UIとUXの違いとは?ユーザーの満足度を高めよう!

UI/UXと表記されることも多い「UIデザイン」と「UXデザイン」の違いについて、よく分からない方もいるのではないでしょうか。一緒に語られることの多いUIデザインとUXデザインですが、今回はそれぞれの単語の意味の違いについて、解説していこうと思います。

UIとは

UIはUser Interface(ユーザインターフェイス)の略です。Interfaceとは「接点、接触面」という意味です。ユーザーがコンピューターシステムを操作する際ユーザーとシステムのインターフェースとなる画面の操作性、表示形式のことを指します。

ホームページの場合、パソコンやスマートフォンに表示されるデザイン、フォントなど目に見える製品であれば製品そのものや外観など、ユーザーの視覚に触れる全ての情報が「UI」と呼ばれます。UIはここからさらにGUI(Graphical User Interface)とCUI(Character User Interface)の二種類に分けることができます。

GUIとはCUIと違ってグラフィカルな画面で分かりやすく情報のやり取りができます。キーボードの他 マウスやタッチパネルも使われます。デスクトップ画面を見るとわかりますが、グラフィカルでアイコンやメニューボタンなどが用意されていて、どのように操作すればよいのか分かりやすくなっています。パソコンだけではなく、視覚的に分かりやすいようボタンを適当な間隔で配置することなども挙げられます。

CUIとは文字やコマンドを入力して行うやり取りのことで代表的なものは、Windowsに搭載されているコマンドプロンプトです。

例えば、ipconfigという文字でコマンド・命令を出すと、それに対して パソコンが答えを出してきます。

UXとは

UXはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略です。Experienceとは「体験、経験」を意味です。ユーザが特定のサービスを使ったときに得られる経験や満足など全体を指す語句です。システムの機能や操作性、分かりやすさだけでなく、ユーザーが自分の望むことをストレスなく、楽しく実現できるなどの感覚的な「体験」に働きかけるところがポイントです。

例えばwebサイトの場合、

  • デザインがキレイ
  • フォントが読みやすい
  • お問い合せフォームや購入ページまでの導線がわかりやすい

といった表面的な部分から、

  • 商品を注文したらすぐに届いた
  • 対応が丁寧だった
  • 商品のクオリティが高い

など質に関することもUXということになります。

UXデザインはユーザがサービスの目的に共感して、ポジティブな体験・満足を得られるようにユーザの感情・行動・態度をデザインすることです。要するにシステムの機能がUIデザインだとすれば、その機能を通じて「使いやすい」「楽しい」「うれしい」「満足」などの感覚がUXデザインということです。

UIとUXの関係

UIとUXは単純にセットで語れるようなものではありません。ユーザーに対して最良の「経験、体験」をしてもらうには、それにともなった優れたUIというのは欠かせない要素です。ユーザーとの接触面であるUIをおろそかしにてしまうとユーザーにとって分かりにくい構成になってしまうため、ユーザーが離れて行ってしまいます。しかしUIだけではなくUXも考えてデザインしなくてはいけません。

ECサイトを思い浮かべてみましょう。どれほど操作性の高い分かりやすい画面構成にしても、欲しい商品がなければ、ユーザーは決して満足感を得られません。またスタッフの対応のよさや商品・サービスの質・クオリティも重要です。UXを高めたいのであれば、UIだけに執着せず、ユーザーにコンバージョンしてもらうためにはどのような感情・経験をしてもらえばいいかを考えることです。

UIとUXは、ターゲットを明確にすることが重要です。ターゲットに受け入れられるUIでなければすぐに離脱してしまいます。同じ商品やサービスでも、得られるユーザー体験は人によって違うのでUXは特にターゲットの設定が重要になってきます。

ちなみにコンバージョンとは簡単に言うとサイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりして企業の望む行動を起こすことです。

まとめ

かっこいいからという理由で見た目にこだわるあまり、ユーザーにとって分かりにくいデザインにしてしまったりエンジニア目線でデザインを見てしまい、ユーザーの立場からデザインを客観的に見られなかったりする場合もありますが、利用されるシーンを考慮しなければいけません。若者が見たらダサいと思うほど文字が大きいサイトも、お年寄りにとっては最適な大きさになります。

ユーザーの使い心地を一番に考え、その上で「どのようにきれいに見せるか」「如何にかわいらしい印象を与えるか」などを表現していくことが重要です。良いUI=良いUXではなくても、良いUIには良いUXが必要不可欠です。

みなさんもUIとUXを考えデザインしていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Morishita

Bigmac inc. 制作部所属 所属。2017年4月にBigmac inc.に入社。 主にコーディングを担当しています。 一人前にはまだまだ程遠いひよっこですが、早く一人前になるために勉強の日々です。 これからもっともっと知識を増やし、周りに頼られるような存在になりたいです。 趣味は、音楽鑑賞でライブやフェスが生きがいです。 この前行ったフェスでは、左足を負傷したけどとても充実した二日間でした。漫画も大好きです。

筆者が最近執筆した記事