屋根裏部屋をつくろう!費用やアイデア、建築の際の注意点を紹介します
Pocket

屋根裏部屋にあこがれたことがある方も多いのではないでしょうか。誰も入ってこない秘密基地として、また、大切なものを収納するスペースとして、屋根裏部屋の使いみちは無限大に広がります。屋根裏部屋の工事にはどの程度の費用がかかるのか、また、屋根裏部屋を楽しくするアイデアや注意点について解説します。

屋根裏部屋とはどんな部屋?

屋根裏部屋とはどんな部屋?
屋根裏部屋とは、その名の通り、屋根の裏にある部屋です。住宅の中でももっとも上部にあり、梯子などを使って出入りします。

なお、屋根裏部屋をつくるときには、天井高に注意しなくてはいけません。天井高が1.4mまでは「屋根裏部屋」「ロフト」と呼ばれますが、天井高が1.4mを超えると「階」としてカウントされます。

そのため、2階建ての住宅に天井高が1.4mを超える屋根裏部屋を作ると「3階建て住宅」の扱い、平屋でも「2階建て住宅」の扱いとなり、床面積が住宅の床面積に含まれ、固定資産税の税額や火災保険の保険料に影響を与える可能性があります。

また、「階」ではなく屋根裏部屋としてつくる場合は、エレベーターや階段といった固定の昇降手段をつくれないことがあります。地域によっても異なりますので、工務店や住宅メーカーにお問い合わせください。

その他にも、広さが下の階の床面積の1/2以下という規定もあります。どうしても広い屋根裏部屋をつくりたい場合は、「階」としてカウントされる可能性についても考えておきましょう。

屋根裏部屋をつくるメリット

天井高や高さ、昇降手段のすべてを満たす屋根裏部屋をつくることで、床面積に含まれない空間を増やすことができます。収納スペースとして活用するなら、家の中を広く使うこともでき、空間を広く見せることにもなるでしょう。

また、純粋に「屋根裏部屋があると楽しい」という点もメリットです。かくれんぼをしたり大切なおもちゃを片付けたりすることで、家での生活がもっと楽しいものとなるでしょう。

屋根裏部屋をつくるデメリット

基本的には屋根裏部屋には固定の昇降手段をつけることができないため、可動式の梯子などで出入りすることになります。決して足場が安定しているとは言えないため、重いものや大きなものを持ち運びすることが難しく、収納スペースとして活用しきれない可能性があるでしょう。

また、天井高が低いため、屋根裏部屋での移動はしゃがんだ姿勢ですることになります。使い勝手が悪く、せっかくの広いスペースを無駄にしてしまう可能性もあります。

子どもの遊び場として屋根裏部屋を使用する場合も、やはり昇降手段が問題になります。転落・転倒事故が起こる可能性があり、親御さんにとっては屋根裏部屋があることでケガの不安が高まってしまうかもしれません。

屋根に近いために寒暖の差が激しいことも、屋根裏部屋のデメリットです。収納スペースとして活用するだけなら問題はありませんが、長時間過ごす場合はエアコンなども設置するほうが良いでしょう。

屋根裏部屋をつくるにはどの程度の費用がかかる?

屋根裏部屋をつくるにはどの程度の費用がかかる?

単に収納スペースとして屋根裏部屋をつくる場合は、あまり費用はかかりません。6畳程度の広さで20~30万円ほどです。しかし、遊んだり本を読んだりできる「部屋」としてつくる場合は、壁に断熱材を敷き、壁紙やエアコンなどの設備も取り付ける必要があります。同じ6畳程度の広さでも50~100万円ほどはかかるでしょう。

注文住宅の新築時に屋根裏部屋をつくるなら、断熱材を最初から組み込むためリフォームとしてつくるよりは安価にできることがあります。住宅メーカーや工務店の担当者と相談して、納得できる料金で依頼するようにしましょう。

屋根裏部屋をもっと素敵な空間にするアイデア

屋根裏部屋をもっと素敵な空間にするアイデア

屋根裏部屋で過ごす時間が長い場合は、ぜひエアコンだけでなく窓もつけるようにしましょう。屋根裏には熱い空気が集まるので、夏は50℃、60℃の高温になる恐れがあります。窓を2つ以上つけて風の通り道をつくると、快適に過ごしやすくなるでしょう。

屋根裏部屋を使いやすくするためには、昇降手段についても考慮する必要があります。固定式の昇降手段は使えないので、出入りするときは何らかの形で移動させなくてはいけません。重い梯子を手で出し入れするのは大変なので、電動式を選ぶことをおすすめします。

注意したいポイント

窓を取り付けるときは、窓面積が屋根裏の面積の1/20以下を満たさなくてはなりません。大きな窓を取り付けてしまうと、屋根裏部屋が「階」にカウントされることになります。

小さなお子さまがいるご家庭では、屋根裏部屋の梯子は使ったらすぐに片付けておくようにしましょう。ケガをせずに遊べるように、お子さまの動きに注意するようにしてください。

また、収納スペースとして使用する場合にも、定期的に換気をするようにしましょう。熱や湿気がこもって収納しているものが傷んでしまったり、いやなにおいがこもってしまったりする可能性もあります。

屋根裏部屋で自宅をもっと楽しい空間に!

屋根裏部屋があることで、自宅で過ごす楽しさがさらに大きくなります。せっかくつくったのに使わない…ということにはならないためにも、エアコンや断熱材、照明で快適な環境を整え、定期的に換気して過ごしやすい空間を維持しましょう。