htaccessを使ったリダイレクトとは?

htaccessを使ったリダイレクトとは?

サイトのURLが変更になった際にリダイレクト設定を行うことで、古いページにアクセスしても新しいページに移動することができます。htaccessを使った、リダイレクトについてご紹介します。

htaccessとリダイレクト?

htaccessとリダイレクト?

まずは、htaccessとリダイレクトについて確認していきます。

htaccessとは?

Apacheを使用しているサーバーをディレクトリ単位で制御できるファイルのことを.htaccessと呼ばれます。読み方はドット・エイチ・ティー・アクセスです。リダイレクトの他に、Basic認証やアクセス制限や404ページを作成することができます。

htaccessの設置

.htaccessファイルをテキストエディタなどで作成し、ディレクトリに設置することでhtaccess使用した、リダイレクトを行うことができます。.htaccessが及ぶ範囲は、設置したディレクトリとその下層となります。
例:/●●●/に置いた際には、その下層の/●●●/○○○/にも影響があります。

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、Webサイトに訪れた人を自動的に指定した別のサイトへ転送させる仕組みのことです。リダイレクトによる効果は?
例えば、サイトをリニューアルしてもユーザーが前のURLへと訪れてしまうことがあると思います。リダイレクトを行うことにより、ユーザーが前のドメインやページに訪れても自動的に指定した新しいサイトへと転送することができます。サイトを移転した際の手順やリダイレクトについてはこちらの記事を確認してください。

意外と簡単!サイトの移転方法

301リダイレクトと302リダイレクトとは?

リダイレクトにも種類があり、よく目にするのは301リダイレクトと302リダイレクトだと思われます。サイトを新しくした場合は、301リダイレクトを選ぶのが無難です。301リダイレクトとは恒久的に転送をすることで、一時的ではなく、設定してからずっと301リダイレクトを設定したサイトに転送するということです。逆に一時的なものであれば、302リダイレクトを選んでください。

それぞれ使用方法が違うため、自分の目的にあったリダイレクトの対応を選んでください。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

htaccessでリダイレクトする方法

htaccessでリダイレクトする方法

リダイレクトを行うには、htaccessの他に、PHPやJavaScriptなどを使用した方法があります。今回はhtaccessを使うリダイレクトについて焦点を当ててみます。

目的にあったリダイレクトを記述する

自分が行いたいリダイレクトを、作成した.htaccessに記述します。

・ページをリダイレクトを行いたい場合
例:○○○.htmlから●●●.htmlへと移動する場合
RewriteEngine on
RewriteRule ^○○○.html$ https://▲▲▲.com/●●●.html [R=301,L]

・wwwなしにする場合
wwwを統一することでSEOにも効果がでます。
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.▲▲▲.com
RewriteRule ^(.*)$ https://▲▲▲.com/$1 [R=301,L]

・httpsへリダイレクトを行いたい場合
SSL化を行なった際に、httpではなくhttpsへとリダイレクトさせる方法です。
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

R=301と記述することで、301リダイレクトになります。そのため、302と記述することで、302リダイレクトになるので、目的にあったリダイレクトを選ぶように気をつけてください。その後サーバーにアップし、上手くリダイレクトができているか確認をしてください。

リダイレクトが出来ているか確認

上手くいかない場合は、条件などの間違いがないかファイルを確認をしてください。WordPressの場合、上手く動作しない場合がありますので、記述する場所に気をつけてください。リダイレクトが設定できているかは、下記のサイトで確認することができます。

ohotuku.jp

リダイレクトによる効果

リダイレクトによる効果

リダイレクトを利用することにより、ユーザーを新しいURLに転送するだけでなくSEOにも効果があります。

SEOの効果とは?

今までgoogleなどの検索エンジンでサイトに訪れていた人の場合、URLが変わってしまうと検索エンジンに表示されてなくなります。この場合、検索エンジンサイトから訪れるユーザーが減ってしまいます。しかし、リダイレクトを行うことにより古いURLから新しいURLへ訪れることができるので、訪れるユーザー数が減少することは少なくなります。前のサイトで得た評価を引き継ぎたい場合がほとんどだと思います。リダイレクトを行うことにより。古いサイトで得た評価を、新しいサイトに引き継ぐことが可能です。

また、wwwやindexのありなしを統一することもSEOの効果に繋がります。wwwやindexの表示を統一させることをURLの正規化といいます。こちらもhtaccessで対応することができます。評価を引き継ぎたい、wwwやindexを統一させたい、SEOの効果が気になる場合は、リダイレクトを忘れないように気をつけて対応しましょう。

htaccessを使ってリダイレクトをしよう

htaccessを使ってリダイレクトをしよう

htaccessを使ったリダイレクトは比較的簡単に設定できることが分かりました。しかし、設定を間違えるとページだけでなくユーザーやSEOにも影響がでてしまいます。リダイレクトを行う際には意味を理解して、目的にあったリダイレクトを行うように気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事