GoogleAnalytics入門講座~インテリジェンスイベントを使い、サイトの異常にすぐ気付こう~

Googleアナリティクスには、様々な便利な機能がありその一つにインテリジェンスイベントというものがあります。
intelligence events01

インテリジェンスイベントを、GoogleAnalyticsのヘルプでは下記のように説明しています。

ウェブサイトのトラフィックを監視して、統計的に大きな変化を検出した場合にアラートを生成します。

たとえば、大阪からのトラフィックが 20% 以上低下した場合に、カスタム アラートを表示するよう設定できます。カスタム アラートの作成時にメールや携帯メールで通知が届くように設定すれば、レポートをチェックしなくても、イベントが発生したことがわかります。

GoogleAnalyticsヘルプ インテリジェンス イベントについて

つまり、確認したい(している)項目で異常値が発生した際
GoogleAnalyticsからアラートが発動させる、自動アラート機能のようなものです。

早速、設定してみましょう!

 

まずは概要を簡単にご説明

インテリジェンスイベントを選択すると下記4項目が表示されます。

[サマリー]

[日別のイベント]

[週別のイベント]

[月別のイベント]

intelligence events02

 

サマリーとは

指定期間に表示された自動アラートとカスタム アラートの概要を示します。

日別のイベントとは

データの日単位の変化に基づいて表示された自動アラートとカスタム アラートを示します。

週別のイベントとは

データの週単位の変化に基づいて表示された自動アラートとカスタム アラートを示します。

月別のイベントとは

データの月単位の変化に基づいて表示された自動アラートとカスタム アラートを示します。

 

アラートの種類を選択しよう

アラートには2種類あります。

[自動アラート]

[カスタムアラート]

intelligence events03

 

自動アラートとは

GoogleAnalytics側でデフォルトで作っているアラート種類で、作られている種類に関しましてはサイト、または日によって異なります。

カスタムアラートとは

その名の通り自分でアラートを作る機能を指します。ちなみに[自動アラート]は、例えばこのような感じで出てきます。
intelligence events04

今回は[カスタムアラート]を選択し、作成してみようと思います。

 

カスタムアラートの作成

1.[カスタムアラート]のタブを選択>[カスタムアラート管理]を選択
intelligence events05
2.[+新しいアラート]を選択
intelligence events06

3.[アラート名]を入力。今回は「【セッション数】先週比-20%減少」とします。[期間]を選択しましょう。今回は[日]を選択します。
intelligence events07

4.[アラート条件]を選択しましょう。今回はセッション数が先週と比べ20%少ない場合にアラートを発動させますので、下記のように設定しましょう。その後[アラートを保存]で設定は完了です。
intelligence events08
[カスタムアラート]を確認しますと、すぐには確認できませんが指定した条件が整った場合アラートが発動され、表示されます。

 

まとめ

インテリジェンスイベントの使用例としまして、先週のCV数と比較して著しくCV数が落ちた場合通知する、という設定があります。一般的に、CV数がいきなり下がることは無いので、大体の場合においてカートシステムや、セキュリティー面で問題が出ているケースが多いのでそういった「最悪の事態にスグ気づけるアラート」としてインテリジェンスイベントを利用するのも有用です。

複数アカウントを見ていると、毎日見に行くことが難しくなるので「なかなかアカウントを見まわる時間がない」と悩んでいる方はデッドライン(悪化の基準)を決めて、各アカウントに設定してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加