フラット35とは?メリットや申込時の条件についても解説
Pocket

住宅ローンを選ぶ際によく耳にする「フラット35」。具体的にはどのような住宅ローンなのかご存知でしょうか。フラット35の特徴やメリット、利用条件について紹介するので、ぜひ住宅ローンを決める際の参考にしてください。

フラット35とは全期間固定型の住宅ローン

フラット35とは全期間固定型の住宅ローン

フラット35とは、全期間固定型の住宅ローンです。住宅ローンは、金利が情勢に合わせて変動する「変動金利型」か、最初の数年間だけ低い固定金利が適用され、固定期間終了後は変動金利になる「期間固定型」であることが多いですが、フラット35は完済時まで同じ金利が適用されます。

なお、「35」という名前の通り、最長35年間借り入れることが可能です。ただし、80歳から借入時の年齢を差し引いた年数が35よりも小さいときは、その年数が最長借入年数となります。例えば借入時に65歳の方の場合、80歳まであと15年しかないため、フラット35で借りられる最長期間は15年になります。

申込者本人か親族が居住する新築住宅・中古住宅の購入に活用できる

フラット35は、申込者本人か、その親族が居住する新築住宅の購入費や建築費、中古住宅の購入費に利用できる住宅ローンです。中古住宅を購入して、リフォームして居住しようと考えている方は、「フラット35(リフォーム一体型)」を利用すれば、リフォーム費用も借り入れることができます。また、省エネルギーの基準・性能を満たす住宅の建築時には、低金利の「フラット35S」も利用できます。

ただし、フラット35は、投資用物件には利用できません。万が一、使った場合はその場で全額返済を請求されることもあるのでご注意ください。返済中に、本当にフラット35の利用者かその親族が利用しているかの調査が実施されることもあります。

金利や手数料は金融機関ごとに異なる

フラット35は政策金融機関のひとつ、住宅金融支援機構と提携したサービスですが、どこでも同じ金利・手数料で利用できるわけではありません。フラット35を利用できる金融機関は都市銀行や地方銀行など300以上あります。営業範囲内かつご利用しやすい金融機関をいくつかピックアップし、金利や手数料を比較した上で利用金融機関を選びましょう。

長期間借りると金利が高くなる傾向にある

フラット35は、借入期間が20年以下と21年以上で適用される金利が異なることが多いです。一般的に借入期間が長くなると適用金利が高くなるので、少しでも利息を抑えたい方は、借入期間を短く設定するほうが良いでしょう。

また、購入価格に比べた借入価格の割合(融資率)が高い時も、適用金利が高くなる傾向にあります。融資率が9割を超えると高めの金利が適用されることが一般的なので、できるだけ1割以上の頭金は用意してローンに望むほうが良いでしょう。例えば5000万円の住宅を購入する場合には500万円以上の頭金を用意しておきたいものです。

フラット35を利用するメリット

フラット35を利用するメリット

さまざまな金融機関が多彩な住宅ローンを提供しています。しかし、フラット35を選ぶことで得られるメリットも少なくありません。情報が多すぎてどの住宅ローンを利用しようか迷った時は、以下のフラット35ならではのメリットと、その他のローンを利用した時に得られるメリットを比較してみてはいかがでしょうか。ご自分に適したローンを選ぶ際の指針になります。

固定金利なので返済額や返済期間を最初に計算できる

フラット35では借入時から完済時まで同じ金利が適用されます。そのため、借入時点で利息総額や返済期間、返済総額をすべて計算することが可能です。一方、変動金利型や期間固定型では、将来的に適用される金利が分からないため、借入時に返済期間や返済総額を正確に知ることはできません。計画的に返済していきたい方には、フラット35が良い選択肢となるでしょう。

繰り上げ返済手数料が無料

家計に余裕があるときは、繰り上げ返済を実施することがおすすめです。繰り上げ返済とは毎月の返済額よりも多めに返済することですが、借入残高を予定よりも早いペースで減らすことにつながり、利息総額を減らし、返済期間を短縮することができます。

繰り上げ返済は「予定外の返済」のため、金融機関によっては別途手数料が発生することも珍しくありません。しかし、フラット35では手数料不要で繰り上げ返済を実施できるので、思い立ったときにいつでも余剰金を返済に充当し、利息減・返済期間短縮を実現できます。

保証人不要

住宅ローンは数百万、数千万円単位の高額ローンのため、通常ならば保証人を立てて借りる必要があります。しかし、フラット35は、保証人を立てずに利用できる住宅ローンです。保証人を探す手間や時間が不要なので、申込者本人の意思と返済能力だけで利用することが可能です。昨今はたとえ親族であっても保証人を断る人が多いため、保証人不要で借りられるということは大きなメリットなのではないでしょうか。

フラット35に申し込むための条件

フラット35に申し込むための条件

フラット35は、誰でも申し込めるローンではありません。以下の3つの条件を満たした上で、なおかつ所定の審査に通過する必要があります。

建物条件:一戸建ては70平方メートル以上、マンションは30平方メートル以上であること。店舗付き住宅の場合は、居住空間が非居住空間よりも広くなくてはいけません。

年齢条件:申込時の年齢が満70歳未満であること。親子リレー返済の場合は、満70歳以上でも借りられることがあります。

収入条件:年収400万円未満の方は、住宅ローンも含めたすべての借入に対する年間返済額が年収の30%以下であること。年収400万円以上の方は、年間返済額が年収の35%以下であること。

フラット35を活用して計画的に返済しよう

フラット35を利用すれば、完済までの返済プランが立てやすくなります。無理のない範囲で毎月の返済額を設定し、計画的に返済していきましょう。