トイレのつまりや水道の水漏れの原因とは?自分で修理できる?
Pocket

トイレやキッチンなどの水回りで多いトラブルといえば「つまり」や「水漏れ」です。

トイレがつまったり水道から水漏れが起こったりすると、生活に支障が出てしまうので早めに対処をしたいところ。しかしいざとなると「どうすればいいのかわからない」と慌ててしまう方が少なくありません。

この記事ではトイレや水道などで起こりやすいこれらのトラブルの原因や対処方法について詳しく解説します。

 

トイレのつまりの原因と対処方法

トイレのつまりの原因と対処方法

トイレのトラブルで多いのが「つまり」です。

トイレの排水管の形状は真っ直ぐではなく、臭い対策のために「S字」に曲がっており、この形状が異物をつまらせる原因になっています。トイレがつまるのは、トイレットペーパーを大量に流してしまったり、水に溶けない赤ちゃん用のおむつや生理用品などを流してしまったりなど、要因は様々です。

トイレがつまってしまった場合、ある程度のつまりであればご自身で解決できますが、場合によっては思わぬ事故やトラブルを起こす可能性もあるため、慎重に行わなければいけません。

 

スッポンを使用する

スッポン(ラバーカップ)とは、柄の先にゴム製のカップが付いた道具で、「見たことがある」という方が多いかもしれません。

スッポンはホームセンターや日用雑貨店などで購入することができます。先端に付いているゴムカップを排水口に隙間なく当て、上下させることで排水管につまってしまったものを取り除きます。

ここで注意したいのが、スッポンは「つまったものを便器内に引き戻すための道具」だということ。万が一水に溶けない固形物を誤って下水方向(便器から離れていく方向)に押し出してしまうと、下水でつまりを起こしてしまい、特にマンションやアパートなどの集合住宅では上下の階で水が流れなくなったり水が漏れてしまったりなど、思わぬトラブルにつながってしまいます。

 

真空式パイプクリーナーを使用する

スッポンよりも吸引力が強いのが、真空式パイプクリーナーです。とはいえ対応できるのはせいぜいトイレットペーパーや排泄物程度ですので「何がつまっているのかわからない」という場合には、自分で判断せずプロに任せた方が無難でしょう。

 

ワイヤー式トイレクリーナーを使用する

トイレのつまりを解消するための道具に、ワイヤー式トイレクリーナーがあります。これは長いワイヤーを使ってトイレにつまってしまった異物を取り除くためのものです。

先端がブラシなどを使用しており、頑丈ではないため固形物には向きません。

 

トイレの水漏れの原因と対処方法

トイレの水漏れの原因と対処方法

トイレで水漏れが起こると、水道代が多くかかってしまったり、水漏れの箇所によっては床や壁などに被害が広がったりする場合があるので、早急に原因を突き止めて対処しなければなりません。

特に床面に水漏れが及んでしまうと、思わぬ修繕費用が発生する恐れがあります。トイレで発生する水漏れには様々な種類があり、原因や対処法が異なります。

ここではトイレで発生する水漏れの種類をご紹介するとともに、それぞれの原因や対処法を解説します。

 

タンク内で水漏れが起こっている場合

現在多くの家庭で使われている洋式トイレですが、タンクの内部で「ポタポタ」と水漏れする場合があります。これはタンクの内部にある「ボールタップ」もしくは「浮き球」のどちらかに問題がある可能性があります。

洋式トイレはあらかじめタンク内に水を貯めておき、レバーを回すことで溜まった水を便器に流す仕組みです。この際タンク内の水の量を調節しているのがボールタップと浮き球で、浮き球が水に浮いたり沈んだりすることでボールタップの止水弁が開閉。これによってタンク内の水位を調節する構造になっています。しかしこのボールタップもしくは浮き球のどちらかに不具合が生じると、止水弁の開閉が上手くいかなくなり、ポタポタと水漏れすることになります。

 

ボールタップに原因がある場合は、ボールタップごと、もしくはボールタップのパッキンを交換することで水漏れを補修することができます。ボールタップやそのパッキンはホームセンターで、もしくはメーカーからの取り寄せで手に入れることができ、専用の工具(ウォーターポンププライヤーなど)があれば自分で取り替えることも可能です。ボールタップはメーカーや便器の品番によって種類がバラバラですので、事前に確認してから購入しなければ適合しない可能性があるので注意しましょう。

 

浮き球が経年劣化によって割れているなどしている場合にも、同じく水漏れが起こる可能性があります。

浮き球もボールタップ同様にホームセンターやメーカー取り寄せにて入手可能です。こちらも自分で取り替え可能な部品ですが、メーカーや型番によって適合するものが異なりますので要注意です。

 

流し終わっても水がチョロチョロと漏れる場合

便器の水を流し終わったにもかかわらず、チョロチョロと水が出続けることがあります。

これはタンク内部の「フロートバルブ」という部品に問題がある可能性が高いです。このフロートバルブは、トイレを流すときのレバーとチェーンでつながっている部品。レバーを回すとフロートバルブが持ち上がり、タンクに貯められた水が便器に流れ出す仕組みです。このフロートバルブが経年劣化などを起こし、水漏れが発生する可能性があります。フロートバルブもホームセンターやメーカー取り寄せで購入でき、自分で交換可能です。メーカーや便器の品番によって大きさや形状が異なりますので、必ず確認しましょう。

 

壁面の止水栓やタンクの接続口から水漏れしている場合

壁面にある止水栓や、タンクと水道管の接続口から水漏れが発生している場合は、内部のパッキンを疑いましょう。パッキンとは水漏れを防ぐための黒いゴム製の丸い部品のことですが、長年使用しているとゴムが硬くなったり擦り減ったりして劣化し、水漏れを起こすことがあります。この場合にはパッキンを交換することで、水漏れの補修が可能です。ウォーターポンププライヤーなどの専用工具があれば交換できますが、適合する大きさや厚みが異なりますので注意が必要です。古い水栓ですとサビや腐食が進み、無理をして回すと破損してしまう危険性がありますので、作業は慎重に行うようにしましょう。

 

便器やタンク本体から水漏れしている場合

便器やタンク本体から水漏れしているのは、主にひび割れが原因です。ひび割れの場合は本体ごと交換することをおすすめします。パテやコーキングなどで一時的な修理は可能ですが、再び水漏れが発生してしまう可能性が高いのでおすすめしません。

 

水道の蛇口から水漏れする原因と対処方法

水道の蛇口から水漏れする原因と対処方法

キッチンや洗面所などに設置してある蛇口でも「水漏れ」のトラブルは付き物です。蛇口の水漏れの主な原因には、パッキンの劣化、節水コマの劣化、蛇口本体の劣化などが考えられます。

それぞれ水漏れの箇所や対処方法が異なりますので、確認しましょう。

 

パッキンの劣化の場合

水道管と蛇口を接続する部分やパーツのつなぎ目など、あらゆる箇所に水漏れを防止するための「パッキン」が使われています。そのような「つなぎ目」の部分で水漏れを起こしている場合は、パッキンが劣化している可能性があります。パッキンは主に黒いゴムでできた円形の部品で、長い間使用していると硬化などが原因で劣化し、水漏れを起こします。パッキンはホームセンターなどで手に入れることができ、ウォーターポンププライヤーなどの専用工具があればご自身で交換することができます。

しかしパッキンにはサイズや厚みの規格が非常に多くあり、合わないものと交換すると水漏れを補修できないので注意しましょう。また古い水道管や蛇口だと、サビや腐食が進行し、無理に外そうとするとボロボロに壊れてしまう恐れがあります。「自分では無理かも」と思ったら、迷わず業者に任せることをおすすめします。

 

節水コマが劣化している場合

蛇口の内部には「節水コマ」と呼ばれる部品が入っています。呼び名の通り「コマ」のような形をしている部品で、この部分が劣化をすると、蛇口の先端からポタポタと水が漏れるようになります。節水コマもホームセンターなどで購入することができ、ご自身で交換可能です。

 

蛇口本体が劣化している場合

蛇口本体には主に金属が使用されているため、サビや腐食のために劣化し水漏れを起こすことがあります。このときは本体の交換時期です。蛇口本体を自分で交換することは可能ですが、古い蛇口を取り外すときに壁の内部のネジを破損する可能性があるので、無理は禁物です。壁の内部のネジを壊してしまうと、蛇口を交換してもそこから水漏れが発生してしまうためです。

 

水回りのトラブルで困ったら迷わずプロに相談を

トイレや水道などのトラブルは、ある程度なら自分で修理が可能です。しかし「部品の選び方がよくわからない」という方や「自分で修理をすると壊してしまいそうで怖い」という方もいるでしょう。またメーカーの保有期限を過ぎてしまい、部品が入手できない場合もあります。

金沢や富山、福井にお住まいの方で、トイレや水道のつまりや水漏れといったトラブルにお困りの方は、ぜひ一度プロの業者に相談してみることをおすすめします。