VSEOとは?動画コンテンツの検索順位を上げる方法

VSEOとは?動画コンテンツの検索順位を上げる方法

インターネットの普及により動画市場は拡大しています。ユーザーの目に留まるためにはコンテンツの検索順位を上げることは必要なことです。この記事では、VSEOを用いて検索上位に動画コンテンツを表示させる方法について解説していきます。

VSEOの基礎知識を紹介

VSEOの基礎知識を紹介

VSEOとは「Video Search Engine Optimization」の略です。つまり「動画のSEO」、動画の検索エンジン最適化を意味します。

SEO対策が、検索結果のページでWebサイトの表示順位を上げる取り組みのことを指すのであれば、VSEO対策とは動画検索ページでの表示順位を上げる取り組みのことを指します。Googleで何かを検索したときは、ホームページコンテンツだけではなくYouTube動画も表示されます。動画を検索上位に表示させて、多くのユーザーに見てもらうにはVSEO対策をすることはとても大切です。

SEOについて詳しく解説したページです。一度読んでみてください。

【関連記事:SEO(検索エンジン最適化)とは?基礎知識を分かりやすく徹底解説!

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

VSEO対策が必要な理由・重要性を解説

VSEO対策が必要な理由・重要性を解説

VSEO対策が推奨されるのには理由があります。それは動画コンテンツの普及率です。パソコンやスマホの普及でインターネットは急速に社会に必要なものとなりました。コンテンツの中でも動画は見ているだけで情報を得られます。つまり、ユーザーは自分で文字を読まなくても簡単に情報を集めることができるようになりました。動画を用いた広告を利用することは時代に合ったマーケティングの手法と言えます。

動画広告は、静止画に比べるとユーザーも理解しやすく、高いコンバージョンを見込めます。ホームページの内容に動画コンテンツを組み込むことで、SEO対策をさらに強固にできます。動画の弱点は、読み込みが重く再生が遅い場合は視聴しにくいことですが、通信技術の発達により改善されています。改善されれば動画コンテンツは勢いを増し、今まで以上にVSEOは求められることになるでしょう。

VSEO対策をする上で大切な4つのポイント

VSEO対策をする上で大切な4つのポイント

VSEO対策をするといっても、どのような方法が効果的なのでしょうか?VSEOの効果が見込める対策方法をいくつか見ていきましょう。

1.目的を明確にする

SEOでも言えますが、一番大切なことは動画の目的を明確にすることです。動画は何のために作るのか、どのようなユーザーに向けて情報を発信するのかなど、動画を制作する際は、何を伝えたいのかを明確に設定してから制作する必要があります。

動画が静止画よりも多くの情報を発信できたとしても理解しても、内容が伝わらなければ意味がありません。まずは目的を明確設定し、動画の構成や方向性を決めて制作していきましょう。

2.タイトルにキーワードを入れる

動画コンテンツとして最も重要な部分は、タイトルです。タイトルを検索結果に表示させるためには、「ユーザーが検索に使用しているキーワードがタイトルに入っていること」が必要です。ユーザーが検索しているキーワードを想定して、対応したタイトルをつけましょう。キーワードは、キーワードプランナーや共起語ツールなどを利用して、しっかり調査してから設定しましょう。

3.説明文やタグにキーワードを入れる

3.説明文やタグにキーワードを入れる

キーワードを意識するのは、タイトルだけではありません。タイトルだけではなく、説明文やタグにキーワードを入れることも大切です。YouTubeの動画であれば、動画に説明文を入れられます。説明文もVSEOの対象になるので、キーワードをしっかり入れましょう。説明文には動画コンテンツの説明以外にも、会社や企業の情報、ホームページのURLリンクなどを入れると効果的です。

また、動画はタグでまとめることができます。タグを利用し過去の動画とリンクすることでユーザーが視聴しやすい環境を作りましょう。

4.動画の最後にはユーザーに行動を促す

4.動画の最後にはユーザーに行動を促す

動画の最後には、ユーザーに行動を促すものが必要です。認知を目的とする場合は、会社や企業のロゴなどを使用しブランディングをしましょう。サービスに関連する動画の場合には、動画の最後に電話やメールなどユーザーがアクションを起こせるようなものを記載すると効果的です。

他の方法としては、動画内に外部リンクを表示するという方法もできますが、収益化を有効にする必要があります。収益化には審査を通過する必要があり、条件も厳しいので、初めての場合はテキストで促す方法が良いでしょう。

今VSEO対策をやることのメリット

今VSEO対策をやることのメリット

最後に、今企業がVSEOに力を入れるべき2つの理由を説明します。VSEOの対策をするのは、早ければ早いほど良いです。検索エンジンの特性や自社と他社の状況を理解し、より効果的にVSEO対策をすることで、検索順位を上げて自社の動画コンテンツを目立たせましょう。

1.検索順位を上げやすい

1つ目の理由は、検索順位を上げやすいことです。検索順位を上げるためにはSEO対策が重要です。しかし、Googleなどの検索エンジンの度重なるアップデートにより、上位に表示させることは以前と比べてとても難しくなっています。

一方YouTubeは、未だにコンテンツを上位に表示させるためのアルゴリズムが、Googleほど精密ではありません。そのため、上位表示を狙いやすい傾向があります。上位表示を狙いやすい今だからこそ、VSEO対策をしっかりとすることで、ユーザーの目に止まる機会を増やせます。

2.力を入れている企業が少ない

2つ目の理由は、VSEOに力を入れている企業が少ないということです。昨今、様々な企業がYouTubeチャンネルを立ち上げ自社のアピールをしていますが、VSEO対策を徹底して意識できている企業ばかりではありません。

動画を制作するには、時間や費用が多くかかります。動画コンテンツがとても魅力的で、VSEO対策もばっちり、という企業は多くないでしょう。競合がVSEO対策を始める前に、素早く対策することでライバル企業と差をつけましょう。

VSEO対策をして動画の検索順位を上げよう

動画市場が拡大しているので、動画コンテンツの検索順位を上げることはユーザーの獲得に繋がります。ユーザー目線でコンテンツを見直し、徹底してVSEO対策をすることで、他の動画と差をつけましょう。動画はWebページよりも上位に表示させやすく、競合も少ないため、早く対策するほど効果を実感できます。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事