校正とは?校正時のポイントや精度を上げるためのコツについて解説

校正とは?校正時のポイントや精度を上げるためのコツについて解説

校正とは、文章の誤字・脱字や表記ゆれ、内容の不整合などを確認し、修正する作業です。校正は、文章の品質を高め、誤解や混乱を防ぐために重要な作業です。

本記事では、校正の基本的な流れやチェックポイント、精度を上げるコツについて解説します。校正の基礎知識を身につけ、より精度の高い校正を行うための方法を学びましょう。

校正とは?

校正とは?

校正とは、文章の誤字・脱字や表記ゆれ、内容の不整合などを確認し、修正する作業です。校正の目的は、文章の品質を高め、誤解や混乱を防ぐことです。

誤字・脱字や表記ゆれがあると、文章の印象が悪くなったり、読者に誤解を与えたりする可能性があります。また、内容の不整合があると、読者の信頼を失う可能性があります。

校正は、文章を書く際に欠かせない作業です。校正を行うことで、文章の品質を高め、読者に正確な情報を伝達することができます。

校閲との違い

「校正」とよく似た言葉で「校閲」という語句があります。校正と校閲は、どちらも文章の誤りを確認し、修正する作業ですが、確認する対象や目的が異なります。

校正は、文字や表記の誤りを確認し、修正する作業です。具体的には、誤字・脱字、表記ゆれ、用語の誤用、文法の誤り、文章の構成や流れ、内容の不整合などを確認します。

校閲は、文章の内容の誤りを確認し、修正する作業です。具体的には、事実関係の誤り、引用の誤り、権利関係の誤り、差別的な表現の誤りなどを確認します。つまり、校正は文章の表記の誤り、校閲は文章の内容の誤りを確認する作業ということになります。

校正と校閲の違いを、表にまとめると以下のとおりです。

項目 校正 校閲
対象 文字や表記 内容
目的 誤字・脱字や表記ゆれなどをなくす 事実関係や権利関係などの誤りをなくす
チェック項目
  • 誤字・脱字
  • 表記ゆれ
  • 用語の誤用
  • 文法の誤り
  • 文章の構成や流れ
  • 内容の不整合
  • 事実関係の誤り
  • 引用の誤り
  • 権利関係の誤り
  • 差別的な表現の誤り

校正と校閲は、どちらも文章の品質を高めるために重要な作業です。しかし、チェックする対象や目的が異なるため、それぞれの役割を理解して、適切な作業を行うことが重要です。

校正の重要性

校正の重要性

校正はなぜ重要なのでしょうか?それは、製品のパンフレットやチラシ、Webサイト上のコンテンツの品質を保つためです。その結果、企業の品格やブランドといった価値につながります。

校正が重要な理由は、大きく以下の2つが挙げられます。

  • 読みやすい文章にするため
  • トラブルを避けるため

読みやすい文章にするため

読みやすい文章にするためのコツとしては、まず句読点を適切に使うことです。

句点は、文章の区切りを示すために使います。句点までが50文字程度にすると、読みやすくなります。読点は、句点以外の区切りを示すために使います。1文中の読点は平均1.5個なので、1~2個くらいが適切です。並列の場合や並ぶと読みにくい単語が連続する場合は、単語の間にも読点を打ちます。

また、パソコンで打った文章を紙にプリントアウトして見直すと、第3者目線になって違和感のある文章に気づきやすくなります。文章全体の印象を良くし、読みやすい文章になるよう心がけましょう。

トラブルを避けるため

誤字・脱字や表記ゆれ、内容の不整合などのミスがあると、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

  • 読者の誤解や混乱
  • 企業や組織の信頼の失墜
  • 法律や規制に違反する行為

例えば、商品の説明書に誤字脱字や表記ゆれがあると、商品の使い方を誤ってしまい、事故やトラブルにつながる可能性があります。また、企業のプレスリリースに内容の不整合があると、企業の信頼を失い、取引先や顧客からの信頼を失う可能性があります。

校正を行うことで、これらのトラブルを未然に防ぐことができます。

校正時のチェックポイント

校正時のチェックポイント

次に、校正時にどのようなポイントに注意して校正をしていけばよいのか、校正時のチェックポイントについて解説します。

  • 誤字・脱字
  • 表記ゆれ
  • 内容の矛盾

誤字・脱字

誤字・脱字があると、文章の印象が悪くなったり、読者に誤解を与えたりする可能性があります。また、内容の不整合や信頼性の低下にもつながる可能性があります。そのため、校正を行う際には、誤字・脱字を必ず確認することが重要です。

誤字・脱字の確認を行う際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 一文字ずつ丁寧に読み、単語や熟語の意味を理解しながら確認する
  • 同音異義語や類義語などの間違いにも注意する
  • 慣用句や慣用表現の間違いにも注意する
  • 校正用のツールを活用して、作業効率を高める

校正用のツールについては、この記事の「校正ツールを活用する」で詳しく解説しているので、ご覧ください。

表記ゆれ

表記ゆれとは、同じ言葉や表現でも、異なる表記が混在している状態のことです。例えば、「引っ越し」や「引越し」、「サーバー」と「サーバ」、「スマホ」や「スマートフォン」などが挙げられます。

Webサイト上のコンテンツに表記ゆれがあると、SEO(SEOについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。)に影響する恐れがあります。キーワードによっては検索順位が低くなる可能性もあります。

検索上位を狙ったキーワードでSEO施策をするとき、キーワードの表記には十分に注意しましょう。

文章が長すぎないか

一文が長すぎると、読者が読みにくくなり、内容を理解しにくくなるので、読者が途中で読むのを止めてしまう可能性があります。

文章の長さをチェックする際には、文章の目的やターゲット読者を考慮することも重要です。例えば、専門的な内容の文章であれば、ある程度長くても問題ありませんが、一般的な読者向けの文章であれば、短めの文章の方が読みやすくなります。

校正の精度を上げるためのコツ

校正の精度を上げるためのコツ

校正の精度を上げるためのコツをご紹介します。

  • 時間間隔を空けて再読する
  • 校正ツールを活用する

時間間隔を空けて再読する

校正を行う際には、一度読んだだけでミスをすべて見つけることは難しいものです。人間の脳は、一度読んだ内容をすぐに忘れてしまう傾向があるためです。

そこで、時間を空けて再読することで、最初に読んだときには気づかなかったミスを見つけることができます。具体的には、一度読んだ後、30分~1時間程度時間を空けてから、もう一度読んでみましょう。そうすることで、最初の読んだときとは違った視点から文章を見ることができ、ミスを見つけやすくなります。

また、1回目に読んだときは、全体的な内容や構成に目を向け、2回目に読んだときは、誤字・脱字や表記ゆれ、論理的な誤りなど、細かい部分をチェックするといったように、チェック項目を分けるのも効果的です。

このように、時間間隔を空けて再読することは、校正の精度を上げるための重要なポイントのひとつと言えます。

校正ツールを活用する

校正ツールは、誤字・脱字や表記ゆれ、論理的な誤りなどを自動的にチェックしてくれる便利なツールです。

校正ツールを活用することで、人間の目では見つけにくいミスも見つけることができます。また、時間や労力を節約することもできます。

ここで、おすすめの校正ツールをいくつかご紹介します。

  • Microsoft Office Word(ワード)
  • so-zou.jp(エンノ)

Microsoft Office Word(ワード)

Microsoft Office Wordは、誤字・脱字や表記ゆれ、論理的な誤りなどを自動的にチェックしてくれる校正機能が搭載されています。また、日本語だけでなく英語や中国語などの多言語にも対応しています。

(使い方)

(使い方)

  1. メニューの「校閲」をクリック
  2. 「スペル チェックと文章校正」ボタンをクリック

(使い方)

誤りがあると思われる部分は、上記のように表示されます。

so-zou.jp

so-zou.jpは、無料のオンライン校正サービスです。無料ですが、的確な校正性能は備わっていて、使い方もシンプルなツールです。

(使い方)

(使い方)

  1. so-zou.jpのWebサイトにアクセスする。
  2. 校正したい文章を「検査対象の文章」のテキストボックスにコピペし、「検査」ボタンをクリック

(使い方)

誤りがあると思われる部分は、上記のように表示されます。

まとめ

文章に誤字・脱字や表記ゆれがあると、文章の印象が悪くなったり、読者に誤解を与えたりし、読者の途中離脱や企業のイメージダウンにつながる可能性があります。また、表記ゆれによって、SEOに影響する恐れもあります。

そのような事態を防ぐためにも、校正は重要な仕事です。この記事で解説した校正時のポイントやコツを参考にして、精度の高い校正を行ってみてください。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
  • この記事を書いた人
  • 最新記事