Googleのシークレットモードとは?


自分以外の人とパソコンを共有するとき、閲覧履歴や、chromeに残したログインID・パスワードを見られてしまう確率が高まります。
そういった思わぬトラブルを防止する「シークレットモード」という機能をご存知ですか?

シークレットモードとは?

シークレットモードとは、閲覧履歴やオンラインフォームに入力したログイン時のデータが自動的に削除される機能を指します。Googleのシークレットモードは、パソコンのWebブラウザだけではなく、iPhoneやandroidなど、スマートフォンでもGoogleアプリをインストールすることによって使用出来ます。

シークレットモードの開き方

Googleのシークレットモードは、chromeブラウザの右上にある設定メニューから開きます。また、Windowsならキーボードの「control+shift+N」、Macなら「command+shift+N」のショートカットキーでシークレットモードを開くことが出来ます。

シークレットモードを解除する方法

シークレットモードを終了する場合は、ブラウザの右上にある赤いボタン「×」をクリックします。

Google以外のシークレットモード

Googleだけではなく、Internet ExplorerやFirefoxにもシークレットモードが存在します。Internet ExplorerやFirefoxはでのシークレットモードは、「control+shift+P」で開くことが可能です。

シークレットモードのメリット

シークレットモードを使用する上でのメリットをご紹介致します。

検索履歴の自動削除

シークレットモードはブラウザを閉じると、閲覧していた愛と履歴が自動的にブラウザから削除されます。そのため、あまり他人に見られたくないプライベートなページを訪問する際などに役立ちます。

Cookieの無効化

Cookieとは、ウェブブラウザに自動で蓄積される来歴情報を指します。サイトの管理者が一時的にウェブブラウザを通じ、ユーザーの使用するコンピューターにデータを書き込み保存を行う仕組みになっています。

そのため、ユーザーの意思に関係なく、ユーザーのサイト訪問数、関連情報などが記録されます。シークレットモードはCookieを残さないため、自身のパソコンでCookieを残したくないサイトを閲覧する際に役立ちます。

しかし、自身のパソコンにCookieが保存されないだけであり、アクセス先のサイト・プロパイダには閲覧した内容が知られる可能性があります。

ログイン情報の削除

通常、Googleでウェブサイトにログインすると「このサイトに入力した情報を保存しますか?」と表示が出現し、「はい」を選択すると、パスワードがGooglechrome上に保存され、次回ログインする際に、前回ログインしたIDとパスワードがフォームに入力された状態で表示されます。

一見便利な機能ですが、ログイン情報を保存したパソコンを他の第三者が触る場合、簡単に自分のアカウントに侵入することが出来てしまう危険性を孕みます。

そういった、他人とパソコンを共有することがある場合、シークレットモードを使用すれば、ログイン情報が保存されることは無く、または普段使用しているブラウザに保存しているログイン情報を他人から見られる事はありません。

SEO対策での検査ランキング

Google検索は、ユーザー別に、

  • ソーシャルでの繋がり
  • ユーザーが検索を行った所在地
  • 過去の検索キーワード
  • 過去にクリックしたリンク訪れたサイト

を元にそれぞれ検索結果を最適化しています。これを、パーソナライズド検索といいます。パーソナライズド検索の機能によって、自分のサイトの本当の検索順位が分からなくなってしまいます。

SEO順位計測を行う上で、本当の検索結果を表示したい場合、パーソナライズド検索の影響をほとんど受けないシークレットモードを利用することも手段のひとつです。

検索地域情報のキャンセルが出来ない

シークレットモードを利用しても、訪問先のサイトやインターネットプロパイダには閲覧履歴が残る為、自分が検索を行った現在地に沿った検索結果が表示されます。そのため、シークレットモードの利用によって完全にパーソナライズド検索が無効となるわけではありません。

同じサイトに別々のアカウントから同時にログインできる

1人で2つのGmailアカウントを利用している場合、通常のChromeブラウザだとそれぞれのGmailにアクセスするには、毎回「Googleアカウントの切り替え」を行う必要があります。

しかし、シークレットウィンドウを2つ開けば、常に2つのアカウント画面を同時に操作できる事が可能となり、毎回アカウントを切り替える手間を省くことができます。サイトの編集も同様に、1つのウィンドウで管理画面を、もうひとつのウィンドウでログインしない状態の画面を開き、ユーザー目線でサイトの編集などを行うことが可能となります。

シークレットモードのデメリット

利点の多いシークレットモードですが、デメリットも存在します。

毎回ログインしなければならない

ログイン情報を削除する点がシークレットモードの利点ですが、毎回使用するブラウザにログインをしなくてはなりません。その手間がデメリットとして挙げられます。

シークレットタブの復元が出来ない

シークレットモードのブラウザを消した場合、「control+shift+T」を押しても復元できません。シークレットモードを使用している際は、誤ってブラウザを削除することが無いよう気を付けましょう。

シークレットモードの注意点

シークレットモードを使用する上で気を付けたいメリット・デメリットについてご紹介致します。

匿名になるわけではない

シークレットモードはブラウザに履歴は残りませんが、匿名でインターネットを利用できるという訳ではありません。アクセス先のサイト管理者やインターネットプロバイダには、アクセス解析をサーバー側で行えば、閲覧内容や使用者の身元が判明する場合があります。

また、インターネットプロパイダにはアクセス履歴が残る為、雇用者にはアクセスしたサイトが完全にみえなくなるという訳ではありません。

ダウンロードファイルやブックマークが残る

シークレットモード利用時に行ったダウンロード履歴は削除されますが、保存したダウンロードファイルはシークレットモードを終了後もコンピューターに残る為、第三者とパソコンを共有する場合他人にダウンロードファイルを閲覧される可能性があります。

また、ブックマークは通常のchromeウィンドウ、シークレットブラウザ共に共通であるため、シークレットモード時に行ったブックマークは通常のchromeウィンドウでも表示されます。

まとめ

シークレットモードは、第三者とコンピューターを共有する場合、プライバシーや機密情報の高いサイトを閲覧する際に非常に有効です。履歴やCookie、ログイン情報をブラウザに残さないため、自分の後からコンピューターを利用する人からは一見、自分がどのサイトを見ていたか調べることはできません。

しかし、アクセス先のウェブサイトの管理者や、インターネットプロパイダにはアクセス履歴が残るため、ウェブサイトの管理者や雇用主からは閲覧履歴データが確認できる点は注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加