初心者向け Photoshopの便利な小技集

私は主にデザインを担当しているのですが、入社した当時は、Photoshopがほとんど使えませんでした。お恥ずかしながら、Photoshopは写真を加工するためにしか使ってこなかったですし、WebデザインはIllustratorでしかしたことがありませんでした。制作部ではWebデザインやディスプレイ広告はPhotoshopで作っているので、悪戦苦闘しながらもすこしずつPhotoshopの操作を覚えていきました。この記事では、実際に私が「これは便利だな〜」と思ったPhotoshopの小技やテクニックを紹介していきたいと思います。

オリジナルのショートカットキーを登録する

Photoshopには作業効率を高めるためのショートカットが豊富にありますが、元々設定されているショートカットだけでは少し物足りなかったり、よく使うコマンドなのに右手をつかわないといけない場所に設定されていたりする場合もあり、使いにくい部分もあります。そこで、自分好みにショートカットキーを登録して、作業効率をアップさせましょう。

ショートカットキー登録方法

ショートカットは次のやり方でカスタマイズできます。
1.「編集」→「キーボードショートカット…」でメニューを開く
2.「新規セット」ボタンをクリックしてセットのコピーを作成するか、セットを選択して変更する。 変更したいコマンドの「ショートカット」を選択し、キーを押してショートカットを割り当てる。
3.編集後、セットを保存する。

また、ショートカットの設定は「.kysファイル」による受け渡しが出来ます。ネットでは、使いやすいように設定された「.kysファイル」が配布されていたりするので、自分で一から考えるの面倒くさいな〜という人は設定の手間すらもショートカット出来ます。

グラデーションの登録

みなさんはデザインでグラデーションをつくる際、毎回、一からつくっていますか?私は、グラデーションを一からつくるのが苦手なのでネットで無料配布されているグラデーションファイルを登録しています。メリットとしては、作業時間を一気に短縮してくれる、最適なカラーリングが可能という点があげられます。

グラデーションファイルの登録方法

1.まずグラデーションファイルをダウンロードします。zipファイルなどで圧縮されている場合は、解凍しておきましょう。
2.Photoshopを開き、メインメニューより「編集」→「プリセットマネージャー」を選択。
3.「プリセットの種類」をスタイルとし、「読み込み」ボタンをクリックします。
4.解凍しておいたレイヤースタイルを保存しているフォルダを選択。

「プリセットマネージャー」は、グラデーションの他にもスウォッチ・シェイプ・ブラシ・レイヤースタイルなども同じ要領でインストールすることが出来ます。

複製したレイヤーに「〜〜のコピー」と表示させない方法

レイヤーを複製したときに「〜〜 (元レイヤーの名前)のコピー」と表示されますよね。「〜〜のコピー」をさらに複製すると「〜〜のコピーのコピー」、さらに複製すると「〜〜のコピーのコピーのコピー」なんて風に、レイヤー名がすごいことになってしまうこと、ありませんか?

あとから名前を変える予定のレイヤーなら問題ないですが、変えないレイヤーの場合は、なんとなく整理された名前にしておきたいですよね。1分ほどの設定で、「〜〜のコピー」と表示させない方法があるのでご紹介します。

1.レイヤーパネルの右上の部分をクリック
2.パネルオプションを選ぶ
3.『コピーしたレイヤーとグループに
「コピー」を追加』のチェックを外す。

重なっているレイヤーから選択したいレイヤーを探し出す方法

レイヤー選択時に、レイヤーが重なりまくっているせいで、上のレイヤーが邪魔で選びたいレーヤーをうまく選択できない…Photoshopを使ったことがある人なら一度は経験した事があると思います。そんなときは、選択したいレイヤーの上で右クリックをすると、そのクリックしたポイント周辺に重なり合っているレイヤーの一覧が表示されます。後は、選びたいレイヤー名を選択するだけです。この方法を効果的に使うには、レイヤーを作った時になるべく判別しやすい名前をつけておく事が大事です。非表示にしているレイヤーは右クリックしたときに現れる一覧に表示されないという点だけ、覚えておきましょう。

アクション機能

アクション機能とは、簡単にいえば「一連の作業を1クリックで出来るようにする機能」のことで、キッズケータイによくある、短縮ダイアルみたいなものです。photoshopにはもともといくつかのアクションが登録されています。メニューから「ウィンドウ」→「アクション」でパネルを開く確認できます。また、自分がよく行う作業を新規アクションとして登録することもできます。

アクションの登録方法

1.「アクションパネル」→「新規セットを作成」
2.名前を付けて新規セットを作成。
3.「アクションパネル」→「新規アクション」
4.名前を付けて新規アクションを作成。セットには、これから記録するアクションの保存先を選びます。記録するアクションにショートカットキーを割り当てたい場合は、ファンクションキーのボックスを選択しましょう。
5.記録ボタンクリックで、記録がスタートします。アクションパネルの下部に赤い丸が表示されていれば、記録中の証拠です。
6.下左にある四角のマークを押して記録完了です。

上記の作業でアクションを作ることができ、次回以降は面倒な一連の操作を繰り返さずに済むというわけです。ネットではたくさんのアクションファイルが無料配布されており、スマートフォンのアプリで加工した写真や一眼レフで撮影した写真のような雰囲気のある写真を作ることができるものや、風景写真を漫画の背景として使えるように加工してくれるというような面白いものもあるので探して使ってみてください。

画像を反転させる方法

皆さんはレイヤーを反転させる時、どういう手順を踏みますか?多くの方が「編集」→「変形」→「水平方向に反転」という手順で反転させているのではないかなと思います。私もついこの間までは、この手順でやっていたのですが、職場の先輩からもっと簡単に反転させる方法を教わってからは、以下の方法で反転させています。

Ctrl+T→左右反転の場合はオプションバーのWの値を-100%、上下反転の場合はHの値を-100%

垂直と水平、どっちがどっちかよくこんがらがってしまう人にはおすすめです。

ワンクリックで作業したい部分に一瞬でとぶ

photoshopには、30近くものツールパネルがありますが、まだ使ったことのないものも結構あるという人が大半なのではないでしょうか。私も、どのように使うのか知らないパネルがまだたくさんあります。ですが、最近ふとしたきっかけで毎日使うようになったパネルがあります。それはナビゲーターパネルです。

ナビゲータパネルには画像全体が表示されいて、現在のウィンドウに表示されている部分が赤枠で囲まれています。この赤枠を移動させる事で、表示されている部分も瞬時に移動させることができます。このパネルのおかげで、WEB製作時(特にLP等、縦に長いサイト)の移動がかなり楽になりました。

以上、7つの小技を紹介しました。ひとつでも、あなたの日々のお仕事に活せるものがあれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

S.Yamaguchi

Bigmac制作部で、主にWebデザイン兼コーディングを担当しています。 シンプルでフラットなデザインが得意です。 好きな飲み物はカフェオレで、夢はクラゲを飼うことです。
 座右の銘は、「ケセラセラ(なるようになるから流れるままにいこう)」 休日は、海外ドラマかアニメを見ています。 最近、髪をばっさり切って小さいきのこになりました。 どうぞ宜しくお願いします。

筆者が最近執筆した記事