戦略と戦術の違いとは?マーケティングで欠かせない2つの単語を解説

戦略と戦術の違いとは?マーケティングで欠かせない2つの単語を解説

戦術と戦略の違いとは一体何なのか?多くの人が違いを説明できないと思います。イメージでは違いが分かるけど、それを言語化できるほど明確に理解していない。今後ビジネスを進めるなかで、戦術と戦略の違いを把握し、どこでどのように使っていくのかが重要になってきます。

戦略と戦術の違いとは?

戦略と戦術の違い

”戦略とは、一般的に特定の目的を達成するために長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術、科学である”(引用:Wikipedia)

一言でまとめると「向かうべき方向性、事業の設計図」です。目的を達成するために何をするのか、効率を上げるために何を取捨選択するのかを全体的に考え、事業の方向性、計画性、などを組み立てる設計図とも言えます。

”戦術とは、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である”(引用:Wikipedia)

つまり、一言でまとめると目的を果たすために選択される「手段」です。戦術は戦略の中の一つの選択肢であり、目的を果たすための具体的な方法をさす言葉です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

マーケティングにおける戦略と戦術の違いとは?

 マーケティングにおける戦略と戦術の違いとは?

マーケティングにおける、戦略と戦術の違いを理解することはとても大切です。更には戦略と戦術の二つの理解をチーム内、更にはクライアントと共に理解していることもとても重要です。違いを理解することによってクライアントの方向性、目的から戦術を立て、立てた戦術から戦略を導くことができるからです。

マーケティングにおける戦略とは

マーケティングにおける戦略とは

戦略とは、目的を達成するための「向かうべき方向性、事業の設計図」です。マーケティングに置ける戦略の意味は、商品や企業のブランディング、サービスの方向性を定めることです。IT関連事業が伸びてきたなかで、インターネットを活用したマーケティング戦略は欠かせない存在となってきています。

市場調査を行い、誰が、いつ、どこで、どのようなものを欲しがっているのかを調査し、自社のサービスや商品を買ってくれる層はどこの誰なのか。他社といかに差別化して進めていくのかという方向性が大切になっていきます主に企業の戦略は売り上げ向上や事業拡大になるかと思われます。

マーケティングにおける戦術とはマーケティングにおける戦術とは

戦略とは企業の向かう方向性を定めることです。企業の定めた方向性にどのようにして持って行くのかが、戦術になります。具体的には、WEB上での売り上げを上げたいためにECサイトを構築することや、広告費をかけてWEB広告を出稿すること等です。

売り上げ向上という戦略を実現するための、戦略は主に3つです。

・顧客の増加

・客単価の向上

・購入回数の増加

この中のどの戦術を選択するか、またはどれとどれを組み合わせていくかで戦術を検討できます。

マーケティングにおける具体的な例

マーケティングにおける具体的な例

マーケティングにおける、戦術と戦略の具体例を示していきます。しかしその戦略に対し、戦術が正しいかどうかも考えていきたいと思います。より深く理解し自分の仕事に活かしていきましょう。

売り上げを上げたい店舗A

売り上げを上げたい店舗A

実店舗を持つ、とある店AがWEBサイトを作れば売り上げが向上するのではないか?と考え、店主がECサイトを作ることを決めました。さらに作るだけではなく、広告の出稿も考え、顧客の増加を狙いました。

「売り上げの向上」、「広告の出稿」、「顧客の増加」この三つの中でいうと、「売り上げ向上」が「戦略」でECサイトの制作、広告の出稿は「戦術」となります。しかし、店Aの顧客になりそうな層がWEBサイトよりも新聞を読む層だった場合、WEB広告出稿より、折り込みチラシなどの方が、「戦術」に対して正しいと考えることができます。

※マーケティング戦略についてはこちらもおすすめ

マーケティング戦略におけるプロダクトライフサイクル理論を詳細解説

しっかりと顧客分析/市場調査をすることが大切

しっかりと顧客分析/市場調査をすることが大切

店Aがどこを目指しているのか、店Aの顧客となっている層はどこなのかをしっかり理解することで、戦術の選び方も変わってきます。よって顧客分析/市場調査を行うことはとても大切になってきます。まず、ターゲットとなる層のペルソナをしっかり立てて、そのペルソナに沿った戦術をとることが大切です。さらにターゲットを絞り込むことで効率よくアプローチすることができるので、広告費などの費用の削減につながります。

顧客分析のポイント

顧客分析のポイント

顧客分析はマーケティングにおいて基本です、大切なポイントは「生のユーザーの声を聞く」ことです。実際に購入してくれたユーザー、これから購入するであろうユーザーの声をきいて、今現在のサービスや商品において他社とどのように比べて、どのような点で期待をしてくれているのかを把握し、分析をすることで大きく失敗する可能性を下げることが出来ます。

さらにこうして、ユーザーの声を分析し、商品に活かすことで、顧客満足度の上昇、リピート率の向上につながります。

戦略と戦術の違いを正しく理解しよう

いかがでしたでしょうか?正しく戦略と戦術を理解して、自社のサービスの展開に活かしていきましょう。そのためには戦略と戦術の違いはもちろん、自社のサービスの強みやユーザーの声をヒヤリング、分析することも重要となってきます。なかなか自社で追えない場合は、広告代理店など専門業者に任せるのも一つの手だといえます。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーマーケ・制作
バナーlefty
バナーマーケ
バナー総合
バナーマーケ
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事