変化の連続だった上半期

記事公開日:2020.07.15

292 PV

変化の連続だった上半期

2020年も半分が過ぎましたが、毎度毎度この半年も変化の連続だったビックマック。今回は上半期での主な変化について、まとめて記していきます。せっかくですから、仕事以外の個人的な部分についても振り返らせていただきます。

変わったこと 仕事編

変わったこと 仕事編

まずは、1月から6月までの会社としての変化、なかでも北陸営業部に関るすものを紹介します。

北陸営業部に新たなスタッフ加入

ビックマックの方針として、ここ数年は内部(マーケティング・制作)の採用をメインに行ってきました。そんな中クライアント様も増え、より丁寧な対応が出来るようにと、北陸営業部でも新たなメンバーを採用しました。

 

私と20歳以上も違う若者。どう対処してよいかわからず、私自身も悩みの日々でした。最初から結果を求めてはいけないのですが、求めてしまう私の小ささもあり、彼自身も慣れない環境で苦労を感じていたと思います。

 

ですが、春以降少しずつ営業としての結果も出始め、自信も出てきたようです。素直さが彼の良いところであり、その部分はこれからもずっと持ち続けて欲しいです。

北陸銀行との業務提携

秋冬にかけて北陸の企業に向けて行われた、ウェブセミナー「Googleデジタルマーケティング in北陸」。Googleと北陸銀行がタッグを組んで実現したこのイベントのサポートを契機に、ビックマックは北陸銀行と業務提携をスタート。

 

北陸銀行の各顧客が抱える大きな課題であるウェブ活用。ビックマックでは北陸銀行のITコンサルティング部と連携し、北陸の企業さまのウェブに関する悩みをサポートしています。

Thinkの稼働開始

ビックマックのグループ会社として「Think inc.」が3月から本格稼働しました。写真撮影・動画制作・キャスティングなど、これまでは外部協力にて提供していた仕事を、ビックマック自社のグループ内で全て提供できるようになりました。

 

ウェブ広告の運用、ウェブサイトの構築のみなど、以前は部分的サポートになることもありましたが、Thinkが存在することで、動画や写真の企画制作から広告運用まで包括的な依頼をいただく数がますます多くなっています。

 

マス広告・ウェブ広告など広告手段が多種多様だからこそ、人を惹きつけられるクリエイティブの価値が高まり、それを生み出せる存在が強く求められていると感じています。

 

▼ Think inc.

https://thinkinc.jp/

新メニュー「Lefty」の提供

6月より新しいサービス「Lefty」の提供を開始しました。

 

「Lefty」は、クライアント専用のウェブ部隊をビックマックが月額費用固定形式でご提供。自社でウェブ担当者を採用したくても採用出来ない企業にとって、非常に便利なサービスです。

 

これまでも、サイト解析から改善提案、実際のサイト制作まで幅広いウェブサポートを提供していましたが、その内容を一つ一つ分解し業務内容を明確にしたのが「Lefty」。「Lefty」というポップでシンプルなサービス名の助けもあってか、提供開始以来、予想を上回るご依頼をいただいています。

 

ちなみに「Lefty」ネーミングの由来が気になる方は、弊社営業部まで直接お問合せください。

 

▼Lefty

https://lefty-service.com/

金沢オフィスの開設

こちらもこの秋に北陸3県に向けて、サービスを開始する「House Labo」の拠点として6月に開設されました。

 

先にご紹介した北陸銀行との業務提携とも相まって、富山県・石川県の企業からの依頼も増えている状況で、金沢オフィスは今後、ビックマックの北陸営業部の要所になっていく予感。スタッフも、金沢を中心に活躍していたクリエイティブな面々が新たに参画しています。

 

採用に対する応募も殺到している様子で、既にオフィスのスペースが足りないかもという、うれしい悲鳴も聞こえています。

契約書のやりとりが増加

クライアントと、契約書内容について調整を要することが増えてきました。これまでは契約書の内容に対するやり取りはそれほど多くありませんでしたが、依頼をいただく企業規模が大きくなるにつれ、クライアント側と弊社法務担当者との間で内容を詰める作業が多くなっています。

 

対応で時間を取られる面もありますが、お互いを守るための契約書として、契約書をきちんと大事に扱っている企業とのお仕事が多くなった、と前向きに捉えています。

変わったこと 個人編

変わったこと 個人編

個人的な変化について、6か月を振り返ってまとめてみました。

神棚参りを始めた

会社の神棚を前に毎朝、手を合わせることを習慣としました。朝出社してまず最初に行う神棚のお水の取り換え。決まった時間に決まったことを行うのは、1日の始まりを意識させてくれて、大変良い時間と感じられています。

業務を整理する時間の確保

クライアントや社内の確認も少ない土曜日をメインに、現状整理の時間を作りました。じっくり現状整理が出来る時間を週末にとることで、以前よりは週の仕事始めもスムーズになっています。まだまだ整理スキルが低く時間はかかります。

 

ですが、自分が整理能力が低いことに気づけただけでも価値あり、です。整理能力が低いなりに方法を考えれば良いのですから。

パーマにチャレンジ

2月には人生初のパーマをかけました。見た目を変えてみるリフレッシュは、すごく効果があるものだと実感。7月現在、違うスタイルでパーマ継続中です。

ダイエットに挑戦

生まれて初めて、本格的ダイエットに挑戦し、マイナス5キロという結果になりました。たった5キロですが、体も軽く目覚めが良い日々。

 

いかにこれまで無駄に多くカロリーを摂取していたのか。自分の食事に気を使わな過ぎだったのかを感じました。ベスト体重までは道半ば。8月末までにもう5キロ落とす予定です。

10年ぶりに車を入れ替え

4月に車を購入しました。家族の反対を押し切って、100パーセント個人的好みで選んだ車。様々な根拠を用意して家族を説得した自分。

 

振り替えってみて案外、自分も自己主張が出来る男なんだな、と変な自信になっています。仕事終わりの帰宅途中に心が満たされる車中の時間。我慢をしないで自分の気持ちを主張して良かったです。

まとめ

まとめ

グループ会社や支社の設立など、2020年上半期は大きな変化があった時期でした。私がビックマックの一員になってもうすぐ4年。

 

即断即決で進む怒涛のスピード感もさすがに受け入れられるようになりました。欲を言えば、受け入れる側ではなく自分が変化を起こす張本人になりたい、とも。2020年の後半からはそんなイメージで取り組んでいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加