文章力があがる!トレーニング方法とは

記事公開日:2017.12.08

最終更新日:2017.12.11

471 PV

文章を書いてもわかりにくい、上手くいかないなぁ…。と自分には文章力がないと悩んではいませんか?文章力をあげることはトレーニング次第ではスキルアップが可能です。今回は、文章力が上がるためのトレーニング方法をご紹介します。

文章力とは

そもそも文章力とは何でしょうか?国語辞典によると、「まとまった思想・感情を表現する力」と記述されています。文章には様々な種類があり、ブログや論文、ビジネス文書など媒体により書く内容は異なります。

  • ブログ
  • 論文
  • ビジネス文書

文章の種類により、書き方の表記が変わり「読み手」にとって読みやすい文章作成をする事が必要となってきます。文章力とは「読みやすく、分かりやすい文章を書く力」と定義します。読み手にスムーズに読んでもらい、読み手に印象が残るような文章を書けるようになるにはどのような文書作成トレーニング方法があるでしょうか。

文章力を上げる4つのトレーニング方法

文章力を上げる具体的なトレーニング方法論を4つ紹介します。

本を読む

最も簡単な文章力を上げるトレーニング方法は「本を読む」ことです。小説でも、新聞記事・情報誌でも構いません。

ライティングスキルをあげようと、あえて難しい内容が書かれている書籍に手を出す必要はありません。文章力を上げる大切なポイントは、多くの本を読み、言葉の使い方を著者から学ぶことです。多くの本を読む事で、正しい日本語の使い方や、説得力のある文章構成が自然と身についていきます。

  • 小説でも、新聞記事・情報誌など簡単な物から読んでみる
  • 多くの本を読み言葉の使い方を筆者から学ぶ
  • 正しい日本語の使い方や説得力のある文章

文章を書く

本を読むことにより語彙を増やすだけでなく、実際に文章を自分で書いてみるというのもライティング力を向上する上で良いトレーニングになります。まずは、簡単な日記などからで構わないので、少しずつでも文章を書いてみましょう。

文章を上手く書くコツは「書くこと」そのものに慣れることです。文章を書く時のポイントとしては、「主張」から「理由」最後に「結論」に繋がる文章の構成が主流です。また、「結論」から「理由」最後に「主張」を伝えると、筆者が伝えたい事を読み手に伝えやすくなります。

自分の文章は書いた後にサッと文書を読み直す癖をつけよう

前後の文章のつながりで違和感がないか、あるいは同じ意味の言葉を文中で何度も繰り返し使い「二重表現」になっていないか、文章を読み直していくうちに上手い文章構成の理由が掴めてくるはずです。また、プロのライターの文章を真似る事や読む事で文書作成が上手く書けます。

  • 文章の繋がりに違和感がないか
  • 二重表現になっていないか
  • 自分の苦手な文章構成を見つける
  • プロのライターの文章を真似てみる

文書作成時に苦手な部分を見つけ出したら、次回、書く時は苦手部分を文章にださないように意識して文書作成に取り組みましょう。

語彙を増やす

読み手に分かりやすくイメージを伝えるためには、適切な言葉を選んで文章を書くことが必要です。文章の表現力を上げるためにはより多くの語彙を使えるようにしなければなりません。自分が使える語彙を増やしていき、適切な文章表現ができるように語尾を増やしましょう。

調べる癖をつけよう

本を読んでいるときやテレビを見ているときに、分からない言葉があったらすぐにネットやスマホで調べる癖をつけていきましょう。現代では、スマホで手軽に言葉を調べることができます。自身で調べた言葉は、調べる労力をかけた分、脳に文字が記憶が残りやすくなります。

調べてみて「なるほど!」と納得したら、次は自身の言葉を、日常会話の中や自身の文章に取り入れてみましょう。普段から使用することで、正しい文章の使い方を習得し、新しい語彙でも記憶に残りやすくなります。

  • 分からない言葉があったらすぐにネットやスマホで調べる
  • 適切な言葉を選ぶ
  • 分からない言葉があったらすぐに調べる癖をつける
  • 日常会話を自分の文章に取り入れる

人と話す

会話は文章力とあまり関係が無く見えます。意外にも会話は文章力に役立ちます。「人と話す」ことは「相手が理解できるような文章をとっさに頭のなかで作成する」行為だからです。

人と話す時には、聞く側の立場に立ち、頭の中で文章を組み立てることで文章の構成力の練習になり、ライティング力をあげるテクニックに繋がります。

人と話すことで得られる文章力の向上メリットは「文章のリズム感を養う」ことに繋がります。読みやすい文章にはリズムがあるのが特徴的です。

文章を書く際に息継ぎするタイミングで句読点を入れたり、長々とした文章にならないように別の言葉に置き換をします。無意識に話相手にイメージしやすいよう「読者の立場に立つ」事が身につきます。

頭の中で整理する

分かりにくい文章を書いている人は、相手に話をする時も「伝わりにくい話」をする人が多いです。相手に何を話すか頭の中で整理せずに会話をすると、相手も話の内容のイメージが湧きにくくなります。

文章も同じです。文章の読み手にとって分かりやすい文章を書くことにより読み手の文章の内容理解度も変わってきます。

  • 人と話す時には、聞く側の立場に立つ
  • 文章のリズム感を養う
  • 読み手にとって分かりやすい文章を書く
  • 何を話すか頭の中で整理する

まとめ

文章力が無い方でもトレーニングによって文章能力は向上します。実際に書かないと文章力の向上は難しいです。身近な所に文章力トレーニング方法はあります。気軽に文章トレーニングを試してみましょう。

社会の中で文章を書く機会は多くあります。ライティング力の向上を目指し、臨機応変に文章を書いて行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

k.uomi

Bigmac株式会社 メディア事業部所属 2017年11月入社。入社前に三か月間、WEBデザイン、コーディングを学んだ。たまたま行ったWEBセミナーでBigmacに出会い、この人達の下で働き「成長したい」と思い熱望した。現在はSEO対策、ライティングの業務を行っている。毎日、教わる事は多く勉強出来ている。あだ名は「さかなくん」趣味は魚釣り 水泳 熱帯魚観賞 冗談です。

筆者が最近執筆した記事

この記事と同じカテゴリ記事

    関連アイテムはまだありません。