2・6・2の法則

2・6・2の法則とは…人間が集団を構成すると、「優秀な人…2割、普通の人…6割、あまり働かない人…2割」という構成になる法則です。

 「あの人がなかなか成長しない…」「あの人は、どうしたらヤル気を出してくれるんだろう…」などと思ったことありませんか…?それは、まさにあまり働かない人…2割の方に対して抱く悩みです。
ただ、残念ながら悩みは解消されません。なぜなら、自然の法則なのでどうにもできないことなのです。

ここで、2・6・2の法則をもっとわかりやすくするために、色んなパターンで2・6・2の法則の現象を紹介していきます。

 

人間が集団行動を行った場合

集団で何らかの活動をしていると、2割の人が率先してリーダーシップを発揮し、6割の人がそのリーダーシップに引っ張られて働き、2割の人があまり働かないという傾向があります。

 次に、2割のあまり働かない人たちを除いて、残りのメンバーだけで同様の活動をすると、やはりメンバーの2割の人が、新たにあまり働かなくなり始めるのです。

 逆に、あまり働かない人ばかりを集めてグループを作り、活動をさせると、その中の2割の人がリーダーシップを発揮し始め、6割の人は、それに引っ張られて働き始めます。これは、優秀な人ばかりを集めてグループを作った場合も同様で、6割は普通に働き、2割はあまり働かなくなります。

人間は、働かない人ばかりの集団だと逆にリーダシップを発揮して働く気になる人もいますし、働く人ばかりの組織に入るとむしろ控えめになり働かなくなることもあります。強い組織、弱い組織に関わらずこの法則は存在します。

 あの働き者のアリでも…

実は、働きもののアリでも同じ現象が起きているのです。

100匹の働きアリを観察してみると、そのうち20匹(2割)がよく働き、60匹(6割)が働きアリに引っ張られて普通に働き、そして残りの20匹(2割)が全く働かない状態になっています。

 仮に、働かないアリ20匹をそこから取り除くと、残った80匹のうち、16匹(2割)がよく働き、48匹(6割)が普通に働き、16匹(2割)が全く動かない状態になり、常に「2・6・2」の比率になるようです。

この2・6・2の法則は、生物界の食物連鎖にも関連してきます。

 例えば、
オオカミとシカが生息している地域に、シカを保護するという名目で、人間が銃でオオカミを撃ち殺し、絶滅したとします。オオカミがいなくなったので、シカが異常に繁殖しはじめ、シカの大群は草を食べ尽くしてしまいます。その結果、食べる草がなくなったシカも絶滅してしまうのです。オオカミが生息しているからこそ、シカも絶滅せずにすんでいたのです。

全ての生物は、本来、絶妙なバランスで存在していて、自然に均衝を保っているのかも知れません。

 

スポーツ界で例えると…

スポーツ界で例えると、スタープレイヤーを集めたチームを作っても、ズバ抜けて強いチームができるわけではないのです。逆に、スタープレイヤーを引き抜かれてしまったチームには、次のスタープレイヤーが誕生したりします。

 

2・6・2の法則を有効的に使うには

この法則を理解した上で、どのように活用できるでしょうか。

 例えば、会議でいつも発言しない人がいたとします。その人に発言してもらうには、発言しない人ばかりを集めて会議をすればいいのです。無口な人ばかり集めて会議をさせると、ちゃんと口を開き始める人が生まれます。そして、その中からリーダーシップを発揮する人もでてきます。人間は、不思議と「自分がいる集団」によって、様々な役割を演じることができるのです。

それを活用して、会社内に色々なプロジェクトチームを編成し、各プロジェクトを任せきるのもいいと思います。

 

人間関係に当てはめてみると

2・6・2法則によって、人間関係を気楽に考えることもできます。

 もしも、あなたと意見が合わない人がいても気にすることはありません。あなたと意見が合う人が2人いたら、当然、意見に反対する人も2人、どちらでもない人が6人いる。意見が合わない人がいるからと落ち込むことなく、自然の法則なんだと受け入れることです。これに逆らおうとするから、人間関係が苦しくなってしまいます。無駄なエネルギーを使わず、すぐに割り切ることが大事です。

 まとめ

・優秀な個人のチームをつくろうとしないこと。

・残念ながらあまり働かない人(2割)が必ず生まれてしまうことを理解すること。

・あまり働かない人は、優秀な人が優秀であり続けるために、たまたまその組織ではあまり働かない人を演じているにすぎないこと。

・あまり働かない人を見捨てることなく活かす手立てを考えること。

 

組織の上に立つマネージメントする方々は、この2・6・2の法則を理解していただけたらと思います。そして、この法則を理解した上で、メンバーのモチベーション設計をすることが重要な役割になります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Makita

朝起きが本当に苦手な1児の母でもあり、自称総務のおあしすです。 休みの日は子供と戯れているかゴロゴロしています。 寝る前の子供とのおしゃべりタイムが至福のときです♡ とっても幸せな気持ちで眠りにつけます! いつか直島に行きたいと夢を抱いていますが、まだ行けていないので実現するために計画中です。 尊敬する人はマザーテレサ。あの寛大な愛に溢れる人になりたいです。 Bigmacのマザーテレサと称されるように日々精進していきます!!!

筆者が最近執筆した記事