ガレージハウスは平屋でも建てられる!空間を有効活用する3つのパターンを紹介
Pocket

ガレージハウスと言えば、2階建てや3階建てを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、敷地面積にもよりますが、平屋でもガレージハウスを建てることは可能です。ガレージハウスにはどの程度の広さや費用が必要なのか、また、実際にガレージハウスを建てる場合のパターンを紹介します。

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは

大切な車を守るためにも、屋根や壁のある場所に車を保管したいと考えている方は多いのではないでしょうか。壁や屋根のあるガレージハウスなら、雨風を避けることができ、また、悪意のあるいたずらや車内の貴重品の盗難などからも車を守ることができます。

ガレージハウスとは、ガレージが組み込まれた家屋のことを指します。例えばビルトインガレージ(インナーガレージ)がある家は、ガレージハウスです。つまり、ガレージが組み込まれた家において、ガレージ部分はビルトインガレージ、家屋部分はガレージハウスと呼び分けることができるのです。

しかし、人によっては、ガレージハウスをビルトインガレージやインナーガレージと同じ言葉として使うこともあります。いずれにしても、屋根や壁のある車庫を指す言葉として使われることが多いです。

広さと費用の目安

ガレージハウスのガレージ部分は、車の大きさよりも前後左右にある程度の余裕が必要です。目安としては、1台だけを駐車するなら間口は3.5m以上、奥行は5.5m以上(4~5坪)となります。2台を駐車する場合は、縦列駐車か並列駐車かにもよりますが、横に並べる場合なら間口は7m以上、奥行は5.5m以上(8~10坪)が望ましいでしょう。

価格に関しては、壁やシャッターの素材、戸棚などの建具をつくりつけるかなどにもよりますが、1坪あたり40~60万円が目安となります。1台分なら160~300万円、2台分なら320~600万円は見積もっておきましょう。

ただし、新築注文住宅ではなくリフォームとしてガレージハウスを建てる場合は、既存の建物を取り壊したり廃材等を処理したりするための費用が発生します。そのため、1台分のガレージでも200万円以上、2台分のガレージなら350万円以上かかることもあります。

ガレージハウスは平屋でも建てられる!3つのパターンを紹介

ガレージハウスは平屋でも建てられる!3つのパターンを紹介

ガレージハウスというと、2階建て以上の建物の1階部分をガレージとして使用するケースが一般的です。しかし、敷地が広い場合や、居住スペースをあまり必要としない場合は、平屋でガレージハウスを建てることもあります。平屋のガレージハウスには、次の3つのパターンがあります。

    • 平屋の居住スペースにガレージ部分を隣接させる
    • 多層階の居住スペースに平屋のガレージを隣接させる
    • 居住スペースとは別個にガレージハウスを建てる
  • 平屋の居住スペースに隣接

    家屋自体が平屋で、居住スペースと隣接させるようにガレージ部分をつくるパターンです。ガレージと居住スペースをつなぐ通路やドアがあれば、車に荷物を乗せたり運び出したりするのもスムーズになるでしょう。

    階段や段差なしに居住スペースと移動できるので、お年寄りや小さなお子さまがいらっしゃるご家庭にもおすすめのガレージハウスです。ガレージと居住スペースの隣接部分をガラス窓などで区切れば、生活しながらお気に入りの車を見ることもできます。

    敷地に余裕がある場合は、ガレージ部分を広くとり、倉庫として使うこともおすすめです。車のメンテナンスに必要なグッズやガーデニングの道具を入れておけば、雨に濡れずに保管でき、また、庭に倉庫を別途つくるよりも外観がシンプルにおしゃれになります。

    多層階の居住スペースに隣接

    2階建て以上の居住スペースに隣接する形で、平屋のガレージをつくることもできます。すでにある住宅にガレージ部分だけ増築することもできますし、最初からガレージ部分だけが平屋のガレージハウスとして新築することもできるでしょう。

    居住スペースを多層階構造にすることで、延べ床面積が広くなり、余裕のある間取りを確保することができます。1階部分に広いリビングルームをつくり、2階には個室を5個以上つくるなど、家族に合わせて設計しましょう。

    居住スペースからは独立

    純粋にガレージ部分しかないガレージハウスもあります。敷地面積が広く、余裕がある場合は、別棟として平屋のガレージハウスを建てることができるでしょう。

    しかし、別棟のガレージハウスを建てると、LDKから直接車に移動することができなくなり、玄関を出てから車に乗るという手間がかかるようになります。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭なら、身体を冷やしてしまうのではと不安になるかもしれません。

    とはいえ、別棟でガレージハウスを建てることで、車の振動や音が居住スペースに伝わりにくくなるというメリットもあります。どちらが良いのか考えてから、別棟・隣接をお選びください。

    自分に合う平屋のガレージハウスをつくろう

    ガレージハウスをつくるときは、将来的に今よりも大きな車や車高が高い車に乗り換えることも想定して、広め・高めのスペースで設計してください。何より広め・高めのスペースを確保することで、乗り降りがしやすくなります。家族構成や敷地の広さも考慮した上で、家づくりを始めていきましょう。