初めてのGoogleタグマネージャ(GTM) ~設定・導入編~

first-time-google-tag-manager-gtm-setting-introduction-920x613

リスティングを運用するうえで何かと絡んでくるのはタグの設定だと思います。リマーケティングタグやコンバージョンタグ、Googleアナリティクスのトラッキングタグなどなど、複数のタグを管理するのは大変だと思います。

また、各媒体ごとに発行が必要なのでWebサイト管理者に埋め込みを依頼するのも大変になるかと思います。加えてタグを設置しすぎたことによりサイトの読み込み速度の低下なども起きます。しかし、複数のタグの管理が簡単に管理できるツールがあるのはご存知でしょうか? 今回はそんな便利ツールを紹介していこうと思います。

タグマネージャーとは

タグマネージャーとは、Googleアナリティクスなどの解析ツールのタグやリマーケティングタグ、コンバージョンタグなどを一元管理できるツールです。無料で使用できるものですとGTM(Google タグマネージャ)とYTM(Yahoo!タグマネージャー)が有名かと思われます。

どちらもできることは似たようなものですが、使用できるテンプレートの数に違いがあります。今回はその中のGoogle タグマネージャの設定紹介になります。

Google タグマネージャ開設・導入

まず、Googleアカウントがない方はアカウントの作成が必要です。そして、公式サイト(https://www.google.com/intl/ja/tagmanager/ )でGoogle タグマネージャの登録をおこないます。「アカウントを作成」をクリックし、次へ進みます。

first-time-google-tag-manager-gtm-setting-introduction1

進みますと画像のような画面になりますので、アカウント名のところに○○株式会社などの任意の名前を入れます。
そしてコンテナの設定、コンテナ名をいれます。

first-time-google-tag-manager-gtm-setting-introduction2

ここは例の用意、WebサイトのURLでも構いませんし、日本語も入力することが出来るのでWebサイト名でも構いません。そしてコンテナの使用場所を「ウェブ」「iOS」「Android」「AMP」環境に合わせて設定したらGTMの発行は終了です。あとはGTMのタグをWebサイト内に設置すれば導入完了です。

Google タグマネージャ設定

作成および設置が完了したら、いよいよタグの設定となります。設定する順序に特に決まりはないのですが、自分はいつもトリガーの設定から行うのでこちらから説明していこうと思います。

トリガー設定

トリガーとはタグを発火させるルールを設定するもので、例えば特定のページを見たユーザーのみにタグを発火させたり、特定の項目をクリックしたときにタグを発動などをさせることが出来ます。

今回はサンクスページで発火させるトリガーを作成してみようと思います。今回は「http://○○.co.jp/shopping/complete.php」のでタグを配信するトリガーを作成してみようと思います。

first-time-google-tag-manager-gtm-setting-introduction3

今回の場合上記画像のように作成しました。トリガーの種類はページビューで作成しました。そして発生場所は一部のページビューで先ほどの「/shopping/complete.php」を指定してあります。

Webサイトによっては「/shopping/complete.php?138927」など固有のIDが振られるサイトもあるのでそういう場合は含むで作成するといいと思います。固有のIDがない場合は等しいにしておけばそのサイトでしか配信されないので、等しいにすることをお勧めします。

タグの設定

トリガーが設定完了しましたので次はタグの設定です。今回はAdWordsコンバージョンタグ設定を設定します。AdWordsの場合テンプレートがあるのでそちらの方を利用します。テンプレートがないタグの場合はカスタムHTMLでコードを貼り付けてください。

first-time-google-tag-manager-gtm-setting-introduction4

設定完了すると上記画像のようになります。必須項目は、コンバージョンIDとコンバージョンラベルとなり、AdWordsのコンバージョンタグからID、ラベルを貼り付けるだけでタグの設定は完了です。あとは先ほどの、トリガーを配信トリガーとして設定すれば完了です。カスタムHTMLで組んだ場合も基本的には同じで、ソースコードを丸ごと貼り付けるか、一部のみになるかの違いしかありません。

プレビュー確認

先ほど設定は行ったので次に確認の作業となります。先ほどの設定したタグが実際にちゃんと動いているか、プレビューモードを使い確認していきます。Google タグマネージャの右上にある「プレビュー」ボタンを押すとプレビューモードになります。そして実際にGoogle タグマネージャが設置されているWebサイトアクセスすることで確認できます。問題がなければ公開をし、問題があればもう一度見直しが必要です。

タグマネージャーのメリット・デメリット

便利なタグマネージャーですが、メリットもありますがその裏にはデメリットがあるのも事実です。

タグマネージャーのメリット

タグマネージャーのメリットとしては下記のようなものが挙げられるかともいます。

・タグの管理が運用者側で可能になる
今までタグを設置してもらう場合、Webサイトの管理者に依頼してたと思いますが、タグマネージャーのコードを設置してもらえば、以後依頼のの必要がありません。追加や削除もこちら側でできるので手間がなくなります。

・Webサイトの読み込み速度が短縮される
タグマネージャーを使わない場合、個別でタグの設置をする必要がありますが、利用するタグの数分だけWebサイト内に設置する必要がありました。しかし、タグマネージャーを利用すると、複数のタグコードがなくなり、タグマネージャーの物1つだけになりますので、サイトの読み込み速度が個別で設置していた時より速くなります。ただ、設置しているタグの数が元から少ない場合は早さを実感できない可能性はあります。

タグマネージャーのデメリット

タグマネージャーは便利なツールですが、デメリットもありますのでそちらも含めて使用するかを考える形がいいと思います。

・既存のサイトからの移行がすごく手間がかかる
設置してあるタグが少ない場合は、手間はそんなにかからないのですが、多い場合大量の時間を使うことになります。また、現在のサイトに設置してあるタグは全て外す必要があり、また外し忘れがあると、エラーや二重計測されてしまうなんてこともあります。

・対応していないタグがある
基本的にはGoogle タグマネージャの場合カスタムHTMLを使えば対応できますが、それでもすべてのタグが対応しているわけではないので、非対応の物はサイトに直接設置してもらう必要が出てきます。

まとめ

Google タグマネージャの設定・導入からメリット、デメリットを取り上げましたがいかがでしたでしょうか。設定はタグマネージャ管理画面ないで視覚的に確認できるので、あまり迷うことはないかと思います。GoogleアナリティクスなどのGoogle関連のサービスは基本的にテンプレートが存在するので簡単に導入できます。リスティング広告運用者が気になるYSSやYDNのタグもカスタムHTMLで対応できます。

また、Yahoo!タグマネージャーを使えばYahoo!関係のテンプレートも存在しますので、使い勝手のいい方を導入するといいと思います。タグ関係で悩まされている方はぜひ一度導入をしてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Kato

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年8月入社。マーケティング事業部の頭脳と呼ばれる切れ者。分からない事についてはとにかく自分で調査し、実践に移せる行動力を持っているので、周りからの信頼も厚く、とても頼られる存在。オーダーメイドで30万円以上の特注イヤホンを作ってしまうほどのポータブルオーディオ好き。その他オーディオ機器についても詳しく、休みの日には動画編集や音源編集などに没頭中。

筆者が最近執筆した記事