【初心者向け】Webライティングでの記事の書き方まとめ


「ブログ記事の執筆を行いたい」「文章をどう書けばいいのかわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
今回は、ライティング初心者の方に向けて、執筆者流の記事の書き方や、Webライティングで活用できるおすすめツールをご紹介いたします。

STEP:1タイトルを考える

まずは、ページタイトルを考えましょう。

  • 記事の内容がどういった内容なのか、一目でわかるタイトル
  • タイトルにキーワードをいれこむ
    (キーワードにそった文章を書くのならば、タイトル内にキーワードを入れ込むことで、よりSEO効果の向上が期待されるため)
  • 32文字以内であること
    (検索結果画面に表示されるタイトルの文字数は、32文字以降は省略されてしまうため)
  • 【】などを使用して、ユーザーの興味を引かせる

…など、タイトルを決定する際は様々なポイントがあります。

読まれやすい記事のタイトルをつけるコツなどは、以下の記事をご参考ください。
クリック率を高める!読まれる記事タイトルのつけ方・決め方

STEP2:構成を考える

タイトルを決めたら、次は書きたいキーワードに沿った記事の構成(構造)を考えます。なぜ先に構成を考えるのかというと、記事を書いているうちに「あれもこれも…」と文章を継ぎ足していくと散文気味になってしまい、なかなか記事がまとまらないためです。

ブログならば散文でも悪くはありません。しかし、「キーワードに沿った、まとまった文章」を目指すのならば、構成を考えることで、まとまった文章が書きやすくなるのです。

記事の構成を考えるコツ

さて、記事の構成を考えるコツは、ずばり「キーワードに対する上位サイトページをしっかり読む」ほかありません。Googleは、ユーザーの疑問(検索キーワード)に対して、もっとも近い回答や解説を行うサイトを上位サイトに表示します。

そのため、まずは上位3~5サイトを参考記事として細部までしっかり読み、キーワードに対して知識を深めるほか、上位サイトの見出しなど、記事構成の傾向を分析しながら、自分の記事に生かし、オリジナルコンテンツで製作しましょう。

構成を考える際は見出しも考える


文章の構成を考える際は、併せて見出しも考案しましょう。構成の段階で見出しを細かく指定すると、あらかた記事の骨組みが出来上がるため、より記事の内容がぶれずにライティングが行えます。

見出しについてはSEOタグの最適化についてご紹介した記事内の、hタグ(見出しタグ)の項で詳しく解説しております。ぜひ、併せてご参考ください。

また、見出しを考案する際は、「この項目ではこれが伝えたい」「こういう表現がいいんじゃないか」と思ったことを共にメモする方法もおすすめです。

見出しや小見出しをこまめに設置すると読みやすくなる

見出しをこまめに設置するメリットは、記事が書きやすくなるだけではなく、記事が読みやすくなるというメリットもあります。

見出しは、読み手に以下の文章の内容がどういったものであるか伝える働きをもちます。文章がずらっと並んだ中から自分の疑問への回答を探すよりも、数個の見出しの中から自分の疑問に答えていそうな見出しをみつけ、以下の文章を読む…。

読み手の立場となった場合、後者のほうが圧倒的に「読みやすい記事」であると思いませんか?勿論、見出しをこまめに設置することでレイアウト上も読みやすくなります!

見出しの文章は簡潔にする

見出しの文章は、ユーザーが一目で文章の内容が分かるようにするため、簡潔に述べましょう!また、SEO対策を意識したWebコンテンツ文章作成の場合、キーワードを見出しに入れ込むと、よりSEO効果が高まるといわれています。

STEP3:前書きを考える

記事の構成を考えたら、次に記事の前書きを考えましょう。記事の前書きとは、記事内で一番最初に書かれる文章のことで、この記事内での前書きは、以下の部分が該当します。

「ブログの執筆を行いたい」「文章をどう書けばいいのかわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?今回は、ライティング初心者の方に向けて、執筆者流の記事の書き方や、Webライティングで活用できるおすすめツールをご紹介いたします。

前書きは110文字程度で書く

前書きは、検索結果に表示されることが多い文章です。検索結果には、約110文字程度の前書き部分が表示されるため、前書きは110文字程度で記述する必要があります。

前書きは読者が読みたくなる文章を書く

前書きは、検索結果に表示されることが多い文章であるため、読者がついクリックしたくなるような文章を110文字以内で書きましょう。以下はほんの例文です。

【前書き例文一覧】

共感させる前書き
「~という経験はありませんか?」
「~ということがありますよね。」
など、ユーザーに共感をさせ、クリックを誘う方法。
結論から切り出す前書き
「結論から言うと~」
など、ユーザーが求める結論を最初に切り出す方法。
含みを持たせる前書き
「○○は××と言われていますが、実は△△なのです」
など、「実は~」というニュアンスにより、他サイトでは得られない情報が書いてあるとアピールする方法。
説明系
「○○は株式会社××から販売されている製品で~」
など、キーワードに対する説明を前書きとする方法。

STEP4:本文を書く


本文を書く際に最も気を付けることは「おかしな文章になっていないか」です。

  • 間違った表現方法は使っていないか
  • こそあど言葉は乱用していないか
  • 疑問に対して結論は述べているか
  • 何か意見を述べる場合、根拠も記述したか
  • 支離滅裂な文章になっていないか

など、勢いで書くのではなく、しっかり意識をもってライティングを行いましょう。

句読点が少なくないか・多すぎないか

ライティングを行っていると、ついつい勢いで句読点が少なくなる・または多くなる場合があります。本文を書いている最中でも、たまに手を止めて句読点が適切に打たれているか、しっかりチェックを行いましょう。

(ちなみに私は後者で、句読点が非常に多くなってしまうタチです。この記事を書きながら、すでに20個は句読点を消したと思います…。)

ひらがな・漢字の連続に注意

1文の中で、連続して漢字・ひらがなが出現すると、文章は途端に読みづらくなります。
【例】
「文章がひらがなばかりでこんがらがった」
「是非御一報ください」
上記の例のように読みづらい文章をつくらないためにも、変換や文章の置き換えなどを行って、文章の読みやすさを意識しましょう。

こそあど言葉は多用しないほうがいい

「この・その・あの・どの」「これ・あれ・それ・どれ」など、こそあど言葉は他人に何かを伝えるうえで多用しがちな表現ですが、Webライティングを行う上でこそあど言葉は基本的に使用することをお勧めしません。

なぜなら、多くのユーザーは、自分の知りたい情報以外の箇所は基本的に読み流す傾向にあるためです。

せっかくユーザーが、知りたい情報について述べていそうな一つの見出しをみつけたのに、文章中にこそあど言葉が多用されている場合、ユーザーは「これ」や「あれ」が指す箇所を記事中から探さなくてはならず、離脱率も高まると予想されます。

Webライティングでの改行の目安

本文のテキストを書く際は、ユーザーの読みやすさを考慮しながらライティングを行いましょう。サイトの仕様にもよりますが、紙媒体と同じ改行方法では読みづらくなるため、私は基本的に

  • スマホから読んでもらうことを意識するサイトなら、1文ごとに改行
  • パソコンから読んでもらうことを意識するサイトなら、1つのまとまりが3行(多くて4行)以上

を意識して、1行の文字数などを調節しながら改行を行っています。

また、上記のように改行ではなく、箇条書きを利用して文章を読みやすくする文章術もおすすめです。

表を挿入してより分かりやすく解説

文章を書く上で、表でまとめることが可能な場合は、積極的に表を挿入していきましょう。表の挿入は、文章の連続を避ける以外にも、ユーザーにとってより分かりやすい記事を作成するメリットがあります。

表を作る際のおすすめツール

表はインターネット上にアップする場合、HTMLタグのうち「テーブルタグ」の使用が必要となります。しかし、<table>…<tbody>…<td>…<th>…様々なタグを打ち込むのは非常に手間です。

そこで、私はTable Tag Generatorという無料Webサイトを利用しています。先ほど前書きについて説明した際に挿入した表も、テーブルタグジェネレーターに打ち込み、更にセンタータグなどを加えて制作した表で、所要時間は5分ほどでした!

また、作成した表をプレビューする場合はHTML Preview:HTMLの簡易プレビューツールというサイトが併せておすすめです。

テーブルタグなどの基礎知識を覚えることも勿論大切です。しかし、便利なツールを利用して作業時間を短縮することもまた、大切だと思います。

ライティングに成功法則はない

今回ご紹介している一連の記事を書く流れは、あくまで筆者自身の記事を書く流れや、「こうすると楽だった」「こうすると読みやすくなる」などのアドバイスです。あくまで、「こうすれば質のいい文章が書ける」など、確約するような成功法則やルールはありません。

文章を書く上で、結局一番重要となってくるのは、自分の「構成力」「文章力」「語彙力」です。構成力や文章力語彙力は、小説を読むほか、他社のサイトをしっかり読み込むうちに、自然とついてきます。

STEP5:共起語をいれこむ

SEO対策を意識したWebサイトコンテンツに入れ込む記事の場合、文章内に共起語(SEOキーワード)を入れ込む必要があります。

共起語を入れ込む際に気を付けたい事は、「無理に共起語をいれようとして、不自然な文章にならないか」です。不自然な文章は、検索エンジンから評価を受けにくいほか、読み手のサイト離脱に繋がります。

STEP6:校正作業


文章を書きあげたら少し時間を置き脳をリセットさせ、第三者的目線で一度自分の原稿を読み返しましょう。

前述した

  • 間違った表現方法は使っていないか
  • こそあど言葉は乱用していないか
  • 疑問に対して結論は述べているか
  • 何か意見を述べる場合、根拠も記述したか
  • 支離滅裂な文章になっていないか

という5点の他、誤字脱字のチェック、対策キーワードに沿った文章であるかなど、チェックポイントは多岐にわたります。

また、筆者は誤変換や誤った表現をおこなっていないかチェックする為に、日本語の文章のタイポという無料ツールも使用しています。

コピーチェック

最後に、自分の書いたWeb文章が、他サイトの「コピーコンテンツ」になってないか、チェックを行います。コピーチェックには、「コピペリン」という有料サービスを使用する方法もありますが、CopyContentDetectorなどの無料ツールでも問題ありません。

コピーコンテンツはGoogleからペナルティを受けてしまい、最終的にWebページが削除されるなどの可能性が高まります。文章を書きあげたら、アップする前に一度、コピーチェックを行いましょう。

ライティングは速度よりも質が大切

以上が、筆者がWeb媒体の文章を書く際の一連の流れです。一見手間がかかる作業が多いですが、いずれも文章の質を高めるため、必要なものです。

勿論、専業Webライターの方にとって、執筆速度は非常に重要となります。しかし、質の良い記事を書けば、いずれ1文字2円以上など、成功報酬の単価が高くなるなどのメリットもあります。

ライティング初心者の方には、最初に記事を書く速度ではなく、記事の質の重視をおすすめします!

継続して書き続けることで文章力は上がる

ライティングを行っていると、記事の順位がふるわなかったり、アフィリエイトを目的とした文章なのに商品が全く売れない…など、心が折れるようなことも多々あると思います。

しかし、めげずに書き続ければ自然と文章力は高まり、結果はきっと伴うはずです!継続は力なり。日々模索しながら、ライティングを楽しみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加