金沢でペットシッターを見つけたいなら
Pocket

さまざまな理由でペットのお世話ができない時に、ペットホテルに連れて行くことが大半でした。

しかし「ペットシッター」に依頼すれば、自宅に来てお世話をしてくれます。ペットにとってストレスのない住み慣れた環境で、いつもどおりのお世話を受けることができれば、飼い主にとっても安心です。

そんなペットシッターの仕事内容や資格、選び方についてお伝えしていきます。

 

ペットシッターとは?

ペットシッターとは?

ペットを飼っている金沢市のご家庭で、飼い主が病気になってペットのお世話ができない時や、出張や旅行などで家を空けなくてはいけない時にお困りではありませんか?

ペットホテルに預けようと思っても、環境の変化でストレスを感じて体調を崩してしまうペットもいますし、何か病気が移ってしまわないか、面倒をきちんと見てもらえるか不安に感じることもあることでしょう。

このような理由から、たとえ飼い主が不在でも、ペットには自宅で普段どおりの生活をさせてあげたいと考える飼い主は多いものです。

そんな飼い主の助けになるのがペットシッターの存在です。

 

ペットシッターとは何らかの都合でペットの世話ができない飼い主の代わりに、ペットの世話をする人のことを指します。飼い主が留守中の自宅を訪問し、ペットのお世話をしてくれるのです。

ペットにとっては、住み慣れた自宅でいつもどおりの世話をしてもらえることで安心して過ごせますし、飼い主にとっても、自分のペットだけをきちんと世話してくれるペットシッターは心強い存在なのです。

 

ペットシッターの仕事内容とは?資格は必要?

ペットシッターの仕事内容とは?資格は必要?

ペットシッターの主な仕事は、飼い主の家を訪問し、ペットのご飯の用意や水の交換、トイレ掃除をし、遊び相手になることです。

必要に応じて散歩に連れて行き、その他にも健康管理やしつけ・トレーニング、爪や毛の手入れなど、飼い主から依頼された世話をおこないます。

場合によっては介護やリハビリをしたり、動物病院に連れて行くこともありますが、ペットの種類によってお世話する内容は異なります。訪問時間はペットにあわせますから、早朝や夕方の散歩時間に訪問することもあります。

依頼主が旅行や帰省などで家を空けることが多い年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどは、依頼が多い時期です。

また、高齢者からペットの散歩を依頼されるケースは増加傾向にあります。

 

ペットシッターには公的な資格ありませんから、無資格でも仕事をすることはできます。

ただし、ペットシッターは動物全般を扱いますから、専門的な知識や技術がないと正しいケアがおこなえません。そのため「ペットシッター士」「認定ペットシッター」といった民間の資格を所持しているかどうかが目安となります。

資格を取得するために、ペットの専門学校に通い、実習や研修を通して深く学ぶことができますし、スキマ時間を利用すれば通信教育で学ぶこともできます。ペットシッターの資格以外にも、ドッグトレーナーや愛玩動物飼養管理士、愛犬飼育管理士、家庭動物管理士といったペットに関する資格は複数あります。これらの資格を所持していれば、ペットに関する知識を持っていると判断できるでしょう。

 

どんなペットシッターに頼む?

どんなペットシッターに頼む?

大切な家族の一員であるペットの命を預ける以上、ペットに関する正しい知識と技術を持ったペットシッターに依頼するのは当然です。

また、留守中に家の鍵を預けるのですから、盗難の恐れがない人、プライバシーを守れる人、戸締まりや火の元の管理がきちんとできる人かどうかを見極める必要があります。また、コミュニケーションをこまめに取り、ペットの様子を写真や書面で報告してくれるなど、離れた場所にいる飼い主にも安心感を与えてくれる人だと信頼できます。毎回違うペットシッターが訪問するよりも、ペットとも信頼関係を築いた同じ人が来る方が、ペットにとっても安心できるでしょう。

 

カウンセリングでは、依頼したいお世話の内容を伝え、対応が可能かどうかの判断をしてもらいます。ペットシッターの料金は時間制のところが多いですが、交通費や出張費、ペットの数や種類などによって料金プランはさまざまです。追加料金が発生するかどうかを事前に尋ねておきましょう。さらに、ペットや留守宅に万一のことがあった時のためにも、補償があるかどうかを確認しておくと安心です。

 

信頼できるペットシッターを見つけよう

ペットにとっても飼い主にとっても相性の良いペットシッターが見つかれば、たとえ飼い主が不在でも、安心してペットのお世話を任せることができます。ペットシッターには国家資格はありませんが、ペットに関して勉強し、幅広い知識と正しい技術を持つ人に依頼すると安心です。

「ペットシッター士」や「認定ペットシッター」といった資格の有無が目安となります。