オウンドメディアリクルーティングとは?採用のためにできること

オウンドメディアリクルーティングとは?採用のためにできること

オウンドメディアリクルーティングとは、自社で運営しているメディアを使い、Webマーケティングを活用した採用活動方法です。求人募集を行うにあたり、人事担当者・採用担当者に必要な知識を記事内でわかりやすく説明します。

ジョブディスクリプションを明確にする

ジョブディスクリプションを明確にする
採用サイトを制作・公開し、採用の窓口を広げること、そして企業が求める人材に対して、直接メッセージを発信することにより、『高付加価値人材』の獲得の可能性が高まります。

参考:オウンドメディアとは?初心者でもわかるトリプルメディアの役割

『高付加価値人材』を獲得の可能性を高めるためには、「ジョブディスクリプション」を明確に発信することが大切です。「ジョブディスクリプション」とは、企業側の価値観である職務内容、目的や、目標・責任その他必要な資格や技術の項目で成り立ちます。

「ジョブディスクリプション」を確認した求職者は、企業側の価値観と、自分の価値観がマッチするかを判断して応募するようになるため、企業が求める『高付加価値人材』の獲得に繋がります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

オウンドメディアを活用する理由

オウンドメディアを活用する理由
オウンドメディアリクルーティングでは、自社の運用するメディアを活用し、採用活動を行います。オウンドメディアを活用すると、どのような採用活動ができるのでしょう?

企業の認知度UP

企業の認知度UP
オウンドメディアは、FacebookやTwitterなどのSNSを利用し発信し拡散することで、たくさんの人に企業のことを知ってもらうことが可能です。

オウンドメディアを活用し継続的に情報発信を続ければ、企業の認知度が高まり多く人の間で話題になります。TwitterやFacebookなどのSNSボタンを設定し、Googleなどの検索エンジン以外からも集客できるようになります。SNSボタンの設定によりアクセスが増えることで、より多くの人に企業のことを知ってもらうことができます。

求人広告掲載費用の削減

求人広告掲載費用の削減
求人広告を掲載するには、費用が発生します。自社で運用するオウンドメディアを活用すれば、自社で採用のためのコンテンツを用意するため、高い求人広告掲載費用が発生しません。自社で運用するオウンドメディアを活用することにより、求人サイトなどに掲載するよりも求人広告費用を安く抑えることができます。

自社の魅力を最大限に伝えることができる

自社の魅力を最大限に伝えることができる
自社で運用するメディアは、求人専門サイトやハローワークのように掲載情報が制限されることがないため、自社の魅力を何の制限もなくアピールできるというメリットがあります。

自社スタッフの働いている風景や社内を撮影し、オウンドメディアへ掲載するなど様々なアピールが可能です。自社で運用するメディアでの発信であれば、画像だけでなく動画などを活用し企業の魅力をより知ってもらうことができます。

企業が求める人材と採用応募者のミスマッチが減少

企業が求める人材と採用応募者のミスマッチが減少
オウンドメディアリクルーティングでは、自社で運用するメディアを通して必要なスキル・求める人材の応募を促せるので、企業と採用応募者のミスマッチによる問題が起こりにくいメリットがあります。ミスマッチな応募者のために面接をする無駄な時間を削減でき、採用後のトラブルも減少するため、企業の無駄な対応時間を大幅に削減することが可能です。

オウンドメディアリクルーティングの進め方

オウンドメディアリクルーティングの進め方
オウンドメディアリクルーティングを始めたくても何をすればよいのでしょうか?オウンドメディアリクルーティングの進め方を簡単に確認していきましょう。

企業が求める人材を明確にする

企業が求める人材を明確にしなければ企業と求職者の間にミスマッチが発生します。まずは、企業が採用したいと思う人材を考えましょう。どんな人材を募集するか、その求める人材はどのような内容のコンテンツに興味を持つのかなど求める人材を明確にすることで、採用サイト設計のための方向性が明確になります。

採用のためのサイトを設計する

オウンドメディアリクルーティングでは、自社が運用するWebサイトが必要です。求める人材に興味を持ってもらうためにも、Webサイトの設計が必要となります。

採用サイトは、興味を持ってもらうため、企業を知ってもらうための記事などの更新が必要なため、簡単に更新ができるようにCMSを導入することをおすすめします。Webサイト構築の知識がなくても、簡単な操作で記事の投稿が可能になります。

参考:CMSの選び方や導入する時のメリットとデメリットを説明

採用のための記事やページを作成する

サイト設計が完了したら、採用のための記事やページ作成していきます。スタッフの働く姿や、インタビュー、企業の福利厚生などを紹介するなど、いろいろ考えられます。企業で働くスタッフのを情報発信することにより、記事やページを見る求職者は、自身の将来について想像しやすくなるでしょう。

採用サイトのアクセス解析をする

採用のための記事やページを作成し公開ができたら、アクセス解析を活用し訪問者の傾向を確認しましょう。採用サイトの中のどのページがよく訪問されているか、SNSで話題になっている記事やページはないかを確認することで、採用サイトに訪問してくれている人の求めている情報がわかるようになります。

Indeedと連携させ、集客を強化する

Indeedと連携させ、集客を強化する
Indeed Japan 株式会社の運営する求人サイト「Indeed(インディード)」。自社の採用記事やページの集客を強化するために「Indeed(インディード)」を活用することができます。

「Indeed(インディード)」は、クローリング条件を満たすことで自社求人ページとの連携が可能です。クローリング条件は以下の条件となります。

  • HTML形式で作成されているページで、画像やPDFなどのファイル形式ではないこと
  • 業務内容や職種や勤務地など情報がしっかり記載されていること
  • 募集する1職種に対し、1勤務地1URLで作成され、職種ごとにページのURLが分かれていること
  • 連携するページに応募ボタンがあること
  • 連携するサイトへの会員登録やユーザー登録不要で業務内容の詳細を確認したり応募ができること
  • 求職者は課金する必要なく、無料で応募できること

もうオウンドメディアリクルーティングで悩まない!

もうオウンドメディアリクルーティングで悩まない!

自社で運用するメディアを活用し、オウンドメディアリクルーティングを導入すれば、高い費用を支払う必要がなくなります。オウンドメディアを活用すれば、制限されることなく企業をアピールできます。

求職者から選ばれる企業になるためには、スタッフが働きやすい環境であったり、企業の制度の情報を発信し、企業を知ってもらう必要があります。まだオウンドメディアリクルーティングを導入していない企業は、新しい採用方法としてオウンドメディアリクルーティングの導入を検討し求人で悩まない会社作りをしましょう!

LINEで送る
Pocket