ワードプレスの初期設定方法

2017.08.03

80 PV

レンタルサーバー契約、ドメイン取得…WordPressインストール…さてサイト作成しよう!
と思ってもまずなにからしていいかわからない人も多いと思います。なのでワードプレスをインストール後に最初にしておきたい設定の方法を簡単に説明していこうと思います!
初期設定は管理画面から簡単にできるので面倒と思わずWordPressインストール後すぐに設定していきましょう。

一般設定

管理画面左側のメニューに「一般設定」という項目があります。「一般設定」では、サイトのタイトル・アドレスなどワードプレスを使用するための基本的な設定をしていきます。

1・サイトタイトル

サイトタイトルは大切なものです。一般設定で設定したタイトルは検索結果に表示されるようになるので、適当につけるのではなく検索されたいキーワード的なものを設定することが進められています。なので覚えてもらいやすく簡単なものを設定することをおすすめします。

2・キャッチフレーズ

画面をみると、キャッチフレーズは「このサイトの簡単な説明」とありますが、ここで設定したキャッチフレーズはサイトのメタディスクリプションとして表示されます。
このキャッチフレーズは空白でも良いそうです。理由としては使用するWordPressテーマによっては、このキャッチフレーズがSEO上不利な設定を勝手に行うことがあるそうです。設定した場合は変な設定をされていないかなどの見直しが必要かなと思います。

3・WordPressアドレス/サイトアドレスの設定

WordPressアドレスはサイトのファイルを保存しているアドレスを入力し、サイトアドレスはサイトを表示させるURL(ドメイン)を入力し設定します。

4・メールアドレスの設定

メールアドレスはサイト内のブログに対しコメント来た時や、ユーザー登録をした時WordPressの更新など、サイトに関することでメールを送信されるアドレスの設定です。
普段利用しているメールアドレスに設定していくことをお勧めします。

5・メンバーシップの設定

この項目のチェックボックスにチェックをいれるとサイト管理者以外でもユーザーの登録を行えるようになります。サイトのセキュリティのことを考えると外しておくのが無難かと思います。チェックを入れなければユーザー追加を管理することができるのは管理者用のID/パスワードを知っている人だけとなります。

投稿設定

投稿設定では記事を投稿する際の簡単な設定ができます。

表示設定

フロントページの表示、1ページに表示する最大投稿数、検索エンジンでの表示という項目の設定ができます。

1・フロントページの表示

そのまま使用するとサイトのトップページにはブログサイト仕様になっていて最新の記事が複数表示されるようになっています。「固定ページ」にチェックを入れると、トップページに表示する内容を、固定ページにてトップページを作成することができ普通のサイトのようにみせることが可能です。

2・1ページに表示する最大投稿数

言葉のまま投稿記事を見せるページに最大何件の記事を表示するか設定することができます。ここでの注意点は、投稿記事の表示を多く設定すると、情報量が多くなりサイトの表示速度が遅くなってしまうことです。適度な表示数を設定することをお勧めします。

3・検索エンジンでの表示

このチェックボックスにチェックを入れるとサイト全体をnoindexに設定することが可能です。サイト制作中や、公開していても検索されたくない場合はこの項目にチェックをいれましょう。※noindexとは…noindex は、メタタグの一つで、サイト内に存在するページを検索エンジンにインデックスさせないために使用し、noindexされたページは検索結果に表示されることはありません

ディスカッション設定

記事に対するコメントの設定です。

メディア設定

サイト内に設置する画像のサイズに関しての設定が行えます。

画像サイズを設定

サムネイル画像、中サイズ、大サイズの画像サイズを設定しておきます。
ここでの設定はどこで使用するのか…
記事の投稿や固定ページの作成時に画像をメディアでアップロードした時に使用できます。
画像アップロード時に右側に画像の説明設定がでてきて下の方に「添付ファイルの表示設定」という項目があるのでそこでサムネイル・中・フルサイズというように使用サイズを選択することが可能になり、画像一枚一枚に対し細かくサイズ指定する手間が省けるようになります。

パーマリンク(投稿名)設定

記事や固定ページのURLに関する設定が行えます。
この設定はSEOに対しても大切な設定などでしっかり設定しましょう。
何も設定せずそのままデフォルト(基本)の設定で記事投稿をすると特に意味のない記号や数字でその記事のURLを設定されてしまいます。
例)http://big-mac.jp/?p=123
なぜパーマリンクの設定がたいせつなのか…Googleさんの推奨しているパーマリンクは
・意味のある単語を使用しシンプルなものを
・人間が理解できる方法の2つです。
なのでデフォルト(基本)設定の意味のない記号や数字ではSEO的には問題があるとされます。
では、どのように設定するのか…
「カスタム構造」を選択し、入力欄に『/%postname%/』と入力し設定完了です。この設定をすることで、自分の好きなパーマリンクに手動で設定することが可能になります。
例)http://big-mac.jp/記事タイトル
記事をカテゴリー分けしていて、カテゴリー名も表示したい場合は/%category%/%postname%/』と入力すると
例)http://big-mac.jp/カテゴリー名/記事タイトル
と表示されるようになります。

プラグインの設定

WordPressをインストールするとデフォルトで入っているプラグインがあります。
デフォルトで入っているので使用する場合は、管理画面の左側メニューの項目『プラグイン』をクリックして有効化し使用できます。
それぞれのデフォルトプラグインがどんなものか簡単に説明していきます。

・Akismet…スパムコメント防止の機能を持っているプラグイン。Akismetの管理画面にて記事に対する「コメント」や「厳密度」に関する設定ができます。
・Hello Dolly…特に意味のないプラグイン…何のために入っているのかよくわかりませんが、このプラグインは不必要であれば削除しても大丈夫なプラグインとのことです。
・WP Multibyte Patch…サイトで扱われる文字(コンピュータ上での文字)にはシングルバイト文字とマルチバイト文字があります。日本語の漢字はアルファベットのように1byteでは表現できないので2byteを使って表現されるようになっています。そのため、WordPressはそのままの状態だと文字化けなどのエラーが発生することがあるみたいで、マルチバイト文字のエラーなどをなくして最適に表現するためのプラグインです。

まとめ

設定する項目が多くて手間に感じる方もいるかもしれませんが、初期に設定しておいた方がいい設置を後回しにすると、のちのち最初の設定より手間がかかることもあります。
慣れればそんなに時間がかかるものでもないので、WordPressインストール後すぐに設定することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

A.Haraguchi

Bigmac inc. 制作部所属。2016年3月に入社しました。 ほぼ未経験の状態で入社し、戸惑うこともたくさんありましたが、会社のメンバー達に支えられながら今に至ります。 2児の母なので休日は子供との時間にしています。一緒に料理したり、家事を手伝ってもらったり、娘達が自分でできるようになっていく姿をみることが最近の楽しみです。

筆者が最近執筆した記事