Instagram広告でのアンケート機能とは?使い方や事例を紹介

Instagram広告でのアンケート機能とは?使い方や事例を紹介

Instagramのストーリーズは、24時間限定で短時間の投稿ができる機能です。手軽に投稿でき、多くのユーザーが利用していますが、ビジネスとして広告の掲載に利用されています。今回、新たな機能が追加された「アンケート機能」についてご説明します。

そもそもストーリーズとは

ストーリーズとは?

ストーリーズとは、フィードとは別に、写真などの投稿、ライブ配信が行える機能です。特徴としては、投稿してから24時間で自動的に消去されます。24時間で消える機能により、気軽な情報発信手段として若年層を中心に幅広い世代が利用しています。また、InstagramでのストーリーズはFacebookのストーリーズへシェアが可能です。

ストーリーズ広告は、ユーザーが投稿するストーリーズの間に表示されます。複数の写真や動画をフルスクリーンで、ユーザーに訴求できるのが特徴です。また、ストーリーズ広告は、通常のフィード広告よりも「広告」と認識されづらく、ユーザーに対して自然な形で訴求できます。

ユーザーは、表示された広告に対して興味がない場合、右から左へスワイプ、または右端をタップすれば広告をスキップできるので、広告に対しての不快感は比較的抑えられます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

アンケート機能とは

アンケート機能とは

アンケート機能とは、広告を見たユーザーに対してスタンプを使って、2択の選択式で質問する参加型の機能です。2択なのでユーザーは手軽に参加でき、見るだけでなく小さな動作が加わるので記憶に残りやすいです。

アンケート機能で、「ユーザーの注目を引くことで、メッセージを伝えたい」や「ユーザーに投票を促してキャンペーン企画を実施」、「商品やサービスに対するユーザーへのアンケート調査したい」などユーザーに対して様々なパターンをスタンプを使って訴求ができます。

アンケート機能の設定方法

アンケート機能の設定方法

アンケート機能は下記の手順で、利用できます。手順は少なく、簡単に設定できます。質問などが決まっていれば、5分ほどで設定できるので、手軽にアンケート機能を始められます。注意点として、広告の配置をInstagramのストーリーズのみに設定しないと、アンケート機能は使用できないので、気を付けましょう。

1.配置をストーリーズのみに設定する

配置をストーリーズのみに設定

2.アスペクト比9:16の縦型の画像もしくは最大15秒の動画を設定する

画像のアスペクト比

通常のストーリーズ広告は、アスペクト比1:1の正方形、アスペクト比4:5の横型でも配信できますが、アンケート機能を使う際にはアスペクト比は9:16の縦型の比率なので注意してください。

3.「インタラクティブなアンケートを追加」を選択して、質問などを設定

質問などの設定

参照元:Anagrams Instagramストーリーズ広告に「アンケート機能」が追加投票ステッカーが利用可能に

 

質問文や選択肢、アンケートスタンプの位置とサイズを設定すれば、これで準備完了です。手順は少なく、簡単に設定できるのですぐ試せます。

アンケート機能の注意点

アンケート機能の注意点

アンケート機能の注意点としては、3点あります。まず、アンケートに回答したユーザーが誰なのか、確認することはできません。アンケートの結果のみ確認できます。確認できる項目は、「リーチ数」、「合計投票者数」「各選択肢の投票数」、「投票割合」になります。

次に、回答したユーザーをリストアップして類似ターゲティング等に活用することはできません。1つ目の注意点で記載した通り、アンケートに回答したユーザーが誰なのか、確認できないためリマーケティングのリスト化ができないので、注意してください。

最後が、アンケート機能の設定方法でも記載した、アスペクト比です。アンケート機能を利用する際には、アスペクト比9:16の画像もしくは最大15秒の動画を設定してください。

アンケート機能を使った広告事例

アンケート機能を使った広告事例

実際に、アンケート機能を使った広告をいくつかご紹介します。事例を参考にして、アンケート機能を使った広告を作成してみてください。

1.ダイキン工業

ダイキン工業 広告事例

参照元:Instagram 公式サイト

 

エアコンや空気清浄機などでおなじみのダイキン工業では、若年層へのブランド認知向上のためにアンケート機能・スタンプを活用したストーリーズ広告を展開しました。

展開した経緯として、若年層はエアコンを買い替えるまでの期間が長く、自分で購入する機会が少ない課題がありました。解決策として、若年層の利用ユーザーの多いInstagramと人気クリエイターを組み合わせた宣伝をしました。2択のクイズ形式にして、「湿度コントロール」という普段興味が持てないテーマで、若年層に訴求しています。

2.Green

Green 広告事例

参照元:Instagram 公式サイト

 

「Green」は、株式会社アトラエが運営するIT業界に特化した求人サイトです。求人促進などを目的として、アンケート機能を使ったストーリーズ広告を展開しました。

静止画を複数使用して、テンポの良い動きやテキスト等を加え、転職において重視するポイントは、「成長」か「自由」かの分かりやすい2択をスタンプを使って、ユーザーに質問を投げかけました。テキストを最小限に抑え、パッと見ただけで分かるような広告になっています。

アンケート機能を活用して、ユーザーへ興味喚起

まとめ

今回ご紹介したアンケート機能は、Instagramのストーリーズ広告のみの機能です。アンケート機能を活用して、ユーザーの興味・関心を引き寄せ、商材の認知度UPあるいはコンバージョンの増加に繫げていきましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事