ショートカットキーのすすめ

記事公開日:2015.03.17

最終更新日:2018.03.30

23,201 PV

そこで今回私がお勧めしたいのは「ショートカットキー」です。ショートカットキーとは、マウスを使わず、キーボードのみでPCの操作を簡単に行うための機能です。PCに向かって日々カタカタと仕事を進める人にとっては、ショートカットキーはなくてはならないものではないでしょうか?ショートカットキーを使う・使わないで作業効率は格段に変わります。

基本的なショートカットキー

・Ctrl + C     コピーする
・Ctrl + X     切り取り
・Ctrl + V     貼り付け
・Ctrl + Z     元に戻す
・Ctrl + A     すべて選択する
・Ctrl + F     検索する
・Alt + Tab       開いているウインドウを切り替える

この辺は基本中の基本ですよね。ご存知の方も多いと思います。ではこんなのはいかがでしょうか?

応用編ショートカットキー

・Windows ロゴ キー + E  コンピュータ(昔のエクスプローラ)を起動する
・Windows ロゴ キー + D  ディスクトップを表示する
・Alt + F4           使用中のウインドウ(作業中のプログラム)を終了する
・Alt + Spaceキー        作業中のウィンドウのショートカットメニューを開く
・F1             ヘルプを起動する

PCをよく使う方なら、使う機会も多いショートカットですよね。この様にショートカットキーを使ってPC操作を行うと、キーボードとマウスをいちいち持ち替える必要がないので作業自体がググッと楽になります。

よく使うアプリケーションの起動に紐付ける方法

また、自分でショートカットキーを作成し、よく使うアプリケーションの起動に紐付けることも可能です。

・プログラムのショートカットを作成する
・ショートカットを右クリックして、プロパティを開き、ショートカットタブを開く
・ショートカットキーボックスでCtrlキーとAltキーとで組み合わせるキーを選択し、OKを押す

上記の設定を行うことで、自分がよく使うアプリケーションがマウスなしで起動できるのです。とっても便利じゃないですか?

まとめ

ここで紹介した以外にもショートカットキーはたくさんあります。皆さんもいろいろ試して、ぜひ効率よく、カッコよく、PC操作してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加