される被害が起こる。

ワーム ウイルスのように他のファイルやプログラムを必要とせず、単独で存在することができるマルウェア。

システムの脆弱性を利用して、インターネットやメールの添付ファイル、ファイル共有ソフトなどを通じて、デバイスからデバイスに拡散する。

トロイの木馬 ウイルス対策プログラムなどの無害なアプリケーションを装ってユーザーにダウンロードさせる。起動すると個人情報の盗難などが実行される。
スパイウェア ユーザーが気付かない間に、デバイスにインストールされ、個人情報やパスワード、閲覧履歴などのさまざまな内部情報が勝手に外部に送信される。
バックドア バックドアは英語で「裏口」「勝手口」を意味する。

攻撃者がデバイスに不正侵入するための入り口を作るためのプログラムが組み込まれているソフトウェア。

アドウェア 望まない広告が表示されたり、閲覧履歴が収集されたりする。
ボット 遠隔地からリモート操作をできるようにするマルウェア。

このように、マルウェアにはさまざまな種類があり、被害もさまざまです。ネットワークに接続されているデバイスは、いつでもマルウェアの脅威にさらされていると言っても過言ではありません。

マルウェアの感染経路

マルウェアの感染経路

マルウェアにはさまざまな種類があるように、感染経路もさまざまです。どのようなタイミングで感染するのかを知っておくことで、感染予防につながります。

マルウェアの感染経路には、主に以下のようなものがあります。

・メール
・Web経由
・クラウドストレージ
・ファイル共有
・外部メモリ

では、マルウェアの主な感染経路について、解説します。

メール

メールを利用した感染経路は、主に以下の3つがあります。

メールの閲覧やプレビュー

メールを閲覧したり、プレビューしたりするだけで感染してしまう場合があります。
HTML形式のメールはWebページと同じ言語を用いて書かれているので、メールを開くだけでウイルスに感染する場合があります。また、プレビュー表示しただけでも感染する可能性もあります。

添付ファイルを開く

メールに添付されたファイルを開くことで感染する場合です。
最近では取引先を装った内容のメールを送り、添付されたファイルを開くよう誘導し、感染させる手口もあります。

本文中のURL

ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺とも呼ばれる、メールの本文に記されたURLをクリックさせて感染させる場合です。
例えば、金融機関を装い、Web上で口座の暗証番号を変更するよう促し、URLをクリックするよう仕向ける手口があります。

Web経由

Webを経由した感染経路は、主に以下の2つがあります。

Webサイトの閲覧

マルウェアが組み込まれているWebサイトを開いた場合、閲覧しただけでマルウェアに感染してしまう場合があります。
また、正規のサイトの一部が改ざんされ、アクセス後に外部サイトへリダイレクトし、マルウェアが自動的にダウンロードされるといったケースもありました。

ファイルやソフトウェアのダウンロード

ファイルやソフトウェアのダウンロードと見せかけて、マルウェアをダウンロードさせる場合です。
特に多いのが、セキュリティソフトや節電対策ソフトに見せかけてダウンロードさせ、個人情報を盗難したり、金銭を要求してきたりする手口です。

クラウドストレージ

クラウドストレージ(インターネット上にファイルを保管しておく場所)を利用しているときに、不正にアクセスされたマルウェアに感染してしまう場合があります。
クラウドストレージを導入するときには、厳格なセキュリティで管理されているクラウドストレージを選ぶことが大切です。

ファイル共有

インターネット上には、不特定多数の人とファイルの共有が可能なソフトウェアやサービスがあります。それらを利用していて知らないうちにマルウェアを仕込まれ、感染する場合があります。

外部メモリ

USBメモリなどの外部メモリをパソコンに接続することで、メモリ内に潜んでいたマルウェアに感染する場合があります。

マルウェアの感染が疑われる症状

マルウェアの感染が疑われる症状

マルウェアの感染が疑われる症状には、主に以下のようなものがあります。

・デバイスの処理能力の低下
・デバイスが起動しない、シャットダウンしてしまう
・意図しない挙動が増える

では、マルウェアの感染が疑われる症状について、解説します。

デバイスの処理速度の低下

マルウェアに感染すると、デバイス上でマルウェアが何らかの動作を開始し、ユーザーには見えないところでさまざまな処理をします。これらの処理によって、デバイスに大きな負荷がかかり、処理速度が低下します。

デバイスが起動しない、シャットダウンしてしまう

正常に動作していたデバイスが急に起動しなくなったり、または突然シャットダウンや再起動したりすることが何度も起きる場合は、マルウェアに感染している可能性が高いです。

意図しない挙動が増える

デバイス内のファイルが意図せず削除されていたり、または身に覚えのないファイルが新たに作成されていたりしたら、感染の疑いがあります。
さらに、メールやチャット、SNSなどに身に覚えのないメッセージが送信されている場合も注意が必要です。
また、不審なポップアップ画面が頻繁に表示される場合も感染の疑いがあります。

マルウェアに感染しないための予防法

マルウェアに感染しないための予防法

マルウェアに感染しないためには、日頃から対策を欠かさないことが重要です。
では、マルウェアに感染しないための予防法について、解説します。

セキュリティソフトを最新の状態に保つ

パソコンやスマホを使用している大半の人は、セキュリティソフトなどのマルウェア対策の製品を導入していることと思いますが、それで安心というわけではありません。
マルウェアは一日に100万個以上生成されていると言われるほど、日々新しいマルウェアが出現しています。ですので、日頃から製品のアップロードを欠かさず、最新の状態に保つことが重要です。

不審なメール・添付ファイル・URLをクリックしない

メールの送信者やアドレスに不審な点がないかをしっかり確認してから、メールを開くことを心がけましょう。
不審なメールは、閲覧するだけでワームに感染する危険があるので、注意が必要です。

アプリケーションソフトは正規の小売店やWebサイトで購入する

アプリケーションソフトは、有名な企業のソフトウェアを正規の小売店やWebサイトから購入、またはダウンロードするようにしましょう。
また、アプリケーションソフトのレビューを参考にして、購入することもおすすめします。

マルウェアについて知ることが対策の第一歩

マルウェアとは、悪意のあるプログラムやソフトウェアの総称を指し、ウイルスやトロイの木馬などさまざまな種類があり、被害もさまざまです。
マルウェア感染を他人事と捉えるのではなく、自分にもいつでも起こりえると認識しておくことが重要です。
マルウェアについて知ることが、マルウェア対策の第一歩と言えます。

 

マルウェア・ウイルスに関するご相談はこちら

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事