代表的な階段の種類と特徴!マイホームづくりに活かせる基礎知識
Pocket

二階建て以上の住宅をつくるなら、階段についても吟味しなくてはいけません。階段ひとつで家の印象や使い勝手が大きく変わるため、階段の種類と特徴について知っておくことは重要です。代表的な階段の種類と特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

代表的な階段の種類と特徴を確認しておこう

代表的な階段の種類と特徴を確認しておこう

上下のフロアをつなぐ「階段」は、玄関のそばに設置すればインテリアとしての役割を果たし、場合によっては収納スペースを確保する役割も果たします。個人住宅に使われる階段には次の5つの種類があり、それぞれ見た目だけでなくメリットやデメリットも異なります。特徴を解説するので、ぜひ目的や希望に合った階段を選んでください。

階段の5つの種類

  • 直階段
  • かね折れ階段
  • 折り返し階段
  • カーブ階段
  • らせん階段

階段の種類と特徴1.直階段

直階段は、まっすぐに階上と階下を結ぶもっともシンプルな階段です。すべての段が長方形なので、お年寄りやお子さんにも歩きやすいタイプと言えるでしょう。

ただし、横幅は狭くとも奥行きが広くなるため、スペースに余裕がない場合にはおすすめできません。スペースが十分でないときは勾配を急にすることで解決できますが、危険も増すため、他のタイプの階段を検討するほうが良いでしょう。

また、滑ってしまうと、止まる部分がないため一番下まで落下してしまうというデメリットがあります。手すりと滑り止めを必ず取り付け、安全対策を行うようにしましょう。

階段の種類と特徴2.かね折れ階段

かね折れ階段とは、階段の途中でL字型に折れるタイプの階段です。玄関と向かい合うように直階段をつくると二階の様子まで玄関から見えてしまうことがありますが、かね折れ階段なら一階から二階の様子が見えず、プライバシーを保ちやすくなります。中央に踊り場ができるので、転んだとしても最上段から最下段まで一気に落ちることがないのもメリットです。

しかし、直階段と比べると広いスペースが必要なため、空間に余裕がない場合は選択できない可能性があります。また、階段の下部を収納スペースにすることもできますが、奥行きが階段の幅しかないため、納戸ほどの収納力は求められないでしょう。

階段の種類と特徴3.折り返し階段

折り返し階段とは、階段の途中で反対方向に折り返すタイプの階段です。直階段やかね折れ階段と比べると省スペースのため、階段にあまり場所を取れない間取りの住宅にもおすすめです。

階段下に収納スペースをつくりたい方にも、折り返し階段はおすすめです。最大で階段の幅二倍分の奥行きの収納庫をつくれるので、スキーやテントなどのレジャー用品から、ファンヒーターや扇風機などの季節家電、お雛さまやクリスマスツリーなどのイベント用品まで収納することができます。

とはいえ、デメリットもあります。折り返し階段では、途中で進行方向を180°変えるため、真ん中付近に広めの踊り場もしくは三角形状の段が必要になります。大きなものを階上に運ぶときには、踊り場や三角形錠の段付近で引っ掛かってしまう恐れがあり、無理に運ぶと壁を傷つけかねません。

階段の種類と特徴4.カーブ階段

カーブ階段とは、かね折れ階段や折り返し階段のように直角に曲がらず、カーブをつけて方向を変える階段です。階下と階上を好みの方向につなげることができるため、自由度が高く、デザイン性にも富みます。

カーブ階段ならではのおしゃれさを生かすなら、ステップをスケルトンスタイル(オープン型)にすることがおすすめです。圧迫感がなくなるので、空間を広く見せる効果も期待できるでしょう。反対に通常の箱型のステップにすると、外から見るとカーブ階段なのかかね折れ階段なのか分かりにくくなってしまいます。

メリットの多いカーブ階段ですが、デメリットも少なからず存在します。例えばカーブ階段には踊り場がないため、転倒すると最下段まで滑り落ちてしまう可能性があるでしょう。また、デザイン性を優先すると階段下の形がいびつになり、収納スペースとしては利用しづらいという点もデメリットです。

階段の種類と特徴5.らせん階段

らせん階段は、円を描くように階下と階上をつなぐ階段です。インテリア性が高く、5つの種類の中ではスペースをもっとも取らないタイプなので、おしゃれさを重視する方にも空間に余裕がない場合にもおすすめです。

しかし、らせん階段ではすべてのステップが台形あるいは三角形となるため、お年寄りやお子さんには少々危険かもしれません。また、直線型の階段と比べて一段の高さが高くなることが多いため、使いづらいと感じる方もいるでしょう。

費用が高くなりがちで、階段下収納を利用できないというデメリットもあります。家族みんなが使いやすい家をつくるためにも、らせん階段を選択するときは、別の場所にも階段を設けたりホームエレベーターを導入したりすることも検討するようにしてください。

階段には主に5つの種類と特徴があるので家づくりの前に知っておこう

どのタイプの階段を選ぶ場合でも、必ず手すりをつけて、安全に行き来できるようにしてください。左右両方に手すりをつけておくと、片方しか腕を使えない場合に備えることができます。それぞれの特徴を把握し、理想の家を完成させていきましょう。