現状維持はゼロではなくマイナス

「ディズニーランドは、いつまでも未完成である現状維持では、後退するばかりである。」という言葉を知っていますか?そうです。ウォルト・ディズニー氏が残した名言です。
引用:http://www.meigenshu.net/2011/03/post_1417.html

みなさん、何もしないということはそのままの状態を維持してる。つまり現状維持=ゼロだと思ってますか?

違うんです。タイトルでも言った通り、何もしないはゼロじゃなくてマイナスなんです。ではなぜ現状維持はマイナスなのでしょうか。

現状維持は後退の理由

現状維持という単語の意味だけをみるなら、プラスでもマイナスでもない状態です。しかし、実際はずっと維持しようとしていると後退していってしまいます。マイナスです。

その理由は、時間は常に流れているからです。例えばお花やお風呂を想像してみてください。
お風呂は最初、お湯を入れてすぐは温かいですがお湯を沸かしたりしないなどなにもしなければ、時間が経つにつれぬるくなっていきます。では花はどうでしょう。花も一日一定量水を与えなければ、どんどん衰退していき最終的には枯れるでしょう。このように周りの人や状況はどんどんと変化していっています。なので現状維持は衰退なのです。

今はいろんな情報がとびかっていて、どんなことでも変化が非常に早いです。今は常に変化にあわせて対応していかないと衰退していくわけです。これに追いつこうとしたら現状維持なんて言わないで、常に進化していこうぐらいの気持ちを持っていかねばなりません。

物事が上手く運んでいるときや成功しているときは、浮かれず上を目指す気持ちで進化し続けることが大事です。

仕事に対する取り組み、態度を現状維持

この世の中、今の会社でのポジション、今の給料で満足してる人もいると思います。そういう人は、わざわざ自分のお金や自分の時間を投資して出世しなくてもいいのではないのでしょうか?今、しっかりと働いていれば給料が下がることはない。と、思いがちですが実は、今のまま同じ働き方をしていると給料が下がってしまいます。

なぜかというとそれは、自分の市場価値が下がるからです。給料は基本的に、自分の市場価値によって支払われています。たくさんの利益を生む人は、多くの給料が支払われるし、逆に少ない時間しか働かない人は安くなります。それは当然のことです。

ここでもし、自分のお金や自分の時間を投資せず、ずっと現状維持といった選択をとったとしましょう。年齢とともにあなたの体力は落ち、疲れや病気、けがなどで長時間働くことは難しくなっていきます。結果、働く時間はどんどん少なくなり、会社から見たあなたの市場価値は下がっていきます。

つまりどういうことかというと、体力や気力の衰退を補うだけのスキルや経験を自己投資などして積まないかぎり、収入がどんどんと下がってしまうということです。これは大変由々しき問題です。

今の収入で満足、現状維持するリスク

「現在の収入に満足している」という方もいるのではないのでしょうか。

そういう方は、そんなわざわざ努力をして収入を上げず今の収入を保っていれば今までと同じ生活水準で暮らしていけると考えるはずです。しかし、今の収入をキープしていれば今までと変わらず同じ生活水準で暮らしていけるわけではありません。それはなぜかというと約30年後の2050年の日本の未来を想像してみましょう。

  • 高齢化社会
  • 消費税10%でも大赤字
  • 人口が25%減少
  • 年金の減少または消失
  • GDP(国内総生産)4分の1減少

どれも現実的です。もっとあるかもしれません。上記のことが現実化したとして、収入が今のままで保っていたとしたらどうなるでしょう。あなたの生活水準はどんどんどんどん下がっていってしまいます。つまり収入の現状維持は、生活水準の衰退に繋がるということです。

現状維持バイアス

現状維持バイアスとは、未知のものや大きな変化、未体験のことを避け、現状を維持したくなるという心理的な作用です。バイアスとは「偏り」、「偏見」という意味です。人は変化を恐れる生き物で、なぜかというと原始時代からの遺伝子レベルでの本能が残っているからです。現状を変えることにより「何か失うかもしんない」って不安が「何か手に入れられるかも」っていう期待をこえるのが、現状維持バイアスになる理由です。

しかし、変化を恐れていたら時代に追いつかれて何もかもうまくいきません。なので現状を打破してその状況から抜け出しましょう。その状況から抜け出す方法がいくつかあります。紹介するので参考なまでにどうぞ。

1.現状把握をする

現状維持から脱出するには自分がいまどのような環境にいるか把握することが大切です。そのためにはいつも意識しないことをちゃんと把握することが大事です。

例えば仕事は順調か、人間関係は良好か、恋愛はいい感じかお金はどれくらいあるのかですね。このようなことを把握しておきましょう。曖昧にせずに意識することにより、現状維持から抜け出せることができるでしょう。

2.紙に書く

どのように変化したいのか想像できたらそれを具体的に紙に書いてみましょう。今の自分の状況も一緒に書きます。その紙はいつでも簡単に見えるように目のつく場所に貼りましょう。いつでも簡単にというのが重要です。具体的にというのは、変化するためには何が必要で足りてないのか。それはお金なのか資格なのか経験なのかなどを書き込み、具体性のあるものにします。

さらに必要なものによりますが、それを得るためには何をするのか、どうすればいいのかも書くことが大事です。お金なら貯金しないといけないし、経験ならなんでも挑戦する必要があります。このようなことを細かく具体的に書くことが抜け出す第一歩です。

3.発言する

これはモチベーションを維持する方法です。2のように紙に書いただけで行動しなければ意味がないです。最初のうちはやる気でもモチベーションというには不思議なことに下がるものです。この際に、諦めないためにも決めたことを言葉にすることが大事です。言葉にすることにより、自然にモチベーションが上がり習慣となりやることが当たり前になるはずです。

また、周囲の人に言って自分が逃げずらくするという状況をとるのもありです。さらに周りが協力してくれるかもしれません。言葉は自分や周りが思っているより強力で影響を与えます。実際、言霊という言葉もあるほどです。言霊とは言葉に宿ると信じられている霊的な力のことです。

例えば生卵を二つ用意し、右の生卵にはプラスの言葉(ありがとう、うれしいなど)左の生卵にはマイナスの言葉(うざい、めんどいなど)を一か月投げかけたら、どちらもカビが生えたけど右は食欲をそそる香りがし、左は分厚い黒カビに覆われ悪臭が漂う結果がでました。これが言霊の力です。

話が逸れてしまいましたが、言葉というのはこれほど強力ということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現状維持は衰退という理由がわかったでしょうか。

「仕事に対する取り組み、態度を現状維持」は「自分の市場価値が下がる」ということは「収入が減る」ということになります。「今の収入を現状維持」していても「生活水準の衰退」ということになります。結果、何もしない・今のままをキープというのは大きなリスクになります。なので皆さんも現状に満足せずに、どんどん変化して成長していきしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

Y.Morishita

Bigmac inc. 制作部所属 所属。2017年4月にBigmac inc.に入社。 主にコーディングを担当しています。 一人前にはまだまだ程遠いひよっこですが、早く一人前になるために勉強の日々です。 これからもっともっと知識を増やし、周りに頼られるような存在になりたいです。 趣味は、音楽鑑賞でライブやフェスが生きがいです。 この前行ったフェスでは、左足を負傷したけどとても充実した二日間でした。漫画も大好きです。

筆者が最近執筆した記事