仕事が早い人の進め方

記事公開日:2018.03.19

最終更新日:2018.03.20

463 PV


次々に仕事を獲得し、獲得した仕事に的確な指示を出して進めていく。与えられた時間内で最大のパフォーマンスを発揮する、仕事が早い人。仕事の早い人と仕事が遅い人の違いは何なのでしょうか。仕事の早い遅いについて考えてみます。

なぜ仕事が早いと評価が高いのか

仕事が早い人が会社から評価される理由は、遅い人より多くの利益を会社にもたらしているからです。営業であれば新規先獲得までのスピードであり件数。製造部門であれば同じ時間でより多くの商品を作り上げること。同じ賃金なら多くの利益をあげる社員を評価するのは会社として当たり前です。

仕事の早い人は、社内からだけでなく取引先からも良い評価を受けやすくなります。宅配便でも特急料金というものがあります。人は早いことに価値を感じ、評価を与えるのです。依頼していた物品、サービス、対応が受けられたとしても、希望する日時を超えてしまっていては価値も下がってしまいます。

ビジネスにスピードが求められる現代社会では、対応の早さが特に求められていることもあり、会社組織内で仕事の早い社員の存在価値が高くなっていると感じます。さらに人口減少による労働力不足もあいまって、仕事の早い人材は今後ますます重要視されていくのではないでしょうか。

仕事が遅い人に見られる傾向とは

仕事が遅いことにも原因があるはずです。考えられるものをあげてみます。

1.仕事をする環境が整えられていない

仕事が遅い人の特徴として、デスクの上が整理整頓出来ていないことがあげられます。整理整頓できていないと、必要な資料を都度探さなければいけなかったりしますし、散乱している環境が集中の妨げにもなります。仕事が遅い人は、デスク上と同じくパソコン内での資料整理もバラバラになっていることも多いようです。

2.仕事の進め方が理解出来ていない

組織で仕事を進める際には、必ず会社内での進め方のルールや軸が存在します。会社としてはいかに効率よく正確に仕事を進められるかを考えてルールを定めていくわけですが、仕事が遅い人に限って、進め方のルールを理解していません。自らの仕事の遅さがクライアントや社内スタッフの仕事の進行に支障をきたしている意識が薄いのでしょう。

3.すぐできることも後回しにしてしまう

会社で仕事をしていると、突然上司などからの頼まれごとも発生します。突然の頼まれごとといっても、全部が難しい案件や、時間のかかる案件ばかりではありません。しかし、仕事の遅い人は、たとえ1分で終わるような簡単な頼まれごとでも後回しにしてしまうのです。簡単な案件も後回しにすると、億劫になってくるものです。結果的に複数の手がつけられていない簡単な案件が溜まって、精神的に追い詰められていくのです。

4.完璧を求めすぎる

仕事が遅い人は、相手から指摘を受けることを極端に嫌う傾向があります。依頼に完璧に応えるのは素晴らしい事だと思いますが、完璧な対応をしようとして対応が遅くなってしまっては意味がありません。そもそも、完璧かどうかは自分が判断するのではなく、依頼をした側なのです。

5.自分の仕事に消極的

仕事に対して消極的な人は、目標もなく自ら動くのではなく言われた作業をやるだけの人になります。自分で考え行動することで仕事を覚え、失敗という貴重な経験を積むことも無いので、一向に効率よく仕事ができるようにはなりません。

仕事が遅い人のポイントは、原因が自分にあると考えず、仕事量の多さやスタッフ数の少なさといった環境のせいにしている部分にあるのではないでしょうか。

仕事が早い人の特徴

仕事が遅い人に共通点があるように、仕事の早い人にも共通点があります。いくつかご紹介します。

1.やるべきことに優先順位をつけている

今日やるべき仕事と明日でも大丈夫な仕事。仕事が早いと言われる人は全ての仕事に優先順位をつけています。順序付けができていることで、業務スケジュールも明確になり何をすべきかを考える時間が省かれます。気分に左右されることもなくなりますので、段取り良く安定した仕事量をこなせるのです。

2.無駄な時間を嫌う

仕事が早い人は、時間に対する意識も高く、いつも早く仕事を終わらせる方法を考えています。 求められる成果を最短で提供する進め方は何か。自分でやったほうが早いのか、それとも他のスタッフにお願いするほうが早いのか。同じクオリティであれば、かかる時間が短い方を選択する考えが確立されているのです。

3.依頼内容を正しく理解しようとする

仕事の早い人は、クオリティや期限など、求められる内容を正しく把握しようとします。依頼を受ける際に、質問して聞くべきことをヒアリングするのは必要不可欠なことです。しかし、相手に面倒と思われたくないからか、するべき質問を出来ない人も多いのです。依頼内容を正確に聞くことで、無駄な動きを減らすことができるのです。

4.周りの状況を把握している

周囲の関係者抜きで仕事が進められないことを理解している人は、仕事を早く進められる人です。周囲の状況を把握しようと気を配ることが、報告・連絡・相談といったコミュニケーションにも繋がり、結果的に協力を得られスムーズに仕事が進められるのです。

まとめ

仕事が早い人は、何も特殊能力があるのではなく、早くするために出来ることを徹底しているだけなのです。自分が仕事が遅いと思う人は、研修などにいかずとも、まず仕事が早い人の習慣を真似してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Nakahigashi

ラジオ局勤務を経て現職。若いスタッフが多いオフィスに、若干落ち着かない40代。見るもするもの野球好きで、少年野球の指導にも携わる。週末に野球をとるか家族をとるか。その選択が現在のもっぱらの悩みとなっている。いつまで経っても100を切れないゴルフと、知人から半ば強制的に連れて行かれる山登りを少々たしなみ、人畜無害の外見からか、知らない人に道を尋ねられることも多数。好きな動物は猫。好きなテレビ番組は「旅サラダ」。

筆者が最近執筆した記事