SEO(検索エンジン最適化)とは?基礎知識を分かりやすく徹底解説!

SEO(検索エンジン最適化)とは?基礎知識を分かりやすく徹底解説!

インターネットを使用していると、「SEO」という言葉をよく耳にしますね。当記事では、「SEO(検索エンジン最適化)ってどういう意味?」と疑問に思われる方にも分かりやすく、基本的な知識から具体的ポイントまで解説いたします。

SEO(検索エンジン最適化)とは

SEO(検索エンジン最適化)とは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略であり、検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンでキーワードを入力し、検索結果ページでホームページが表示される順位を上げる取り組みのことを「SEO(検索エンジン最適化)対策」と呼びます。

日本の検索サイトといえば、代表例として「Yahoo!」と「Google」の2つが挙げられます。日本国内では「Google」が7割「Yahoo」が2割というデータがあります。この2つでSEO対策ができていれば、あなたのSEO対策は成功と言えるでしょう。

さらに、「Yahoo」は「Google」の検索技術を使用しています。「Google」への「SEO対策(検索エンジン最適化)」ができれば「Yahoo」も対策できたことになるのです。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

Googleの検索順位の付け方

Googleの検索順位の付け方(アルゴリズム)

Googleが検索順位を決定する際に用いる評価方法のことを、「Googleアルゴリズム」と呼びます。

自社サイトやブログを公開している多くの方が、集客率や認知度を高めるため、検索順位の上位表示を目標としていることでしょう。

しかしGoogleのアルゴリズムは、検索順位を上げるためだけに、サイトにそぐわない人気ワードや情報を盛り込むようなサイトを評価しません。その場限りの手法では、却って「ユーザーを混乱させる価値の低いサイトだ」と見做され、サイトの順位を下げてしまうのです。

Googleアルゴリズムの変化

Googleアルゴリズムの変化

以前までのGoogleの検索順位は、Googleとサイト運営側の目線で決定されており、少々不適切なキーワード設定でも上位に表示されることがありました。

しかし、現在ではアルゴリズムが変更され、検索順位は「ユーザーにとって価値があるページかどうか」という基準で決定されています。ユーザーが検索によって、望んだ通りのコンテンツにたどり着くことを目標とするように改善されたのです。

つまり、ユーザー目線で良質なコンテンツを作成し、サイトやブログの価値を高めていくことが、最も合理的で効果的なSEO対策となります。常に、ユーザーにとって良いサイトであるかどうか確認し、改良を続けていくことが上位表示を保つ秘訣です。

良質なコンテンツとは?

良質なコンテンツとは?

良質なコンテンツの作成がSEO(検索エンジン最適化)の肝であることは分かりましたが、「良質なコンテンツ」とは具体的にどのようなコンテンツなのでしょうか。Googleでは、「良質なコンテンツ」と判断する基準が明確に記載されています。

Googleにおける「良質なコンテンツ」の基準

・ユーザーが利用しやすいサイト構造・デザインであるか

・ユーザーのニーズに合った有益な内容であるか

・オリジナル コンテンツであり、適切な文章であるか

・ホーム ページのコンテンツボリュームが適切であるか

・安全なサイトであるか

上記の基準を意識してサイトや記事を作成すると、Googleの評価も高まり、ユーザーの利便性も向上します。ユーザーにとって信頼できる価値のあるサイトを作り上げていきましょう。ユーザーからの信頼が獲得できれば、自然と「お問い合わせ」や「商品購入」といった成果の達成にも繋がります。

すぐに始められる!SEO対策の基本

SEO対策(検索エンジン最適化)の基本

最も大切なのは、上述したようにユーザーの求める良質なコンテンツを作成することです。とはいえ、いきなりコンテンツを充実させたり、記事を増やしたりすることは難しいですね。

SEO初心者の方はまず、簡単に着手できる基本のポイントを押さえていきましょう。

・キーワードの最適化

・内部リンクの整理

・画像のaltタグを設定する

・解析ツールの導入

キーワードの最適化

キーワード最適化

キーワードの最適化は、ユーザーに伝わりやすい見出しを設定するというだけでなく、Googleが「このサイトがどういうサイトであるのか」を判定する上でも重要です。キーワードの選定を間違えてしまうと、Googleからの評価が低下し、掲載順位も下がってしまいます。訪問者数にも影響するため、アフィリエイトサイトを作成しようと考えている方も注意が必要です。

Webサイトの場合のキーワード最適化

Webサイトの場合のキーワード最適化

Webサイトであれば、TDKの設定はしっかり行いましょう。TDKとは、Title(サイトのタイトル)・Description(どういうサイトかの説明)・Keyword(サイトのキーワード)のことです。これらの情報を元に検索エンジンはWebサイトの情報を処理します。

また検索エンジンはドメイン名やurlも検索の対象にしています。新しくサイト等を作成する際、ドメイン名とurlのワードにブランド名や会社名を用いて設定するのも有効です。適切なキーワードの付け方やディスクリプションの書き方について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

SEOキーワード選びのポイントをわかりやすく解説

ディスクリプションとは?SEOに効果的な考え方や書き方のまとめ

ブログの場合のキーワード最適化

ブログの場合のキーワード最適化

ブログであれば、記事の見出しに使用するワードや、登録するキーワードをしっかり選定しましょう。はてなブログなどのブログサービスでは、ブログの概要やキーワードが設定できるようになっています。記事の閲覧数を伸ばしたい方は、ご自分の記事の内容をよく分析し、適切なキーワードを設定するようにしましょう。

自分のブログ記事を求めている人が、何のキーワードで検索するか、シミュレーションしてみることも一つの方法です。

内部リンクの最適化

内部リンクの最適化

ネット上のページとページを繋ぐリンクには、内部リンクと外部リンクの2種類があります。内部リンクとは、自分のサイトやブログの中だけで、ページとページを繋いでいるもののことを指します。対して、他の人が作ったサイトやブログから繋がれたリンクのことを、外部リンクと呼びます。

Googleのアルゴリズムでは、外部リンクが多いサイトほど検索順位が上がるようになっています。外部リンクが貼られるということは、他者のサイトから評価を受け、信頼のおける価値のあるコンテンツだとGoogleに認識されるからです。外部リンクを貼ってもらうようなコンテンツを作るためには時間がかかりますので、まずは内部リンクを適切に設定することから始めましょう。

内部リンク最適化のポイント

内部リンク最適化のポイント

外部リンクほどではありませんが、内部リンクが適切に設定されているだけで検索エンジンがページを認識しやすくなるため、十分効果的なSEO対策となります。内部リンクを設定する際に忘れてはならないのが、「関連性の高いページを繋ぐ」ということです。関連性の高いページ同士を繋げることで、ユーザーが求めている情報にアクセスしやすくなるため、Googleの評価を上げることができます。

また、リンクを繋げる際は質の良いページを繋げるようにしましょう。関連性があっても情報量の薄いページでは、ユーザーの欲求は満たせません。ユーザーが自分のサイトに訪れた意図を考えることで、内部リンクを最適な形で設定することができます。

画像のaltタグを設定する

altタグの設定

Googleの検索エンジンは、テキストを読み取ることはできますが、画像データの情報を読み取ることはできません。そこで役立つのが画像のaltタグです。altタグとは、サイト内で使用されている画像が何の情報を持ち、どんな意図で配置されているのかを示してくれるhtmlタグです。

altタグの使用方法

altタグの使用方法

例えば、自社製品である掃除機の画像をサイトに載せる場合は、次のようにaltを設定します。

<img src=”soujiki1.png” alt=”軽量でコンパクトな高性能掃除機!”/>

上記のように設定すると、Googleは「ここには掃除機の画像が載っているんだな」と認識してくれるようになります。画像のalt設定が活躍するのは、Google側が読み取る時だけではありません。例えば、視覚に障害のあるユーザーが読み上げ機能を利用する際にも役立ちます。

解析ツールの導入

解析ツールの導入

SEO対策はユーザーの欲求を理解していく必要がありますが、ユーザーの求めている情報が分からない場合は、解析ツールを導入することも視野に入れてみましょう。最も活用されているのは、Googleが提供するGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスは、Googleのアカウントを持っていれば誰でも導入することができます。Googleアナリティクスでは、ユーザーが自サイトに何を求めて訪れ、どのページに興味を持ったか、何のキーワードで検索したかが簡単に分かるようになっています。

Googleアナリティクスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご一読ください。

GoogleAnalytics入門講座~ナビゲーションサマリーの活用~

ユーザー目線が検索エンジン最適化の鍵

ユーザー目線が検索エンジン最適化の鍵

SEO対策において最も大切な要素は、常にユーザーの目線であるということです。ユーザーにとって有益なコンテンツの作成は、最終的に上位表示に繋がります。そのことを忘れず、SEO対策に取り組んでいきましょう。

LINEで送る
Pocket