RGBとCMYKとは?違いや使い分けについて徹底解説

RGBとCMYKとは?違いや使い分けについて徹底解説

Webや印刷物などのデザインをする際に、色彩表現は重要なポイントです。しかし、Webと印刷では色の表現方法が異なるため、注意が必要です。

Webでは、RGB色空間が使われていますが、印刷ではCMYK色空間が使われています。RGBとCMYKは、使用する色や表現できる色の範囲が異なるため、同じ色を指定していても、実際に表示される色が異なることがあります。

そこで今回は、Webと印刷で色が違う理由や、RGBとCMYKの違いについて説明します。ぜひ、参考にしてください。

RGBとは

RGBとは

RGBは、Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の3色を組み合わせて色を表現する色空間であり、光の三原色と呼ばれることから、可視光線の範囲のすべての色を表現することが可能です。

また、RGBは、加法混合と呼ばれる色の表現方法を用いています。加法混合とは、異なる色の光を重ねることで、明るい色を表現する方法です。

たとえば、赤と緑の光を重ねることで黄色の混色になります。

RGBは、デジタル媒体で広く用いられる色空間であるため、Webデザイナーやグラフィックデザイナーなどの職業では、RGBの基本的な知識を身につけておくことが重要です。

CMYKとは

CMYKとは

CMYKは、Cyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)、Key Plate(キープレート)の4色を組み合わせて色を表現する色空間であり、インクの三原色と呼ばれることから、可視光線の範囲のすべての色を表現することはできません。

CMYKは、減法混合と呼ばれる色の表現方法を用いています。減法混合とは、異なる色の物を重ねることで、暗い色を表現する方法です。

たとえば、赤と青の物を重ねると、紫になります。

CMYKは、印刷物で広く用いられる色空間であるため、グラフィックデザイナーや印刷会社などの職業では、CMYKの基本的な知識を身につけておくことが重要です。

RGBとCMYKの違いについて

RGBとCMYKの違いについて

RGBとCMYKは、色を表現する際に用いられる色空間ですが、どちらも色を表現する方法は異なります。それぞれの違いについて解説します。

表現できる色範囲が違う

RGBとCMYKの最も大きな違いは、表現できる色の範囲です。

RGBは、光の三原色である赤・緑・青の3色を組み合わせて色を表現します。このため、可視光線の範囲のすべての色を画面上で表現することができます。

一方、CMYKは、インクの三原色であるシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を組み合わせて色を表現します。このため、インクの特性上、RGBに比べて表現できる色の範囲が狭くなります。

たとえば、RGBで「青」を表現する場合、赤と緑の光を等量で混ぜると、青色になります。しかし、CMYKで「青」を表現する場合、シアンとマゼンタの色を混ぜると、紫色になります。

このように、RGBとCMYKでは、同じ色を指定し、フルカラー印刷をしても実際に表示される色が異なる場合があるため、注意が必要です。

RGBとCMYKの使い分けの基準とは

RGBとCMYKの使い分けの基準とは

RGBとCMYKは、色を表現する際に用いられる色空間であり、それぞれに特徴があります。そのため、デザインや印刷を行う際には、RGBとCMYKの違いを理解し、適切な媒体で適切な色空間を使うことが重要です。

RGBが向いている媒体は?

RGBに向いている媒体は、Webや液晶ディスプレイなどのデジタル媒体です。具体的には、以下の例が挙げられます。

  • Webサイトやバナーなどのデザインの作成
  • 電子書籍やテレビ、動画などのコンテンツ
  • ゲームやアプリなどのインタラクティブコンテンツ

これらの媒体では、色彩表現の自由度が高く、パソコンで閲覧する際に明るい色や鮮やかな色を表現することが求められるため、RGBが向いています。

また、RGBは、インターネットなどのネットワークでデータのやり取りを行う際にも用いられます。このため、Webサイトや電子書籍などのコンテンツをインターネットで配信する場合にも、RGBの色空間が用いられます。

CMYKが向いている媒体は?

CMYKに向いている媒体は、Webや液晶ディスプレイなどのデジタル媒体です。具体的には、以下の例が挙げられます。

  • 印刷物:チラシ、パンフレット、ポスター、パッケージ、書籍、雑誌など
  • ポスター:屋外広告、インテリア、イベントなど
  • その他:看板、旗、バナーなど

これらの媒体は、いずれも印刷によって色を表現するため、CMYKの特徴である、暗い色やくすんだ色を表現する能力が活かされます。

RGBとCMYKの変換方法について

RGBとCMYKの変換方法について

ここではPhotoshopとIllustratorの変換方法について解説します。

Photoshopの変換方法

PhotoshopでRGBからCMYKに変換する方法は以下の手順で行ってください。

①Photoshopで画像を開くと画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(RGB)と表記されていることを確認する。

①Photoshopで画像を開くと画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(RGB)と表記されていることを確認する。

②タブの「イメージ」から「モード」を選択すると「RGBカラー」にチェックが入っているため「CMYKカラー」を選択する。

②タブの「イメージ」から「モード」を選択すると「RGBカラー」にチェックが入っているため「CMYKカラー」を選択する。

③①のときに確認した時と同様の確認になるが、画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(CMYK)と表記されていればCMYKに変換が完了

③①のときに確認した時と同様の確認になるが、画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(CMYK)と表記されていればCMYKに変換が完了

上記の方法でRGBからCMYKに変換ができます。CMYKからRGBに変換する場合は②の手順で「RGBカラー」を選択すれば変換ができます。

Illustratorの変換方法

IllustratorでRGBからCMYKに変換する方法は以下の手順で行ってください。

①Illustratorで画像を開くと画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(RGB)と表記されていることを確認する。

①Illustratorで画像を開くと画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(RGB)と表記されていることを確認する。

②タブの「ファイル」から「ドキュメントのカラーモード」を選択すると「RGBカラー」にチェックが入っているため「CMYKカラー」を選択する。

②タブの「ファイル」から「ドキュメントのカラーモード」を選択すると「RGBカラー」にチェックが入っているため「CMYKカラー」を選択する。

③①のときに確認した時と同様の確認になるが、画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(CMYK)と表記されていればCMYKに変換が完了

③①のときに確認した時と同様の確認になるが、画像の名前(〇〇.jpg)の右側に(CMYK)と表記されていればCMYKに変換が完了

上記の方法でRGBからCMYKに変換ができます。CMYKからRGBに変換する場合は②の手順で「RGBカラー」を選択すれば変換ができます。

RGBで印刷するとどうなる?

RGBで印刷するとどうなる?

RGBで印刷する場合、色がくすんでしまう場合があります。印刷機はRGBのデータをCMYKに変換して印刷を行います。この変換の過程で、RGBで表現できる色の中には、CMYKで近い色に置き換えられてしまう場合があります。

具体的には、以下の例が挙げられます。

  • 明るい色:RGBで表現できる明るい色は、CMYKで表現すると、暗くなってしまう場合がある。
  • 蛍光色:RGBで表現できる蛍光色は、CMYKで表現すると、くすんでしまう場合がある。
  • 複雑な色:RGBで表現できる複雑な色は、CMYKで表現すると、色合いが変化してしまう場合がある。

以上のことから、RGBで印刷する場合は、色の変化に注意が必要です。

色の変化を抑えるためには、以下の方法があります。

  • 印刷前に、RGBデータをCMYKに変換して確認する。
  • CMYKで表現できる色域に注意して、デザインを行う。
  • 蛍光色や複雑な色は、避ける。

また、近年では、RGBで印刷しても色の変化が少ない、高品質な印刷技術も開発されています。

まとめ

まとめ

この記事では、RGBとCMYKについて解説をしました。Webと印刷で色が違う理由は、RGBとCMYKの色空間の違いによるものと理解していただけたかと思います。

デザインや印刷を行う際には、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解し、適切な媒体で適切な色空間を使うようにしましょう。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
  • この記事を書いた人
  • 最新記事