Webpとは?画像圧縮の新たなスタンダード

Webpとは?画像圧縮の新たなスタンダード

Webサイトやブログのパフォーマンス向上に役立つWebp。

本記事では、Webpの基礎知識から、Webpへの対応方法まで、わかりやすく解説します。Webサイトやブログのパフォーマンスを向上させたい方、Webpの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webpとは

Webpとは

Webpは、Googleが開発した次世代のウェブ用画像フォーマットです。ファイル拡張子は「.webp」で、読み方は「ウェッピー」です。JPEGやPNGに比べて圧縮率がよく、画質も劣らないことが特徴で、ウェブサイトやアプリなどの画像表示に適しています。また、WebpはアニメーションGIFにも対応しているため、動きのある画像を軽量化することも可能です。

これから目にする機会が増えていくWebpの特徴から簡単に紹介していきます。

Webpの特徴

Webpの特徴は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、軽量な画像を作成できることです。Webpは、JPEGやPNGと同等の画質を維持しながら、ファイルサイズを約20〜30%程度小さくすることができます。これにより、Webサイトの表示速度を向上させ、SEO対策にも効果的です。

2つ目は、透過画像やアニメーションにも対応していることです。Webpは、PNGと同じように透過画像を作成することができます。また、GIFと同様にアニメーションにも対応しています。

Webpは、PNGやGIFと比べて、圧縮率が高く、画質が劣化しにくいので、一つのWebサイトで統一して使用できるのも魅力です。

Webpと他の画像形式の違いを解説

Webpと他の画像形式の違いを解説

ここまで、Webpの特徴を解説してきました。Webpは、JPEGやPNGなどの既存の画像形式の欠点を補った、次世代の画像フォーマットです。しかし、Webpとその他の画像形式の違いが分からない人も多いのではないでしょうか。そこで、ここからは、JPEG、PNG、GIFの3つの画像形式とWebpの違いを解説します。

JPEGとの違い

JPEGとWebpは、どちらもデータ量を軽くできる画像形式ですが、JPEGはWebpよりも多くの色を表現できます。そのため、写真の保存に適しています。

しかし、JPEGは透過画像の保存には対応していません。そのため、ホームページやWebサイトの制作など、透過画像を使用する場面ではJPEGは適していません。

一方、SNSで写真単体を投稿したり、保存したりする際は、JPEGでも問題ありません。むしろ、JPEGの方が色鮮やかな画像を保存できるため、好まれるでしょう。

PNGとの違い

PNGは、Webpと比べてデータ容量が大きく、圧縮率は劣りますが、透過処理、豊富な色数、画質の劣化なし、アニメーション非対応の特徴があります。そのため、画像のデータ量をJPEG以上に圧縮したい場合や、透過処理が必要な場合に利用されます。

GIFとの違い

GIFは、アニメーションに特化した画像形式です。しかし、最大256色しか対応していないため、表現できる色数が少なく、画質も粗い傾向にあります。そのため、アニメーション画像以外には、あまり適していません。

Webpのメリットを紹介

Webpのメリットを紹介

ここからはWebpを使用する以下の3つのメリットについて紹介します。

1.画質を保ったまま圧縮できる

2.ウェブサイトの表示速度の改善

3.モバイル端末での表示が改善され、SEO対策に効果的

メリット①画質を保ったまま圧縮できる

Webpは、JPEGよりも圧縮率が高いため、画質を保ったまま画像サイズを軽量化することができます。

通常、画像のサイズを小さくすると画質が劣化しますが、Webpは画質を劣化させずに軽量化できます。具体的には、JPEGと比べて25〜30%程度のファイルサイズ削減が可能です。

メリット②ウェブサイトの表示速度の改善

Webpで画像のファイルサイズを軽量化すると、Webサイトの表示速度が速くなり、ユーザビリティやUXが向上します。その結果、売上にもつながるCV率の向上が期待できます。

メリット③モバイル端末での表示が改善されSEO対策に効果的

モバイル端末は、パソコンと比べて通信速度が遅く、画面サイズも小さいため、画像の読み込みに時間がかかる傾向があります。

Webpで画像を軽量化することで、モバイル端末での画像の読み込み速度が向上します。これにより、ページの表示速度が速くなり、ユーザーの利便性が向上します。

また、Googleは、ページの表示速度を評価する指標として、モバイルサイトのパフォーマンス指標(Google PageSpeed Insights)を導入しています。Webpで画像を軽量化することで、この指標のスコアが向上し、SEO対策にも効果的です。

Webpのデメリットを紹介

Webpのデメリットを紹介

圧縮率も高くメリットがあるWebpですが、一方でデメリットもあります。

デメリットとして挙げられる3点を説明します。

1.画像変換する必要がある

2.対応しているデバイスに限りがある

3.Javascriptで使用可能かどうかの判定ができない

デメリット①画像を変換する必要がある

Webpを使用する場合、画像を変換する手間がかかる場合があることに注意が必要です。

Webpに対応していないソフトウェアやデバイスでは、Webp形式の画像を直接読み込むことができないため、JPEGやPNGなどの他の画像形式に変換してから読み込む必要があります。

この変換作業には多少の時間を要するほか、初心者の方にとっては、変換方法がわからず戸惑うこともあるでしょう。

Webpには多くのメリットがありますが、画像変換の手間も考慮して、導入を検討する必要があります。

デメリット②現在対応しているデバイスに限りがある

Webpは、2010年に発表されて以降、徐々に対応するブラウザが増えています。古いブラウザでは対応していない場合があるため、注意が必要です。

※Chrome、Edge、Firefox、Safariは対応しています。

デメリット③JavaScriptから使用判定が出ない

JavaScriptがメインとなるWebアプリケーションでは、Webpの使用判定がうまく出ないことがあります。これは、ブラウザによって仕様が異なるためです。そのため、Webpを使用すると、画像が正しく表示されないなどの問題が発生する可能性があります。

この問題を解決するには、imageタグにWebpを直接埋め込む方法がありますが、開発工数がかかるため、非推奨とされています。

Webpへの変換方法は?

Webpへの変換方法は?

Webpへの変換が手軽になるおすすめのサイトをご紹介します。

簡単でわかりやすい「Squoosh」がおすすめ

Squoosh(スクーシュ)は、ブラウザ上で画像を簡単に圧縮・変換できる無料のオンラインアプリです。画像の縦横サイズをリサイズし、WebpやJPEG、PNGなどへ変換・圧縮してデータを軽量化できます。

Squooshを使う最大の特長は、複数の変換をプレビューで試しながら比較できることです。画像をアップロードして、縦横サイズやファイル形式を変更すると、その場でプレビューが表示されます。複数の変換を試しながら、最も画質とサイズのバランスがよいものを探すことができます。

また、Squooshは専用の画像加工アプリを持っていなくても利用できます。ブラウザにアクセスして、画像をアップロードするだけで、簡単に画像圧縮・変換が可能です。アカウント登録も不要です。

さらに、Squooshでは、WebpやAVIFなどの新しい画像フォーマットを使用できます。Webサイトやブログのパフォーマンス向上にも役立ちます。

初心者でもわかる情報がたくさん「サルワカ道具箱」

サルワカ道具箱は、ブラウザ上で画像を簡単にWebpに変換できる無料のオンラインアプリです。

サルワカ道具箱の最大のメリットは、無料で簡単にWebpへの変換が可能であることです。Squooshと比べて、圧縮はできませんが、複数枚を一括で変換できるという強みがあります。

また、Webpへの変換だけではなく、Webに関する役立つ情報が詰まった情報サイトとしても重宝されています。

Webpは今後、画像表示の主流フォーマットになる!

Webpは今後、画像表示の主流フォーマットになる!

Webpは、JPEGなどの従来の画像フォーマットと比べて、圧縮率が高く、画質も劣化しないため、Webサイトの読み込み速度を向上させることができます。

Webpへの変換には、多少の手間がかかりますが、Webサイトのパフォーマンスを向上させたい方は、ぜひWebpの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
  • この記事を書いた人
  • 最新記事