Bigmacの営業ってどんな仕事?〜内容とやりがい〜

今回はこれからネットの広告やHPの制作を依頼しようと考えている企業の担当者様、今までの経験を活かして転職を考えている方、就職先を悩んでいる就活生の方に向けて弊社の営業の仕事内容を紹介していきます。

ビックマックのサービスの内容

ビックマック株式会社ではネット広告の運用代行、HPやデザインの制作、インターネットを活用したコンサルティング業務など様々なサービスを取り扱っています。

その他にもテレビ・新聞・雑誌・ラジオ等の媒体広告も取り扱っており、様々なサービスをクライアントごとに組み合わせて提案しています。ネットの広告と既存の広告を組み合わせたプロモーションを考えることができることが通常の広告代理店との違いかもしれません。

求人広告や集客のための広告、ブランディングのための広告など広告と一言で言っても様々ですが、クライアントによって求めている結果が違うことが考えられるため、どのサービスを提案すれば上手く行くのか、自社で相談することが多いです。

ビックマックの営業の仕事内容


営業の仕事と言うと飛び込みの営業やクライアントへの提案が浮かぶ方が多いのではないかと思います。しかし実際は見えない部分で様々な業務に取り組んでいるので紹介します。

営業

インターネット関係の広告や制作物は様々な企業に提案することができます。ネット広告や制作物は提案できる業種が多いため、他の業種の営業と比べて、自分が関わりたい企業や社内で売上を上げるためのサポートができると判断した企業と共に仕事ができるチャンスが多いと考えています。

私は、自分が興味のある、ファッション関連の商品を取り扱っている企業や今まで見たこともないような機械を取り扱っている企業などに営業に行く中で、新しい発見もあるため毎日楽しみながら業務に取り組んでいます。

提案

自分で営業に伺った先、ホームページから問い合わせがあった先など見込み顧客に対して提案に行くのも営業の仕事です。マーケティング部や制作部、メディア事業部と相談を重ねてクライアントごとに合った企画を作成して提案します。

提案をする時間はそれほど長くはありませんが、企画を作成する時はどうすれば結果が出るのか、クライアントのためになるのかなど、時間をかけてデータを出してよりよい提案になるように努めています。

ディレクション

広告の運用やサイト、デザインの制作を依頼されたあとはディレクターとして弊社の担当者とクライアントの間に立って業務を進めていきます。ディレクターがやり取りを怠ってしまうと業務に遅れが生じたり、納期が遅くなってしまう可能性があるため、責任重大です。

しかし大変な仕事である分、結果が出た時、制作物が完成した時にはディレクターにしかわからない達成感を味わうことができます。

その他にもクライアントや自社のメンバーとやり取りを繰り返す中で少しずつ信頼が深まっていったり、話し合うことで新しい案が生まれることもあります。信頼関係を深めた上で新しいアイデアが生まれることも営業の醍醐味だと思います。

その他

電話やメール等の日々のクライアントとのやり取りや資料の作成などの事務作業も営業の仕事です。

クライアントとの会話や資料の作成で活かすために広告業界の情報やクライアントの関連業種の情報収集は欠かせません。その上で資料を作成したり、どうすればクライアントにとって充実した時間になるのか、1度の訪問でも時間を無駄にしないためにはどうすれば良いのか考えています。

業務の話だけでなく、仕事をする上でお互いを知るための話も営業の仕事です。毎日新しい出会いがあり、色々な話を聞けることも営業職の楽しさだと思います。

営業として意識していること

営業にとって仕事に対する意識は極めて重要になります。営業がしっかりしていないとやり取りが上手く進まなかったり、ミスに気付かずに業務が進行してしまう可能性が高くなります。それらの問題を防ぐために私が常に意識していることを紹介します。

モチベーション維持

営業として意識することは、多いですが、私はモチベーション維持を最も大切にしています。モチベーションが低くなってしまうと資料の作成やクライアントとのやり取りに悪影響が出てしまいます。

せっかく大切な時間を頂いたのに、その時間を無駄にしてしまうことはクライアントに対して失礼になります。自分にとっても相手にとっても大切な時間を決して無駄にしないために、常にモチベーションは高い状態を保っています。

毎日を楽しむ

営業は仕事が取れなかったり、怒られたり、辛いことが多い職業でもあります。そんな中でも毎日を楽しめるように、私は自分で目標や夢を考えて常に追いかけるようにしています。

やはりどんな仕事でも楽しんでいる人が一番結果を残していると私は思います。クライアントとやり取りをする時も結果を出すため、何かを完成させるためにお互い楽しみながら本気で目標を追いかけられるように意識しています。

相手のことを考える

忘れてしまいがちですが、相手のことを考えることは営業にとって重要です。会話をする時でも話が上手な人はどうしても自分のことばかり考えて話を進めようとしてしまう傾向にあります。話し上手な人で営業職を目指す人が多いと聞いたことがありますが、相手のことを考えてしっかりと話を聞く事も営業の仕事です。

営業をしている人は自分の契約の数や利益のことを考えてしまうこともありますが、それよりもクライアントと自分、お互いが納得した上で業務を進めることが大切です。

まとめ

今回はビックマックの営業はどんな仕事をしていて、どんなことを考えているのかを紹介しました。今後ネット広告、HP等の制作物に関わることがある人たちにとって、この記事の内容が少しでもお役に立てれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Yamaguchi

高校卒業後Bigmacに入社。 好きな事は遊ぶこと、楽しく話すこと、お客様の話を聞くこと。 趣味は結構多いので是非聞いてください(笑) 今は営業として福井県中を車で走り回っています。 もしかしたらあなたの会社に突然お邪魔するかもしれませんが、優しくしてくださいね!お客様のビジネスに最適な提案を考えさせて頂きます! 余談ですが学生時代のあだ名は「にゃんぱす」でした。 最近は名前で呼んでもらえることに密かに感動する日々を送っています。

筆者が最近執筆した記事