引越し手続き一覧!うっかり忘れを防ぐチェックリスト付き
Pocket

引越しの前後には役所関係やライフライン関係の手続きが多く、ついうっかりと忘れてトラブルを招いてしまうこともあります。スムーズに引越しを済ませるためにも、時系列に分けて必要な引越し手続きを一覧で紹介します。チェックリストも付記していますので、ぜひお役立てください。

引越し前後に必要な手続き一覧!時系列で紹介

引越し前後に必要な手続き一覧!時系列で紹介

学校や会社、家事、育児と、大抵の方は数多くのするべきことを抱えています。日常生活だけでも忙しいのに、引越しとなるとさらに多くのタスクを抱えることになり、うっかりと手続きを忘れてしまうことにもなりかねません。

場合によっては、手続きをするだけのために元の居住地に行かなくてはならないこともあり、忙しい日常がさらに忙しくなってしまいます。引越しの際に必要な手続きを時系列でまとめたので、ぜひ参考にして失敗のない引越しを完成させましょう。

引越しが決まったらできるだけ早くしておく手続き

賃貸住宅・駐車場の解約(1~2ヵ月前が望ましい)※
転居先、転居先での駐車場を探す
インターネット業者に連絡※
引越し業者の見積もり
子どもの学校に連絡
転校先に連絡・編入試験
火災保険・地震保険への連絡

※違約金が発生する可能性があります

賃貸住宅や月極駐車場を利用している方は、引越しが決まったらできるだけ早く引越し日を伝え、解約を申込むようにしましょう。契約にもよりますが、1~2ヵ月前に解約を伝えないと、違約金が発生することがあります。転勤などで急に引越しが決まった場合は、勤務先に違約金が発生する旨を伝えましょう。

また、インターネット回線を利用している場合も、契約によっては解約時に5,000~20,000円程度の違約金を請求されることがあります。引越し先でも同じインターネット業者を利用する場合は違約金が不要になることもあるので、コールセンターに問い合わせてみましょう。

編入試験が必要になる可能性がある

お子さんが学校に通っている場合は、現在の学校だけでなく転入先の学校にも連絡する必要があります。地域の指定学区の公立校以外(国立や私立、中高一貫の公立校、公立高校など)を希望する場合は、編入試験に合格することが求められるでしょう。

また、編入試験を実施している場合は良いのですが、定員に空きがなく、入学できない可能性もあります。学校を調べたり試験の準備をしたりするには時間がかかるので、学齢期のお子さんがいらっしゃる場合は、早めに引越し先の学校事情を調べるようにしましょう。

引越し1週間前までにしておきたい手続き

梱包資材の受取、梱包開始
転出届
固定電話の住所変更手続き
電気の住所変更手続き
ガスの住所変更手続き
水道の住所変更手続き
郵便の住所変更手続き、転送手続き
NHKの住所変更手続き
住民税の住所変更手続き
印鑑登録抹消手続き
粗大ごみの引き取り申込み

引越しの1週間前までには、ライフラインや税金関係の手続きが必要になります。また、荷物をまとめたり粗大ごみの引き取りを依頼したりといった作業もそろそろ始めなくてはいけません。

引越し業者に梱包を任せる場合でも、貴重品や思い入れのある品物、引越し前日・当日も使う身の回りの物などについては自分でまとめておく必要があります。生活に支障が出ない程度に早めに梱包を済ませるようにしましょう。

引越し前日にする手続き

住居引渡しの確認
引越し業者のタイムスケジュール確認
粗大ごみを指定の場所に出す
近隣の方への挨拶

賃貸住宅にお住まいの場合は、引越し前日までに引渡し確認を済ませます。原状回復が難しい場合は敷金の中から経費が差し引かれることもあるでしょう。

また、必ず引越し業者に電話をかけて、タイムスケジュールを確認しておきましょう。出発の時刻を勘違いしていると、運び出しに手間取り、引越し先での作業にも影響が及びます。

最後に必ず近隣の方に挨拶をしておきましょう。引っ越し作業をすることでエレベーターが使えなくなったり大きな音が出たりすることがあるので、できれば500円程度のお菓子を渡し、「ご迷惑をおかけすることになります」と伝えてください。

引越し当日にする手続き

電気の開始手続き
ガスの閉栓・開栓手続き
水道の閉栓・開栓手続き
インターネット開通手続き

引越し当日は、ライフラインの終了・開始手続きが必要になります。地域や業者によっても手続き方法が異なるのでご注意ください。

ガスや水道の開栓手続きには立ち合いが必要になることもあります。引っ越し作業が遅れているときは、早めにガス会社、水道会社に連絡をするようにしましょう。

引越し後できるだけ早くしておく手続き

クレジットカードの住所変更手続き
運転免許証やマイナンバーカードの住所変更
国民年金・厚生年金の住所変更手続き
健康保険の住所変更手続き
印鑑登録手続き
転入届
児童手当認定申請
スマートフォンの住所変更手続き
自動車やバイクのナンバープレート変更手続き
自動車保険の住所変更手続き
子どもの学校への挨拶

引越し後には、役所関係やカード関係の手続きが必要になります。役所関係の手続きは1~2週間以内に済ませるものが多いので、少し落ち着いたら早めに管轄の市区町村役場に出向きましょう。

チェックリストを活用しスムーズに引越し手続きを済ませよう

引越しの際の作業は膨大ですが、一つずつ片付ければ必ずいつかは終わります。クレジットカードなどはオンラインで住所変更できるので、以前と比べると手間も簡略化されています。無理をしない程度に速やかに手続きを進めていきましょう。