正しく理解!直帰率と離脱率の違い

understand-correctly-difference-between-bounce-rate-and-exit-rate

WebサイトやWeb広告を運用していくうえで欠かせないのが「アクセス解析」です。アクセス解析をしている方、もしくはこれから始めようとしている方なら「直帰率」「離脱率」という言葉はよく耳にされるのではないかと思います。

同じような意味に思われがちで、何が違うのか混乱してしまう方もいるのではないでしょうか。(実際にわたしはそうでした・・・。)
そこで、今回の記事ではGoogleアナリティクスで確認する「直帰率」と「離脱率」の違いや改善方法などをご説明いたします。

「直帰率」とは

まずは直帰率についてです。直帰率とは、ユーザーがサイト内のページに訪問したあと、最初の1ページ目だけを見て(サイト内の他のページに行くことなく)サイトから離れたりブラウザを閉じたセッション割合のことを指します。セッションとは、サイトに訪問し、サイトから離れるまでの一連のユーザーの行動を表す言葉です。
直帰率には、「そのページが初めてのセッション」なのかが関わってきます。そのサイト内の違うページからのセッションは直帰率には関係ありません。

わかりやすく例えますと、
サイトの訪問者が100名いたとします。そのうち、「初めの1ページ目だけ見て違うサイトに行ってしまった人」が10名だったとします。その時の直帰率は10%ということになります。直帰率はパーセンテージが低ければ低いほどいいとされています。簡単にまとめると、初めて訪問したセッションのうち、そのサイト内の違うページを見ずに離脱した割合のことを直帰率と言います。

「離脱率」とは

次に、離脱率についてご説明します。離脱率とはサイトに訪問してきたユーザーが特定のページを見たあと、別のサイトへ移動してしまう行動の割合のことを言います。
こちらも、わかりやすく例えますと、
サイトのAページに100名のユーザーが訪問してきたとします。その中の90名はAページのあるサイトの別のページに移動、残りの10名は別サイトへ移動したとします。その時のAページの離脱率は10%ということになります。

離脱とされる行動は次の通りです。
・ブラウザを閉じる
・ブラウザの「戻る」ボタンで前のページや違うサイトに戻る
・サイト内に貼ってある別のサイトのリンクをクリックする(別のページに飛ぶ)
・特定のページで何も行動しないまま30分間経過する
・セッション中に午前0:00になってしまった
などがあげられます。初めの3つはわかりやすいと思いますが、最後の2つはGoogleアナリティクスの仕様となります。
「特定のページで何も行動しないまま30分間経過する」に関しては、ページを開いてから31分後にまた違うページを訪れた場合は、再度訪れたセッションは新しいセッションと判断されカウントされます。同じサイト内の違うページへの移動、つまりサイトから離れなければ離脱としてカウントされません。

直帰率と同じように、離脱率もページごとに確認する必要があります。
離脱率も、パーセンテージが低い方がいいとされますが、離脱率が高くても悪いわけではないんです。ただ、ユーザーの行動アクションを促すページ(ユーザーのメールアドレスや名前・住所などを入力するページやECサイトであれば買い物カゴと呼ばれるページ)で離脱率が高い場合は、早急にページを見直す必要があると思います。

直帰率と離脱率の違い

直帰率は1つのページしか訪問されていないセッションのことに対し、離脱率は全てのセッションが対象となります。
ページA・ページB・ページCで構成されたサイトを例として用いてユーザー行動の流れと違いをご説明します。
このサイトの5日間の各ページの直帰率と離脱率を出します。

1日:ページA→ページC→ページB→離脱
2日:ページA→離脱
3日:ページC→離脱
4日:ページC→ページA→ページB→離脱
5日:ページA→ページC→離脱

直帰率

上記の例でいうと、ページAからスタートしたセッション数は3回です。そのうち、ページAだけで離脱してしまったセッション数が1回あります。この場合
1回÷3回×100%=33%となります。
また、ページCからスタートしたセッション数は2回、ページCで離脱しているセッション数は1回なので同じ計算式に当てはめると、
1回÷2回×100%=50%となります。
ちなみに今回の場合、ページBからスタートしたセッションは0回なのでページBの直帰率は0%となります。
直帰率は、始まったページのセッションの離脱率のことを示します。

離脱率

同じ例で離脱率も求めます。
ページAのアクセスは合計4回あります。そのうち、離脱したのは1回です。そのほかのアクセスではサイト内の違うページへの移動となっています。そのため、
1回÷4回×100%=25%となります。
また、ページCへのアクセスも同じく4回でした。そのうち、離脱したのは2回です。そのため、
2回÷4回×100%=50%となります。
そして、今回の場合、ページBへのアクセスしたセッションは2回で、2回とも離脱しているのでページBの離脱率は100%となります。

直帰率が悪くなる原因

直帰率が高くなってしまう原因は大きく2つが考えられます
・ページの質が悪い
ユーザーの望む情報がすぐに見つからなかったり、そもそも含まれていないページやタイトルや広告文に興味を持ち訪問したがサイトの内容の質が悪い・・・といったようなページです。
・サイト内導線がない(わかりずらい)
ページのコンテンツを読み終わったあとの関連記事のリンクがない、など導線がなくサイト自体が使いにくい場合に直帰率が高くなります。

一般的な直帰率の平均値

・コンテンツ型サイト・・・40~60%
・ブログ・・・70~98%
・ECサイト・・・20~40%
・LP・・・70~90%

滞在時間での判断

直帰率が高いページを考察するうえで「滞在時間」を参考にする場合があります。Googleアナリティクスでは直帰したユーザーの滞在時間を計測することはできませんが滞在時間は計測したいページとその次に訪問したページの差分で計測されるため、「直帰したユーザーの滞在時間」は出せませんが、判断するうえで参考になる数値の一つと言えます。

LPの直帰率

LPには、必要以上に他のリンクがおかれることがないので、他のページよりも直帰率は高くなってしまいます。
ですので、LPのいい・悪いの判断は、直帰率では断定しがたいです。直帰率が低くても、結果コンバージョンがなければいいとは言えないからです。LPで直帰率が高かったとしても、コンバージョン率が良ければ問題ないと思います。
また、直帰率が高い原因には流入元となる広告文やバナーなどに問題がある場合もあります。広告のキャッチコピーやクリエイティブとLPの内容が違いすぎると直帰率は高くなるからです。
上記であげたように、直帰率だけでは判断できないことも多いので、他の情報もしっかり考慮しながら正しくデータを判断することが非常に大切になります。

直帰率の改善方法

最後に、直帰率が高くなる原因を踏まえて直帰率を下げるための要素をいくつかまとめます。

・文字を読みやすくする
大きなフォントやサイト自体を見やすい色合いにするなど。
・レイアウトを使いやすくする
検索や、コンテンツへのアクセスが簡単にできる、レスポンシブデザインでどんなブラウザでも対応できるなど。
・サイトを高速化する
サイト自体の動きが重いこともユーザーのストレスにつながり直帰率が高くなる傾向にあります。
・外部リンクは別タブで開くようにする
などなど。改善策はまだまだあると思いますが、改善の第一歩としてチェックしていただきたい、取り入れていなければ対応していただきたい内容です。

まとめ

以上が混同しやすい「直帰率」と「離脱率」についてとなります。どちらもアクセス解析にはとても重要な役割を持っていますので違いを理解していただければと思います。
ただ、基本的には「直帰率」も「離脱率」も低い方がいいとされていますが、サイトを評価する際には総合的なデータをもとに判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

C.Kurizuka

Bigmac inc. マーケティング事業部 所属。2016年9月入社。 マーケティング事業部一番の盛り上げ隊長。前職が営業職という事もあり、お客様に対する対応を得意とする。美容に関しての知識に明るく、永遠の20才を目標に常に「美」を意識している美容マニア。休みの日の過ごし方は、音楽フェスに参加することで日頃のストレスを発散したあと、帰りに大好きなお肉を必ず食べて帰る。洋楽が大好きな割には英語に弱い。

筆者が最近執筆した記事