習慣化すると劇的に変わる?!続けるためのコツを伝授!

記事公開日:2017.12.05

493 PV

「良い習慣は才能を超える」という言葉に出会い、もっと知りたい!と思い習慣化について調べました。習慣化するには、継続する力が必要なのでコツがいります。習慣化したいことを継続するは、どのようなコツが必要なのでしょうか?

習慣化するには一定期間が必要

まず、習慣化に取り組む前に知っておいていただきたいことがあります。それは、習慣化にはある一定期間が必要ということです。

習慣パターンを3つに分類できます。それぞれ習慣化するのにかかる時間が異なるのです。
①行動習慣…1ヶ月(ブログ、試験勉強、読書など)
②身体習慣…3ヶ月(早起き、ダイエット、ジョギング、筋トレ、禁煙など)
③思考習慣…6ヶ月(プラス思考、論理的思考など)

すでに習慣化されていること

日常生活の行動の4割は習慣なのです。日々の生活行動は、小さい頃から当たり前のように行動しているので無意識に行動できてしまうのです。日々学習して大人になった今では当たり前の行動になっていますよね?

例えば、「歯磨き」、「お風呂に入る」、「会社に○時に出勤する」などと習慣化できているからこそ当たり前のように行動しているのです。

わたしの悪癖でもありますが、今まで何度も色んなことに挑戦してきましたがことごとく3日坊主で終わってしまいます。例えば朝活したいから、早起き。運動したいからジョギング。日記代わりにブログ更新。全て習慣化できておりません。

人と比べては「あの人はあんなにがんばっているのに、なんで自分はいつも意思が弱いのだろう…」と落ち込むこともあります。ではなぜ習慣化できないのでしょうか?やる気がないから?本気度が足りないから?そこには、やりたくても継続できない原因があったのです。

習慣化できない原因

いつも 3日坊主になってしまう方、「意思が弱いからダメなんだ…」と落ち込まないでくださいね。実は、習慣化できない原因は脳の仕組みが原因だからです。

脳は、新しいことを嫌い、現状を維持しようとします。すなわち変化を嫌います。だからいつもと違った行動をしようとすると自動的にブレーキをかけてしまうのです。そのため、新しくこれをやろう!と決めて行動にうつしても継続して習慣化するのが難しいのです。

では、習慣化するのは無理なのでしょうか?習慣化は、必ずできます!ただ、新しい習慣を継続するにはコツが必要なのです。習慣を継続するためのコツをお伝えしていきます。

習慣化するためのコツ

習慣化について代表的な例をご紹介したいと思います。スポーツ界では有名はメジャーリーガーのイチロー選手。イチロー選手の習慣(ルーティーン)に関してはとても有名なお話があります。

・毎日同じものを食べる
・バッターボックスで同じ動作をする(袖を引っ張り、バットをまわす)

※イチロー選手

これらの習慣を毎回欠かさず行うことで、どんな場面でも結果を残すことができるのだと思います。それでは、習慣化するためのコツについてご紹介します。

小さいことからはじめる

例えば、読書を毎日したい方の場合、「1日30分読書をする」という目標ではなく、もっと小さい目標に設定するのです。「1日5ページだけ読書する」などです。

最初の段階はそのくらいでいいのです。まずはやってみて「楽しい!」「もっと読みたい!」と思うようにしていくことが続けられることがポイントになります。

1つずつ習慣を増やしていく

色んなことを習慣化したいかもしれませんが、まずは自分が今一番取り組みたい習慣から1つだけやってみましょう。あれもこれもと同時に始めては結局何もできなかった…ということになりがちです。大事なコツは1つ1つ増やしていくことにより、たくさんのことが習慣化できるようになり目標達成に繋がります。

行動する時間を決める

習慣化したいことをいつするのか、具体的に決めて毎日スケジューリングすると取り組みやすいです。「1日のうち、どこかのタイミングでやろう!」では、「あとでいっか…」になってしまい、そのうちやらなくなることが多いためです。しっかり時間を決めて実行することがコツです。

モチベーションに左右されない

習慣化しよう!と決めたときは、モチベーションがとても高い状態にあります。
しかし、時間と共にモチベーションは必ず下がってしまいます。

これはあなただけでなく、誰でも下がってしまうものなのです。モチベーションは常に変化するという認識をまずもってください。

そして、モチベーションが下がったときでも習慣化できる仕組みを作ることがコツです。
例えば、行動する時間になったらアラームでお知らせする!などであれば自分で簡単にできる方法ですので非常に効果的です。

目的を明確にする

なぜ、あなたは○○を習慣化したいのですか?の質問にすぐ答えられますか?この答え=目的がはっきりしていないと継続することは難しいです。

目的がはっきりしていないと、継続していくうちに行動することが目的になってしまい、
本来の目的を見失っている状態だからです。まず行動する前に、何で○○をしたいのかを考えてから取り組むことがコツになります。

周りの人に宣言する

心理学の一種で一貫性の原理というものがあります。宣言したことを現実化するために、貫き通そうとする人間の心理を利用することがコツになります。

親しい人や職場の人に、習慣化したいことを宣言することによって簡単にはやめれなくなります。そういう状況を自分で作っていき、継続できる環境を作っていきましょう。

おすすめアプリ

習慣化するためにおすすめなアプリをご紹介いたします。
・早起きが苦手な方へ

引用元:Sleep Meisterコチラ

 

・色んなことを習慣化させたい方へ

引用元:自分ルール

まとめ

今の自分は、産まれてから現在までの習慣によって形成されています。今からでも習慣化することによって変化することは可能なので、理想の自分を見つめ直してみましょう。どんな習慣を取り入れると理想の自分に近づけますか?

習慣化して継続することにより、自信にも繋がります。
良い事しかない習慣化。取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Makita

早起きが本当に苦手な1児の母でもあり、自称総務のおあしすです。 休みの日は子供と戯れているかゴロゴロしています。 寝る前の子供とのおしゃべりタイムが至福のときです♡ とっても幸せな気持ちで眠りにつけます! いつか直島に行きたいと夢を抱いていますが、まだ行けていないので実現するために計画中です。 尊敬する人はマザーテレサ。あの寛大な愛に溢れる人になりたいです。 Bigmacのマザーテレサと称されるように日々精進していきます!!!

筆者が最近執筆した記事