ユーチューバーとインスタグラマーの違いと難易度について

ユーチューバーとインスタグラマーの違いと難易度について

ユーチューバーとインスタグラマーは、本業や副業として活動をしている方がいますが、どのように収益を上げているか気になりますよね。

今回は仕事内容の違いや、収益を上げる為の方法や難易度についても解説します。

インスタグラマーとユーチューバーとは?

ンスタグラマーとユーチューバーとは?

インスタグラマーは、インスタグラムにおいて精力的に投稿を行い、沢山のフォロワーを抱えた強い影響力を持っている、インスタグラム運用者の事です。インスタグラマーはフィード、ストーリーで、企業から依頼された商品をPRする事で報酬を貰う人が多いです。

また、ユーチューバーとは、動画配信サイト「YouTube」自身で制作した動画を投稿する人を指します。YouTubeでは「総再生時間」「チャンネル登録者数」などの一定の条件を満たし場合に広告収入を受け取る事が出来ます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

インスタグラマーとユーチューバーの月収を比較

月収を比較

インスタグラマーとユーチューバーの年収を比較した場合、ユーチューバーの方が高いです。平均月収を比較すると、インスタグラマー「27万円」、ユーチューバー「66万円」です。

月収を比較

月収に大きな差の原因には、ユーチューバーは動画形式で作成するのに対して、インスタグラマーは写真形式の投稿が多く、コンテンツを作成方法での時間や工数の差も大きく関係しています。

企業がユーチューバーやインスタグラマーに商品PRを依頼する場合、依頼する金額差の違いがあります。双方の平均月収を比べると、ユーチューバーの月収は二倍程変わります。

難易度はユーチューバーが一番高い

難易度について

インスタグラマーに比べて、ユーチューバーになるのは難易度が非常に高いです。2018年日本のYouTube総チャンネル数のデータをでは、登録者数10人以上のチャンネルは62万チャンネルと計測されています。

YouTube上の登録者が10人以上いれば、収益が少し上がると言われていますが、ユーチューバーとして生計を立てられるのは全体の0.3%しかいません。YouTube上に進出する人は増えていますが、最近では、芸能人がYouTube上への進出が多くなり、更にYouTube上で収益を上げるのが難しい状況です。

ユーチューバーの必要スキル

ユーチューバーの必要スキル

ユーチューバーになる為の必要スキルには、動画編集能力やユーザーが面白いと思ってくれる、会話術も必要です。

また、どのような動画が人気になるのか、市場やYouTube上での観察力も必要です。また、YouTubeは動画投稿回数も多く、動画の企画力や情報の整理能力も重要です。

ユーチューバーになるメリット

ユーチューバーになるメリット

ユーチューバーのメリットは、誰でも簡単に動画を投稿する事ができる事です。実際にYouTubeを投稿している人の中には「幼稚園児」や「小学生」もいます。

また、動画の視聴回数が伸びて人気が出ると、ファンの獲得が出来ます。動画の「コメント」内にもファンからコメントが付いて、やりがいを感じる人も多いです。また、上げた動画はYouTube上で公開されている限り、半永久的に残ります。自分が上げた動画が資産になる事もメリットです。

ユーチューバーのデメリットについて

デメリットについて

ユーチューバーはYouTube上で動画を上げる事で収益化を計ります。YouTubeが無くなってしまえば、動画を上げる場所自体が無くなり、仕事が無くなります。ユーチューバーを専業の仕事としている方は、リスクが高い要素です。

YouTubeに上げた動画やチャンネルが突然BANされる事もあります。YouTubeはAIで管理しており、突然、動画が削除されたり、AIの間違いによってYouTubeのアカウントが削除される事もあります。YouTube上の利用規約を確認して運用しましょう。

インスタグラマーのメリット

インスタグラマーのメリット

写真加工・修正テクニックがあれば、誰でも簡単に作業が出来ます。Instagram内で評価される写真の撮影テクニックを活用して、企業への写真素材の提供・販売が簡単に出来ます。また、Instagram内のメッセージ機能で、仕事の依頼者側と簡単にやり取りも行えます。

インスタグラマーのデメリット

インスタグラマーのデメリット

インスタグラマーのデメリットには、他ユーザーに投稿した写真が盗作される可能性があります。自身が投稿した内容で他者がフォロワー数増加の為、無断転載する場合もあるので注意しましょう。

企業側がキャスティングするメリット

企業のキャスティングメリット

企業がユーチューバーとインスタグラマーを活用する事例について紹介します。大きく分けると、以下の2つが挙げられます。

商品の認知拡大

企業がインスタグラマーやユーチューバーを活用する際には、目的を意識して活用する事が重要です。

商品の認知拡大

インスタグラマーとユーチューバーを活用する時は「影響力」について注目しましょう。ユーチューバーやインスタグラマーに自社商品を提供して、写真やレビュー、PRの投稿してもらう事で、既存ファン達に商品の存在と価値を伝える事が出来ます。

投稿キャンペーンの活性化

企業のSNSアカウントを活用したキャンペーン施策に、インスタグラマーやユーチューバーを活用する企業も多いでしょう。

投稿キャンペーンの活性化

インスタグラマーやYouTubeキャンペーンに参加してもらうと話題になり、更にインスタグラマーのフォロワーもキャンペーンに参加しやすくなるため、大きな話題性を生みます。

使用する工数が違う

ユーチューバーとインスタグラマーを目指す為には、必要なスキルが多くあります。簡単に活動は行えますが、実際に収益化を上げるまでには時間が掛かります。

また、企業側として両者を活用する場合は、活用するメリットを把握しましょう。商品のプロモーションの目的を把握する事で成功に繋がりやすくなります。

LINEで送る
Pocket