将来を左右する!目標設定の秘訣とは

みなさんは夢や目標をもったことがありますか?おそらく夢や目標を持ったことがない人はいないと思います。夢を叶えられる人と叶えられない人、目標を達成できる人とできない人、なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?行動に移せない、続かない、様々な原因が予想できますが、もしかすると目標設定の時点で既に達成することが難しくなっているのかもしれません。ではどうすればいいのか?これからの人生で誤った目標設定をしない為にいくつかの秘訣を紹介していきます。

なぜ目標を達成できないのか?

内容が抽象的である

多くの人は目標を設定する際に、具体的な内容を決めていません。なぜ具体的でなければならないのか?それにはいくつかの理由があります。まず具体的な目標でなければ、目標達成のために自分が何をすればよいのかわからなくなります。例えば、最近太ってきたからダイエットをするという目標を立てた女性と痩せて異性からモテるために毎日1時間の運動とバランスの取れた食事をするという目標を立てた女性がいるとします。そこで質問です。どちらの女性がダイエットに成功すると思いますか?もちろん具体的な目標を立てた後者です。

目標が具体的であればあるほど、自分がしなければならないことが見えてきます。
これは就職活動にも言えることで、面接では将来の目標をよく聞かれます。その際に具体的な目標を挙げることができれば、面接官からの評価は必ず上がります。具体的な目標の例文を少し紹介します。「私は自分から主体的に動くだけではなく、自身のリーダシップを最大限に発揮して周りの社員のことを考えて業務に取り組んでいきます。将来的には起業をしたいとも考えていますので、御社で様々なことを学び、御社とともに成長させて頂けることを楽しみにしております。」
ここまで具体的に言えるといいですね。

もちろん仕事においても同じです。会社でミスをしない、作業を早くする、コミュニケーションを欠かさない、全て目標としては内容が不十分です。どのような結果のためにその目標を立てるのか、目標達成のためには何をすればよいのか、目標を設定する時は様々な観点から出来る限り具体的に考えるようにしましょう。

測定ができない目標を立てている

測定ができないということも、目標設定において良いとは言えません。「目標」という言葉は英語で「Goal」と言います。(知っているとは思いますが・・・。)仕事や勉強など、様々な場面でゴールが見えずに悩んだ経験は誰にでもあると思います。

実際に社会人であれば頼まれている仕事の終わりが見えなかったり、大学生の場合は就職活動中にどの企業を受けたら良いのか、まず受かるのかなどの不安を抱えたことはありませんか?それらの不安が生まれるのはゴールが見えないからです。100m走れと言われるか、どこがゴールかわからないけど走れと言われるか。もちろん距離が決まっていたほうが不安は少ない且つやる気もでるのではないでしょうか?目標を達成する可能性を上げるために、測定ができる正しいゴール設定をしましょう。

達成不可能な目標を立てている

当たり前といえばその通りなのですが、絶対に達成できない目標は達成できません。例えば新卒の新入社員が、今年1年で仕事を全て覚え、どんな仕事も完璧にこなして部長になる。というキャリアプランを立てても現実味がありません。もちろん目標を高く持つことも大切ですが、自己分析を怠らず、自分の現状から考えてギリギリ達成できるくらいの目標を立てましょう。

目標を達成するために意識すること

自分で設定した目標を忘れない

せっかく良い目標を持っても、途中で忘れてしまっては元も子もありません。就活中の大学生の方に多いのが、せっかく自分の夢や目標に繋がる企業に就職しようとしていたのに、面接官に言われた給料や待遇などに目がくらみ、全く違う業界で働くことを選んでしまうケースです。

価値観は人それぞれなのでそれが悪いことだとは言えませんが、目先の利益に囚われて方向性を見失うことは、個人的にすごく勿体無いと思います。対策として、目標を決めたらいつでも自分が確認できるところに記入しておくなど、絶対に自分自身を見失わないようにしておきましょう。すごく古典的な方法のような気はしますが、私はこの方法のおかげで目的意識を見失わずに毎日仕事ができています。

目標達成のためにやるべきことを継続する

当然ですが、ただ良い目標を設定するだけでは達成することはできません。どれだけ痩せたいと思っていても一朝一夕では決して痩せません。どんなことでも同じで、目標を達成するためには多かれ少なかれ継続はしなければいけません。何事も、続けるのは面倒で辛いことだと思いますが、自分が目標達成のために継続すると決めたことは何が何でも続けましょう。

行動すること、考えることを怠らない

これも当然のことですが、目標を設定したらそれについて必死で考えて行動しましょう。この2つ、実はすごく難しいことです。自分で決めたはずなのにどれだけ考えても答えが出なかったり、新しく行動を起こさなければならないのに上手くいかないかもしれないという恐怖で行動ができないこともあります。

私自信を例にすると、営業に行ってメニューの説明をすることが多々あります。乗り越えなければ成長できないとわかっているのに上手い説明の方法が思いつかなかったり、失敗した時のことを考えて怖くなることもあります。しかし、この2つは目標達成のためには避けて通れません。目標を達成するために、考えることと行動することから逃げず、勇気を持って進んでいきましょう。

まとめ

目標設定と言っても人それぞれ違う目標をもっています。それでも共通していることは、人生は目標を立てて達成していく繰り返しだということです。設定した目標が自分には不可能なものだったから失敗してしまった。途中で方向性を見失ってしまい、結局達成できなかった。自己分析が足りなかったり、目的意識を持っていなかったが故に目標を達成できないこともあるでしょう。

少し考えてみてください。もしかすると目標の決め方、目標への取り組み方が未来の自分のキャリアプランや人生プランを左右するかもしれません。だからこそ目標を立てる際はしっかりと考えて、達成の為に最大限の努力をしましょう。その努力が未来への道をつくるのではないかと私は考えています。目標を達成するための近道はありません。転職、自身のスキルアップ、学力向上など、とにかく自分が決めたゴールのために努力を怠らないようにしましょう。必死で考えて目標を設定する、達成のためにひたすら行動する、この2つを忘れずに努力を続けて、自分の将来を自分自身で決められたら最高ですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

R.Yamaguchi

高校卒業後Bigmacに入社。 好きな事は遊ぶこと、楽しく話すこと、お客様の話を聞くこと。 趣味は結構多いので是非聞いてください(笑) 今は営業として福井県中を車で走り回っています。 もしかしたらあなたの会社に突然お邪魔するかもしれませんが、優しくしてくださいね!お客様のビジネスに最適な提案を考えさせて頂きます! 余談ですが学生時代のあだ名は「にゃんぱす」でした。 最近は名前で呼んでもらえることに密かに感動する日々を送っています。

筆者が最近執筆した記事